大学院で勉強したいこと。

イギリスで勉強したいこと、それはこれまでのブログにも書いてあるとおり「開発学」です。

イギリスは3C政策でも知られるように世界のありとあらゆる所に植民地を持っていた国かと思うので、歴史的に「開発学」が発達しているようです。

ただ、植民地をどう発展させようかという視点で列強諸国だけの判断で発達した学問かと思うと、ちょっと帝国主義に対する嫌悪感を抱いてしまう自分がいるのも事実ですが。。。

話は戻りまして「開発学」というのは非常に幅広い学問かと思うので、大体の人はその中でも何を専攻したいという目標があるのではないでしょうか。

私は元々「国際平和を実現したい!」という所からスタートしているので、平和構築寄りの開発学を学びたいと思っています。

好きなアーティストのライブに行って、イラク戦争の映像を見て、それに関する歌を聞いて、今私がいる空間はこんなにも温かいのに世界にはそうでない空間があるんだ、どうにかしなきゃと思ったことが全ての始まりでした。

15歳でした。

その後、高校の修学旅行で長崎に行き、被爆者の方のお話を聞いたことも自分の中では大きなきっかけでした。

被爆者の方もご高齢の方が多いことから、私達が直接お話を伺える最後の世代になるかもしれないとのことで、唯一の被爆国である日本人として世界に「戦争、そして核兵器使用はダメなんだ」ということを伝えなきゃいけないと思ったんです。

ただ「世界を平和にしたい!」というのは、とても漠然とした願いでそれをどういった形で実現できるかが18歳の私には全く見当がつきませんでした。

とりあえず当時出した結論としては、貧困の差が戦争や紛争を生んでいると思うから、戦争をなくすためにはインフラ整備のようなハード分野での開発、教育のようなソフト分野の開発のどちらも必要なんだということでした。

それから「開発」というものに興味を持ち始め、今に至っています。

ただ、今思うと貧困の差だけではこえられない歴史問題だったり宗教問題だったりもあるのかなと思うので、一概に「開発」だけで解決する問題ではないと思っています。

こういう視点で見ると「国際関係」という学問に分類されると思うのですが、「国際関係」こそ「開発学」よりもっともっと幅広い学問だと思っています。

そもそも「開発学」は「国際関係」の派生学問ですよね。

私は「国際関係」はいわゆる理論ベースな学問だと思っていて、「開発学」はより実践にフォーカスした学問だと思っているのです。

私は「世界平和を実現したい!」という目標があるので、その為には何かの手段が必要でそう思うと「開発学」の方が現実的なのかなと思います。

本当はどちらもバランス良く学べるのが一番理想なんですけどね。

もっと欲を言えば、「公共政策」も一緒に学べたら最高かなと思います。

とは言っても、私は国際協力というスキームの中では上流で働きたい人間です。

ただ、上流で働くうえでも絶対に現場の知識と経験は必要だと思うんです。

だから「開発学」という学問を私は選びました。


ただ、実際に開発業界で働いてみて思うのは、この業界は文系の方ももちろん経済分析等で活躍できますが、どちらかというと技術者といいますかエンジニアが活躍できる業界かと思います。

文系よりは理系向きというか。

こういった現状を目にしているので、文系の私は現地でどうこうというよりは、もっと政策分野に関われる場所を探せたらなと思っているのです。

ちなみに平和構築分野で活躍できるのは、開発コンサルではないなというのは感じています。

どちらかというとNGOだったり非営利団体のような所の方がそういった活動に積極的なイメージがあります。

なんだかんだ開発コンサルは民間の会社なので、利益が必要です。

なので、平和構築という漠然とした分野というよりは橋梁や港湾という実用的な分野でのニーズが高くなるのでしょう。


ちなみに余談ですが、私は「国際法」という学問にとってもとっても興味があります。(私法ではなく、公法の方です。)

学生の頃は「国際法」とは無縁だったのですが、とある試験のための勉強で「国際法」と出会い、私がやりたいことはすべて「国際法」を学ぶことで解決できるんではないかと思ったほどです。

ただ、私は法学部出身でもなんでもないのでLLMには行けないし、「国際法」だけを専攻するというのはなかなかないようなので残念です。

大学院のどこかで「国際法」とも関われたら良いなと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR