スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学歴と仕事

最近こんな言葉を聞きました。

「〇〇卒(某有名海外大学)だから、この仕事はしない」

とーっても年がいった人がいうならまだしも、20代前半の人が発したこの発言に私なんだかとーーーーってもイラって来てしまいました。

誰も「〇〇卒だから」お願いしているわけじゃないので、そこで「〇〇卒だから」という理由を使うのもおかしいし、本当に仕事ができる人というのは些細な仕事から大きな仕事までそつなく効率的にこなせる人だと思うので

「〇〇卒だから、この仕事もやるべき」

だと思うんです。

仕事を選り好みする理由を、〇〇にするのはとっても残念だなと思う。

私は組織にいる以上はギブアンドテイクの関係であるべきだと思うし、給料もらっている以上は組織の中で求められていることは「自分の役割・仕事」だと思ってやるべきだと思う。

コピーでもなんでも自分に求められている仕事、そしてそれに+αの仕事をして周りから必要とされた時に自然と結果がついてくるものだと思う。

できる人っていうのはコピーも完璧に早くとれると思うし、むしろできると思われていれば少しずつコピーの依頼も減ってくると思う。

コピーだって大切な仕事です。

〇〇に出願をして、しかもそれを盾に仕事を選り好みしているということは、自分にとっても自信がある証拠だと思う。

自分に自信があるのはすごく良いことだと思うし、むしろ〇〇に行ったならそれをプライドに思っても良いと思うし思ってほしい。

ただ、学歴を先行させてしまうのはすごく残念。

学歴は自分が頑張ってきた証のようなものだと思う。

Aさんは仕事が本当にできるよね、大学は〇〇なんだ。やっぱりすごいよねって言うのが一番しっくりくる流れな気がする。

〇〇を出て〇〇で自分を売っているなら、〇〇という名前に置いていかれないような中身の人間になってほしいと思いました。


まぁよく言われることですが、学歴と仕事ができるかどうかは必ずしも比例しないのは事実だと思う。

私は逆に自分の頭や知識的なところに自信は全くないですが、1つだけ絶対に自信があることがあるんです!

それは「時間の使い方」です!

就活の時におそらく大人から大非難を浴びたであろう、「時間をうまく使えるようになったきっかけ」をちょっと書いてみたいと思います。

1.ライブ

 これが一番です。

 ライブが大好きで日本全国を縦断している私ですが、学生の頃はツアーをまわりきるだけのお金もなかったので、バイトもしなければいけなかったんです。(全国ツアーをまわるととんでもないお金がかかるんです!)
 
 しかも1つのバイトだとお金がなかなか貯まらないので、なんと3つ掛け持ち。笑。

 大学の授業も行って、宿題もやって、バイトもして、チケット取りも頑張って、ツアーの行程を決めて…とかやっているといつの間にか同時進行で多数のことをこなせるようになっていて、頭の中でも同時に色々な物事やケースを考えられるようになっていました。笑。

 一番のきっかけは中学受験をする時に、親からライブに行ったせいで失敗をしたとか成績が下がったと言われるのが嫌だったので、全部結果を残さなきゃ私の大好きな人達の悪口を言われちゃうという気持ちからでした。

 この頃のトラウマ?が利いているのか、大学受験の時もライブに行って家に帰ってきたらそこから必ず深夜まで勉強を してライブのせいだと言われないようにしていました。

 だから実際ライブに行ったから、成績に影響が出るということは一切なかったし、むしろ行かない方が反抗心で勉強し なくなったと思います。笑。

2. マックでのバイト

 この経験は自分の中でも本当に大きいです。

 お店にもよると思うのですが、私が働いていた店舗はだいぶ体育会的で失敗をすると店長がものすごーーーーくキレるタイプの人でした。

 店長が恐くて辞めてく人も大多数でした。

 私は自分ができなくて怒られることには全く抵抗ないし、至極まっとうなことだと思うので、そこには何の違和感も感じなかったのが続けられた理由だと思います。

 マックはとにかくスピード命!

 砂時計を置いてオーダーを受けてから1分以内にすべて用意できなかったら、お客さんにハンバーガー無料券をプレゼントするなんて酷なイベントも。笑。

 そして砂時計とは別に、毎週土日のお昼、いわゆる昼ピーは本当に忙しくてオーダーを聞いても聞いても終わらない。

 オーダーを聞いてもバーガーはまだ出てこないので、用意ができない→お客さんに待っていただいて、次のお客さんのオーダーを聞く→次のお客さんの分のオーダーも貯まる

 が負のスパイラルにハマると商品の提供ができなくなり、クレームに繋がるのです。

 だから常に頭の中で自分のやるべきことを考えて、効率性を考えて動くことが求められているんです。

 私は割とほんわかしているタイプだったのですが、マックに入ってから「遅い」、「止まっている時間は作るな」、「暇な時は自分から内職でも何でも仕事を探せ」と色々怒られ、だいぶ鍛えられた気がします。

 そして私がマックでバイトをしていたのは、高校生の頃でした。

 私の働いていた店舗は、接客の言葉遣いや敬語にとても厳しかったです。

 どちらかというと内向的だった私はここでも「声が小さい」、「何言ってるか聞こえない」等散々しぼられ、そのお蔭でその後の接客のバイトではどこに出ても恥ずかしくないように育ててもらいました。

 仕事自体は今までしたどのバイトよりもハードで忙しかったのがマックだったのですが、本当にたくさんのことを学べた場所でした。

3. タリーズでのバイト

 大学生になってからはタリーズでバイトをしていました。

 マックでだいぶしごかれていたお蔭で、接客では褒められていました。笑。

 ただ、マックと違うのは作るという作業が加わったこと!

 マックではハンバーガーを作る人と注文を聞く人は基本的には別(マネージャーはどちらもやりますが)なのですが、タリーズやスタバ等のカフェはレジもバリスタもどちらもやるのです。

 この作るという作業がまた難しい。

 色々とレシピが決まっているのですが、このメニューにはショット何杯入れなきゃだから今エスプレッソこれだけ抽出して、オーダーはどれだけ貯まっていて、ミルクはどれぐらいの量炊くべきか。

 これを考えるのが昼ピーの時間は本当に難しい!

 1つ判断を間違えるとあっという間に渋滞してしまって、クレームの原因になってしまうんです。

 これは本当に頭を使う作業で、ここでもだいぶ鍛えられた気がしました。

4. 某高級レストランでのサーバー

 卒業間際は某高級レストランでアルバイトをしていました。

 高級レストランなので、裏ではスピード感が求められていますが、表向きはあくせくしている感を出さないのが大事です。

 商品をその場で提供して終了のファストフードやカフェのバイトに対して、こういった高級レストランでは1組のお客さんにかける時間が平均2時間以上。

 基本的にテーブル担当制なので、何個かのテーブルを同時に見てコースの進み具合や飲み物の空き具合等常にチェックしなければなりませんでした。

 みんながみんな19時など同じような時間に来るので、基本的にすべて同時進行で1人でいくつものテーブルを見るのは大変でした。

 そしてサービス料もいただいているかつ親しみやすさをウリにしているレストランだったので、お客さんとの会話も楽しまなきゃいけないし、お客さんからそういった話題を引き出さなきゃいけない。

 適切なタイミングで適切なサービスをすることが求められていて、それは当然人によって違うのである程度幅を持った時間の中で「お客さんの求めていること」を見つけるというのは大変でした。

 でも、これは今の仕事にすごく活きていて、基本的にチームで仕事をするので、「このチームで私はどんな役割を求められているだろう」って常に考えていますし、うまく自分をカメレオン化できている気がします。


ということで、私が声を大にして言いたいのは飲食系のバイトは社会人になってから必ず役に立ちます!!!!

私は飲食以外にも家庭教師や塾講師、販売等、バイトマスターかというぐらいあらゆるバイトを経験しましたが、今に活きているのは飲食です。

飲食業は基本的にその場で結果が求められているので、頭の中で物事をどうやって同時にこなせば今ベストな状態に持って行けるだろうって常に考えていなければいけないんです。

これは本当に私の原点だと思います。

あと仕事の選り好みはしなくなると思います。

飲食ってお店が閉店してからは、ひたすら掃除やゴミ捨て等の肉体労働です。

ゴミも水分を吸ったものがほとんどでとっても重いし、ゴミの数も多いので何回もゴミ置き場とお店を行ったり来たりしなければいけなくて結構ダイエットにもなります。

割と縦社会な雰囲気があるので、「これはやりません」とはあまり言えない空気なのです。


何だか最後は話がだいぶ逸れてしまいましたが、学歴と仕事の出来は本当に関係ないということを言いたかったのと、仕事ができるかどうかというのはもちろん勉強も大事だけど、それ以外の活動が大きく起因をしているということを伝えたかったという今日の日記でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。