スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローバル女子会

日本に帰ってきてからちょうど一週間ぐらい経ちますが、毎日なんだかんだ予定がありバタバタです。

ほとんど人と会ってご飯を食べているだけですが。笑。

一応12月ぐらいまではこのブログも思いついたことがあれば細々と書いていきたいなと思います。


日本に帰ってきて寂しいのはタイトルのとおりグローバル女子会ができなくなったこと!

アメリカにいた頃は英語がまだまだだったことや英語での生活が苦しかったことから、すれ違ったら話すぐらいの外人の友達はいても休みの日に定期的に遊びに行けるような外人の友達は1人ぐらいでした。

でもロンドンでは世界各国からの友達がたくさんできました。

多分これがアメリカ時代との大きな違いかなと思っています。


大体いつも仲良いグループが4~5名で決まっていて、多い時は10名ぐらいまでに膨れ上がるのですがホントに定期的にみんなで集まっていました。

どれぐらいの頻度かというと何と学期中は週1以上!笑

というのも通年でとっていた科目のセミナーが火曜の朝9時からあって、結構プレッシャーの多い授業でしたし精神的にみんな毎回打ちのめされるので、セミナー後にみんなで小一時間ほどスタバに行って慰めあい図書館に行き午後の授業に備えるというのが学期中の定番でした。

これを私たちはそのままですがスターバックスタイムと呼んでいて、この時間があったから1年乗り切れたよねとみんな言ってます。笑。

セミナーがたまたま同じだったから仲良くなった子達で結局その縁が1年続いたので、ホントにあのセミナーを選んで良かったなと思います。


それとはまた別に誕生日会も持ち回りで開催していましたし、学期末にはもっと大人数でご飯に食べに行く機会を作ってお疲れ会を開催するというとっても楽しい1年でした。

日本と違うのは誕生日の人が自ら誕生日会を企画するので、私も自分の誕生日の時は自分の行きたいレストランを自ら予約しました。笑。

何か特別なことをしなくてもOxford Circusでショッピングして、疲れたらカフェに行ってという生活も今となっては良い思い出です。

とりあえずテストやプレゼンが終わった日はそのまま買い物に出向くみたいな感じで、セルフリッジやTOPSHOPは何回行ったかわかりません。笑。

私はあまり試着とかしない、というかイギリスでそんなに服は買わなかったですが、一応みんなより歳上なので友達の靴や服、化粧品のアドバイス要員としてくっついて行ってました。笑、。


面白かったのは国籍はばらつきが非常にあるのに、話してることは日本の女子会と一緒!

誰々がかっこいいとか、今後の人生プランとか、彼氏がどうだとかホントに日本の女子会と変わらず、どこの国でもみんな悩んでることや思っていることは一緒なんだなーと思ったのがすごく興味深かったです。

アフタヌーンティーで5時間しゃべり続けて、気付いたら夜10時になっていてもはやアフタヌーンではなくなってしまっていることもしばしばで、こんな所も日本と一緒だなーと思いました。笑。

多分私は屋根と飲み物さえあれば、世界中どこでも楽しく生きていけるのではと確信できた一年でした。笑。


ロンドンでみんなで再会して集まるのも良いし、今度はみんなの街に行ってその土地のおしゃれカフェでお茶するのも楽しみな今日この頃です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。