勉強場所の確保

高い授業料を払ってるのに、なぜこんなことに悩まなければいけないのかよくわかりませんが、テスト中は勉強場所の確保に結構困りました。

おそらく同じ悩みを持っているLSEの人は多いはず。。。

ということで、テスト期間中の勉強場所の選択肢をまとめてみました。


選択肢その1:LSEの図書館

LSEの図書館はターム中も常に人がいっぱいです。
特に温かい時期になってくるとただでさえ暑いのに、人が多すぎて体感温度があがり不快感マックスです。
5月から6月はもはやカオス状態で、おそらく朝9時か10時に行っても電源のある席等は取れないんじゃないでしょうか。。。
希望の席に座りたいのであれば、朝7時ぐらいに行っている必要があるかと思います。
一応LSE for Youからも座席の予約はできるようですが、予約システムを知らない学生が自分の席に座っていたり、ちょっと席を外した間に他の学生が座っていたり等々色々な問題もよく起きるようで、いちいち説明が面倒だなーと思う人には向かないかと。。。
しかも何でだかわかりませんが、Quiet Zoneと書いてあるのに非常にうるさい!
Quiet Zoneという標識は全く意味をなしていません。
そんなこんなで学校に行くにも時間とお金がかかるし、テスト期間中は図書館には行きませんでした。
夜に行って早朝に帰るというみんなと逆パターンの生活をすれば意外と快適かも!?


選択肢その2:近所の図書館

私の場合、家から徒歩1分ぐらいの場所に誰でも登録なしで使える図書館があったのでそこを結構利用していました。
そんなに混んでいないし、Wi-Fiも弱いですが使えるし、トイレもキレイだし、忘れ物があったらすぐ帰れるしでなかなか快適でした。
唯一の難点は土日は閉館、平日は10:00~17:30までしか空いていなかったことです。
夜型の私には結構厳しいです。
同じ場所で大人しくじっと勉強しているのが苦手なので、テスト期間中はある程度の時間まではここにいて、疲れたら家に戻ってネットでドラマを観て、次はカフェで勉強というサイクルにしていました。


選択肢その3:カフェ

日本にいた時からカフェは私の勉強場所だったので、こちらでもカフェが何だかんだで図書館よりも良い勉強場所でした。
ただこちらも難点があり、イギリスのカフェは大概夜7時には閉店、土日だと夜6時閉店とかが多いです。
それでもめげずに、駅ナカのスタバは夜遅くまでやっていたりするので、カフェはしごとか無駄にして無駄なカロリーをたくさん摂取していました。
音が気になる人には全く向かないと思いますが、私はカフェみたいに人の会話が雑音として溶け込んでしまうような場合は特に気にならないので、やはり勉強場所はカフェに限ります。


そして今日、久しぶりにLSEの図書館に行ってみたら、人がほとんどいなくて静かでとっても快適でした。

電源も使いたい放題!

家で勉強できる人はこんな悩みは持たなくて良いので羨ましい限りです。

私は家にいるとドラマばっかり観てしまって、気付いたら一日が終わってしまうタイプです。。。

そんなこんなで、学校の図書館以外に自分に合う勉強場所は早めに見つけておいた方が良いと思った今日この頃でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR