スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ開発銀行セミナー

開発金融機関にはあまり興味がないのですが、つい先日アフリカ開発銀行のお話が聞けるということで、これは貴重な機会!と思ってセミナーに行ってきました。

いつもの通り個人的な偏り満載でAfDBに対する所感を述べたいと思います。

アフリカ開発銀行は日本人にとってはそこまで馴染みがないのかなと思っていて略すとAfDBで、日本にとってはお馴染みのADBのタイプミス?と一見思ってしまうようなマイナーな存在なのかと思っています。

それもそのはずADBやWBには日本人職員の方が多くいらっしゃいますが、AfDBの日本人職員の方は常に10人未満なのです。

こういった普通の日本人にメジャーでない開発金融機関は他にもあるのかなと思っていて、EBRDやIDBなんかもその類なのではと思っています。

あ、ちなみにIDBはスペイン語までペラペラじゃないと働けないらしいです。

AfDBはマストではないけれども、言うまでもなくフランス語が優遇されるし働いたら学ばなきゃです。


まずAfDBの本部はコートジボワールのアビジャンです。

コートジがしばらく内戦をしていたので、昨今はチュニスに本部を置いていたそうですが今はアビジャンに戻ったそうです。

個人的にチュニスはリゾート地ってイメージがあるので、アビジャンとチュニスは暮らしやすさに結構な違いがありそうですが、意外と宗教の関係でアビジャンの方が食料やアルコールの種類はチョイスができるかもとのことでした。

でも私はどちらか住む場所を選べと言われたら、普通にチュニスを選びますけどね。


まず開発金融機関のイメージはやはり銀行なのでお金を持っている!

そこが予算かつかつで官僚社会になっているUNとの大きな違いですかね。(この話はUNで働いていた人から結構な割合で聞きます。)

あとは私は開発金融機関の基本はインフラファイナンスだと思っているので、やはりAfDB含めこういった金融機関での業務はインフラを中心としたファイナンスが中心になってきます。

特にアフリカはインフラ未整備な所がまだまだ多いので、まずはそこからというのと基本的に回収率が良いのは明らかに教育やガバナンスよりもインフラだと思うのでそれは納得です。

個人的な所感ではgood governanceだの何だのを言い出したのはWBなので、WBは結構教育とかソフト分野にも力を入れている気がします。

まぁWBは地域開発銀行ではないから、そこの違いは大きいかもですね。

でも東名高速道路が日本にあるからか、何だかんだでWBのお家芸はインフラファイナンスだという印象が未だにあります。


セミナーに行って思ったことはAfDBはWBよりもADBよりも未開拓性のある業務がたくさんあって、業務だけで見たら興味にもよると思いますがADBやWBよりも面白いことができるのでは?と思いました。

私は最近民間セクターの視点での開発にも興味があるのでアフリカのモバイル事情に結構興味を持っているわけです。

アフリカの携帯の使い方は私たちの思っている携帯の使い方とはちょっと違って送金とかができてしまうんです。

そこに目をつけてBOPやマイクロクレジットを実施してみたり、起業してみたりする人もいるんです。

実際セミナーでもその話をされていて、そういうアフリカ特有の特徴を生かしたファイナンスってなかなか面白そうだなと思いました。


面白そうだなとは思いつつ、冒頭にも述べましたが専門が違うことから開発金融機関にはあまり興味がないので働こうとは思わないんですけどね。

じゃあ何でセミナーに行ったのかというと、単純にAfDBのお話を聞ける機会なんて未だかつてなかったのと勉強の一環として視野を広げるためです。

ちなみに子育てもマラリアとかもあるのでまぁ大変ではあるけれども、お手伝いさんやシッターさん、ドライバーさんを安く雇えるので思っているよりは大変ではないとのことでした。

現地のアメリカンスクールでは70ヵ国ぐらいの国籍の子供と一緒に学ぶらしく、子供にとっては良い環境なのではとのこと。

ということで残念ながら専門性の関係でAfDBで私は働けないので、代わりに働ける可能性のある友達にお勧めしておきました。笑。

まぁでも一般的に配偶者がいる場合は途上国勤務は結構頭を悩ませる問題なのかもです。

私からすると貴重な経験で羨ましいなーと思ってしまいますが、色々な人の話を聞いているとこういう考えは珍しいようです。


個人的には中国のAIIB設立にも結構興味を持っていて、今後の動向が気になります。

開発金融機関は客観的に見ているとお金が動く機関なだけあって、世界の兆候がそのまま反映される気がするし、それぞれ特徴があって動向観察が結構楽しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。