スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式

12月に卒業式で再びイギリスに行ってきました。

仕事がうまく片付かないまま、半ば投げやりにイギリスに向かったので、空港で爆睡。

空港でよく爆睡してしまうのですが、このせいで飛行機を乗り過ごさないかものすごく心配です。


久しぶりのイギリスは久しぶりな感じはあまりしなかったけど、テロの影響か入国がものすっごく混み合っていました。

1時間ぐらいは待ったんじゃないでしょうか。。。


着いて次の日にすぐ卒業式でしたが、天気は少し下り坂。

でも昼間は何とかもってくれて写真も無事に撮ることができました。

私たちの卒業式は14時からだったので、式が終わった後だと外は暗くなり始めてしまうので写真を撮るなら早めの時間じゃなきゃダメなんです。

まず学位をピックアップ。

学位を持って帰らなければ来た意味がないですからね。。。

一応身分証明書は学位の引き換えに必要なようです。


次に卒業式のチケットをピックアップ。

Peacock TheatreというLSEのシアターで卒業式を行うのですが、1人1人席が決まっているため座席指定チケットをもらわなければいけないのです。

どういう順番なのかは謎ですが、同じコースの人と隣なことは間違いないのですが、コース人数が多い場合は隣が知らない人ということもあります。

チケットピックアップの後は事前に予約していたガウンをピックアップ。

ガウンは着方がよくわからないけど、そこにいる人が着せてくれます。

外国の卒業式の象徴みたいになっている博士帽みたいなものも事前にサイズ指定をしなければならないのですが、適当に選んだため案の定ぶかぶか。

でもここは合わなくてもサイズはその場で一番合うものに変えてくれます。

着てみた感想は着せられるがままでガウンの構造がよくわからず思ったより感動は薄いけど、写真で見ると外国の卒業式に出たんだなーと実感できます。


一番心配だったのは荷物と服装。

冬の卒業式だとコートとか色々あるし、他にも鞄とどうすれば良いんだろうとか、置く場所あるのかなとか、服も寒いし何着て行ったら良いかわからなくて検索かけてもなかなか出てこなくて色々心配でした。

一緒に行ってくれるゲストの人がいれば持ってもらえば良いのですが、私は寂しく1人参加だったのでこういう時困るわけです。

結果、荷物は式場でクロークがあったので預けられました。

最初全部持ち込んで席に置いて友達と喋ってたら、係員の人はここの席は壇上に上がって帰ってくる時にたくさんの人が通るから荷物は置くなと言われ、泣く泣くクロークに。

2ポンドぐらいでした。

クロークが嫌な理由は帰りのピックアップに並んだり等少し時間がかかってしまう所です。

服装はスーツかフォーマルなワンピースが良いと思うのですが、ガウンをひっかけるボタンがあった方が良いとのことでブラウスとスカートの組み合わせにしました。

ジャケットは何となくバランス悪いのでなしにしました。

さすがに寒いと思ったのでブラウスの下にヒートテックを着ましたが、イギリスがそんなに寒くなくて普通に耐えることができました。


卒業式は来れない学生の方も多いため、ライブ中継されています。

でも私の友達はロンドンに残っている人も多かったので、久しぶりの再会を楽しめました♡

コースの人数にもよると思うのですが、1回の式で2つか3つのコースをまとめて式を行うので1週間ぐらいは卒業式ウィークになります。

まず学長と先生たちが入場。

学長がLSEの卒業生たちは世界の色々な主要機関で活躍していて~みたいなスピーチをした後、コースの責任者にあたる先生が1人1人名前を点呼してくれるので壇上へ。

日本人とか名前間違えて呼ばれないかなっとちょっとドキドキするのですが、去年先生が卒業式に向けて名前の読み方を確認してると言っていたので、事前にかなり練習しているようです。

それでも私の名前は複雑なので、ちゃんと呼んでもらえるか心配でしたが、ちゃんと呼んでくれて一安心。

壇上にのぼる前にお母さん的なキャラの人にガウンをものすっごく直されます。笑。

壇上にあがったら学長と握手をするのですが、その瞬間は1人1人スクリーンに映し出されるのと、写真を撮ってもらえていて後ほど販売されます。

なので握手は笑顔でしましょう!笑

名前を呼ばれる時、Distinctionの人や修論でAwardみたいなのをもらった人はそれも同時に読み上げられます。

コースによりけりみたいですが、うちのコースはやはりDistinctionは少なかったです。

外国だなーと思ったのは名前を呼ばれると客席から歓声があがるのと、壇上に上がって学長と握手する時に携帯カメラを持ってセルフィーをする人まで。。。

隣のコースの知り合い程度の人は会場の観客もバックに写したかったようで、観客席をあおり撮影。

強いですね。。。

日本では考えられない光景で面白かったです。

あと面白かったのがヨーロッパ圏の生徒はパパとママが来ていることが多いので、クラスメートのパパママにも会ったのですが、すっごい真面目で無口がクラスメートのパパママがめっちゃ陽気でとっても良い人で何だか気持ちがほっこりしました♡

全然状況は違うけど、ホームステイをしていた時の気分になりました。笑。


式を終えた後は写真屋さんが学校に来ていたので、記念にぱちり。

よくある外国の卒アル風な仕上がりに。

こちらは写真の番号をもらえるので、後日オンラインでオーダーしたい人はオーダーするという形です。

ちなみに学長との握手写真も販売されていて、私は友達に絶対買った方が良いと言われなぜかそのまま購入。笑。

どこかに飾るしかないですね。


その後は最後だったので、コースの仲良かった子達でローストビーフのディナー。

Simpson'sというオシャレレストランを予約し、素敵な卒業式の夜を終えました♡


そんなこんなでLSEでのあっという間の1年が終了しました。

卒業式に出るとちゃんと修了できたんだーと実感することができました。

私はLSEを出た後に何かしたいと思って留学をしたわけではなくて、とりあえず高校生の頃から海外の大学院に行く!というのを大学に入る時の志望動機書で書いていたので、30歳になる前に思い残すことなくしたいなーと思い留学したという感じでした。

なので時々、いやかなり頻繁に勉強のモチベーションを保つのが難しかったのですが、というより今でも勉強はどっちでも良いと思ってしまうので、どちらかと言うとロンドンでたくさんの素敵な出逢いに恵まれたことの方が幸せだったなと思います。

世界中に大好きな人達がこんなにたくさんいるなんて素晴らしいことだなって思います♡

アメリカでの1年は全くエンジョイできなかった私ですが、イギリスでの1年はとっても楽しく過ごすことができました!

環境の違いもあるかもしれませんが、英語での生活も含め自分も成長したのかなということにしておこうと思います♡笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントありがとうございます^_^
ロンドンでの生活は今でも大切な思い出です!
ただの日常を綴っていたブログですが、参考にしていただけると嬉しいです^_^
素敵な留学生活になりますように!
プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。