イギリス大学院出願総括

出願結果が全て出揃ったところで、総括を書いてみたいと思います!

私はLSE、UCL、KCL、SOASの開発系コースに出願しましたが、無事すべての学校からOfferをもらうことができました!(ただしKCLとSOASは英語でconditionがつきましたが。。。そもそも英語のテストの点数出してないですが。。。)

出願する前は私は本当に受かるのか不安で、とりあえずロンドン攻めにしてみましたが、ロンドンがダメだった時のための学校もうっすら考えてはいました。

でもまさかこんな受けた全ての学校からofferがもらえるなんて思ってもみませんでした。

特に社会人になると何だか自分が社会に埋もれて行ってしまって、自分の存在価値というか自分が誇れる点みたいなものを見つけにくかったりするのですが、personal statement等を通して自分がこれまでやってきたことや感じたことを評価してもらえたと思うと嬉しいですね。

まぁイギリスは留学生の授業料は高いので、受かりやすいっていうのが大きいのかもしれませんが。


やっぱり1番嬉しかったのはLSEに受かった時です!

何だかよくわからないけど、私の中にはLSE信者熱があってwikipediaや各種学校紹介を通してこの学校に行けたら良いなーでも私は大学時代もぱっとしなかったし無理かもなーチャレンジ校かなーと思っていたので、受かった時は素直にLSEに自分が認められた気がして嬉しかったです!

LSEは倍率がわかるようになっているという書き込みがあったのをよく見ていたので、コース選びの際の参考にしたくて探していたのですが、どこにあるかさっぱりで結局見つけられないまま応募してしまいました。

でも意外と絶対見ているであろうページに書いてあるのを合格後に発見しました!

2012年のデータによると私の通うDevelopment Studiesのコースは633人中68人が合格したそうです。

これって結構倍率高くない?と思いました。

10倍近くはあるってことですよね。

そう思うとまた嬉しくなってみたりしました。


以前の記事にも何回か書いていますが、私は大学院留学をしたいと思ったのが2013年8月末だったので、割と遅いスタートだったのではないかと思います。

おまけに大学時代の専攻は、教養学部なのでありませんでした。

それでもどうにかpersonal statement等で自分が重点的に学んだこと、職歴、その関連性について一貫した主張ができたことは良かったのではないかと思います。

イギリスの大学院はアメリカに比べて門戸が広いと個人的には思っているので、是非迷っている方がいたらとりあえず出願してみることをお勧めします。


とりあえずひと段落して良かったです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントありがとうございます。
メールさせていただきましたので、よろしくお願いします。
プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR