スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン動物園

5月26日から6月4日にかけて4つテストを受けたのは良いものの、5つ目のテストが23日とだいぶ時間が空くのでかなりダラダラと遊びながら準備をしています。

終わりが見えてきたので、最近は行きたかった場所やレストランにものすごい勢いで行っています。

行きたかった場所の一つはロンドン動物園!

先日行ってきた友達がめっちゃお勧めだと言うので行ってきました。

ロンドンに動物園があるなんて思いもしなかったのですが、リージェンツパーク内にある超都会型動物園です。

動物園に行くのはなんと幼稚園の時に遠足で行った上野動物園ぶり!

キャラ的に当時からものすごーーーく冷めていたので、動物園とか行っても何か反応が薄い子供らしからぬ子供でした。笑。

こういうイベントの楽しみは母親がお弁当で持たせてくれるハムチーズロールサンドを食べれることだけという、子供の頃からかわいげのない感じでした。。。

でも大学生の時にゼミ合宿で鴨川シーワールドに行ったのをきっかけに意外とこういうテーマパークって楽しいなと思うようになり、その後もエプソン品川の水族館に行ってみたりと動物愛がちょっと出てきたわけです。


入場料は24ポンドぐらいと換算すればディズニーランドとそんなに変わらないんじゃないかという若干お高めな設定です。。。

この動物園の目玉は動物とものすごく近くで触れ合えること!

日本だと安全性の問題で動物に触ったりとかあんまりできないですが、こちらでは放し飼いゾーンのようなものがあってそこでは触って良い動物、触っちゃダメな動物と色々ありますが、基本的には犬や猫のような至近距離でガラス等のへだたりなしに動物を見ることができます。

サルのゾーンではお母さんサルがものすっごい小さい赤ちゃんサルを背負っていたり、サルが穴を掘っている姿がものすごく人間に見えたりと何だか親近感を感じてしまいました。

個人的に一番良かったのがraiforest zoneで、ちょっとむしっとした空間に色々な熱帯動物が放し飼いされていて、頭の上にサルが走っていたりすごく身近に動物を感じられる空間です。

キリンもキリン目線で見れるように展示がなっていたり等々、見せ方も色々工夫されていました。

これってなかなか日本ではないんじゃないかと。。。

キリンは下から見るものなイメージが。。。


あ、あと爬虫類展示館もあって、実はここはハリポタの映画でハリーが蛇と話してガラスがなくなってダドリーが池に落ちちゃうシーンのロケ現場でもあるのです。

爬虫類をペットで飼う人が結構いますが、意外とかわいかったりするのでその気持ちも何となくわかります。


唯一アウトだったのは蝶々の温室みたいな所と昆虫博物館みたいな所。

まず蝶々は完全な放し飼いをされた温室に入らなければなりません。。。

子供の頃、結構活発に外で遊ぶ子だったので、虫とか手で結構つかまえていて庭で蝶々を捕まえたこともあったのですが、その時に鱗粉が手につき、蝶々の模様がそのまま手についてしまい一人でめっちゃパニックになり洗面所にダッシュしたというトラウマが。。。

あれは気持ち悪かった。。。

ということで、大量放し飼いは絶対無理なので、入りませんでした。。。


そして昆虫博物館。

これは展示だけなので、実際に触れ合うということはないですが、ゴキブリやバッタの大量展示等見ていて気持ちの良くないものばかりでした。。。

例にもれず、虫も図鑑で見るだけでも結構アウトで絵の虫でさえ紙の上から触りたくないという徹底ぶりなので、虫も無理です。。。

小学校の時の理科の昆虫の授業は苦痛で苦痛で仕方がなかった。。。

特に目のアップとか勘弁って感じだったし、サナギの観察をして絵を描くとかいじめとしか思えませんでした。

サナギが私の色鉛筆にのった時は泣きました。笑。

そしてその色鉛筆は捨てました。。。


そんなこんなでロンドン動物園は4~5時間は確実に滞在できる大人でも楽しめる&癒される場所です。

都会のオアシス的な感じで緑も多いので、ちょっと気分転換に訪れてみるのもお勧めです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。