パリカト授業開始

今日から正式に授業が始まりました!

クラス分けが朝あり、私はE3というDELFレベルで言うとA2+という感じの所に入っていました。

全部で10段階ぐらいの中の下から4番目という所ですかね。

やはりちょっと高めのクラスに入っていました。。。


私のクラスは日本人は私1人!

でも1人の方が気楽で良いかもーーーー。

ヨーロッパ勢が大多数を占めていた前の学校と比べて今回はアメリカ勢が大多数!!!

おそらくグループで来ている模様。

私のクラスは1/3はアメリカ人なのではないかという感じ。

他のクラスを見てもアメリカ人多っ!って感じですね。

でもそれと同時に日本人も多っ!って感じです。

E2ぐらいまでだと日本人が同じクラスに3名いたりとかそんな所もあったり。。。

E3ぐらいから段々減ってきて各クラス1名ずつになっている模様です。


新しい学校になって午後の授業がある日は週2回になりました。

今日は午後の授業がある日。

午前の授業は学校案内だったり、自己紹介したりまぁオリエンのような感じで平和に過ぎました。

午後の授業は大変でした。。。

何かひたすら文を読んで問題を解いたり書いたりしたのですが、独学でしか習っていない関係代名詞はみんな当たり前のように使っているし、それ以上の文法もちらほら。

私、複合過去ぐらいまでしかきちんとは習っていないので、半過去とか単純未来とかその辺りは完全に独学で頑張るしかないエリアなのですが、みんな結構使いこなしている!!!

私、未だに基本動詞の活用スペリングも怪しいレベルの人間なので、ヤバい!

先生は優しい顔をしてどんどん進んでいく。。。

でも先生も私がぴんと来ていないことは察しているでしょう。

でも、裏を返せば文法や動詞活用は自分でひたすら家で覚えるしかないので、努力次第ですかね。

いやー大変だー。

基本単語1400なんてやっている場合じゃない。笑。

基本単語1400は知ってて当たり前の段階に来ています。

でもパリに来て違う学校に最初に通っていたのは良かったかも。

何かわからないことに慣れてきていると言うか、先生がフランス語でばーって喋っても抵抗がなくなってきました。笑。


いわゆるアトリエと呼ばれる選択式授業もあると思ったけど、夏だけの人の場合はアトリエではなく固定クラスで午前も午後も特にテーマは決めず総合フランス語的な感覚で進んでいくようです。

先生も生徒もずっと同じです。

クラスを変えることについては特に言及していなかったですが、変えたいと言えば変えることもできるかと思います。

でも下げてしまうとやはり新しいことは何も学べないので、ちょっと一週間様子見て、最劣等生として頑張ってみようと思います。

自分以外がみんな自分よりレベル高いなんて最高の環境だとポジティブに考えなければですね。

当初、フランスに行く前の目標がフランスでA2を終わらせるだったので、この1ヵ月乗り切れば当初目標は達成ということです。

とりあえずDELF B1をしばらくは目指します!!


そして今回は誰も英語を喋らないですね。

アメリカ人同士でも昼休みはどうか知りませんが、休み時間中はみんなフランス語で頑張っています。

そこが前の学校と違う所ですかね。


あとこれは余談ですが、私がパリに着いた時空港送迎をとある旅行会社さんにお願いしました。

そこで付き添ってくれた日本人の方がパリカトに語学学校行っているとおっしゃっていたのですが、本日その方をお見かけしました!

誰かと話されているようだったので、話しかけられなかったですが、ものすごくフランス語が喋れていたので遠いクラスの方なのでしょう。。。


明日はフランスでPhDをやっている日本人の方とのランチです!

こちらに来て友達を介して知り合った方です!

ちょっとまだまだ色々わからないことが多いので、その方に色々聞いてみます!

その方とのランチを楽しみに明日の午前中は乗り切ろう!!!

ちなみに前の学校は午前中4時間授業(休憩20分)だったのですが、今の学校は午前中3時間(休憩15分)なのでだいぶ短く感じるかも!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR