海外生活と髪

海外生活で困ることの一つと言えば髪の毛!

海外にいるアジア人女性のイメージは黒髪ストレートロング、ワンレンという感じで海外ドラマでもそういったアジア人女性が出てくることが少なくありません。

もちろんその髪が好きな方もいらっしゃるかと思いますが、私が思うにこの髪型は一番手入れが楽な髪型なのです。

なので、海外に住んでいると必然とこの髪型になってしまうのかなと。。。

今日は、ロンドン前最後の美容院に行ってきました。

とは言っても大きく何かをチェンジするわけではなく、髪のトーンを地毛と同じレベルにまで落として、前髪は伸ばしているので切れずにあとは少し軽くしてもらう程度。

実はロンドンで髪を黒くして生きていくことを想定して、半年前ぐらいから下準備で毎回カラーの時に黒を入れていたのです。(前が明るすぎて、何回も黒を入れておかないとすぐ茶色くなってしまうんです。涙。)

最近、本気でうっとおしいのが前髪なので、美容師さんに何か良いスタイリング方法ないですかね?と聞いたところ、前髪が耳にかかる長さに伸びるまで我慢するしかないねーとのこと。

みんな頑張ってアレンジしたり、ヘアバンドしたりしてるんだよーとのこと。

私も何だかんだ頑張って編み込んでみたり、ピンで留めたりしています。

こうなってくるとパリに行く前に前髪切ったことを激しく後悔しています。

まぁ何はともあれ私も黒髪ストレートロング、ワンレンを目指して頑張ろうと思います。

基本的に私は前髪あり茶髪、アイロンで巻く髪が好きなんですがね。。。

長さは肩につかないぐらいのボブぐらいが好みなのですが、これまた管理が難しい長さなのでこれも海外では無理ですね。

アメリカ時代は何だかんだで日本に予想以上に帰るタイミングがあったので、ものすっごい明るい髪に巻髪風デジタルパーマで何か一昔前の神戸とか名古屋な感じの髪でした。。。


ちなみにロンドンにも日系の美容室や日本人の美容師さんはたくさんいらっしゃいます。

私なりに色々と口コミ等くまなく調べたりもしました。

でもよくよく考えたところ、私は日本でも結構髪を切る場所にこだわっていると言いますか、私の髪はちょっと扱いが難しいのでやっぱりよく知らない所で髪を切るのは心配なのです。(今の美容室と美容師さんにはかれこれ6年以上お世話になっているのです。)

今の担当の美容師さんにも切っちゃダメだよって言われてるから、限界が来るまで切らないと思いますし年末までは切らないかと思います。


黒髪と言ったらやっぱり赤リップでしょ!と思うので、無駄に赤リップを買って帰ってきました。笑。

夏らしくくすみのない、鮮やかな赤を購入。

私の中で黒髪×赤リップ×デニム×白シャツ×ヒールは鉄板コーデです。笑。

黒髪×赤リップが似合う大人女子になりたいです!笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR