beoカレッジ

今日でbeoでのアカデミック英語の授業が終了しました!

実は2月から週に1回、アカデミック英語上級というbeoのクラスに通っていたのです。

3月までは日曜の午後4時間(!)、4月からは土曜の午前3時間通っていました。

毎週エッセイが出るので、仕事をしながら通うのは結構大変でした。。。(と言っても宿題は涼しい顔でサボっていましたが。。。)

このクラス通って本当に良かったです!

お勧めです!


値段的には高い気がします。。。

1回あたりの授業料は1万円をこえていたような気がします。。。

ただ、3月までのクラスは4時間でしかも人数がたまたま少なくて3~4人のクラスだったので、費用対効果は十分だった気がします。


大体英語のクラスというとTOEFLをあげるためのクラス、それよりもっと上のレベルだったとしてもGMATやGREの点数を伸ばすというクラスが多いかと思います。

でも私はテスト対策ではなくて、大学院の勉強にスムーズに移行できるようなPre-sessionalに近い感じのクラスを探していたところ、beoのクラスに辿り着きました。


扱う内容は週によって様々で環境問題だったり、科学の話だったりまちまちです。

プレゼンテーションもするし、ディスカッションやreferenceの付け方の練習もするので、留学する人に適しています。


こういうクラスで大事だと思うのはクラスメートなのですが、クラスメートの方々もとてもレベルが高く、刺激になりました。

プレゼンテーションで質問を受ける内容もとても的確というか痛い所をついてきてくれる質問で、自分もそれに答えようと頑張る姿勢はとても勉強になりました。

質問を色々なことに持つのって実はすごく難しいことだと思います。

先生のレベルもとても高く、どんな話題にも精通していて、鋭い見解を述べてくれて勉強になりました。


そもそも何で英語のクラスに通っているのかというと、以前アメリカに留学した時は英語でだいぶ失敗したと思ったので今回は準備を万全にしておきたかったから。

あの時と比べて授業中もだいぶ発言するようになったし、ディスカッションにもちゃんと参加しているし、成長を感じましたね!


これからはもう通えないので、beoの通信でwtiting講座を受けることにしました。

writingはオーダーメイドなようで、私の要望にあわせてくれるようで私の場合開発に関するトピックがたくさんでした。


もし日本にいる間に、少しで準備をしたいという方がいればbeoお勧めします!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR