Dissertation Proposal

つい先日、1月~3月まで放送されていた、月9の「デート」を観終わりました。

こんなに面白いドラマは久しぶりで一瞬で観終わってしまいました。

Hey! Say! Jumpの中島くんと言うよりは、中島くん演じる鷲尾くんが顔、雰囲気、性格すべてにおいて、私のタイプにドストライクです♡

今度からは好みのタイプを聞かれたら鷲尾くんと答えることにします。

鷲尾くん総集編だけ作ってほしいです。


最近はドラマの他にもキューガーデンやリッチモンドに行ったり等すっかりテスト勉強そっちのけになってしまっているのですが、テスト勉強と並行してやらなければならないものにDissertation Proposalというものがあります。

修論の進め方のスケジュールは学部によってかなり違いがあり、私たちはとりあえずプロポーザルで2,000 words以内にまとめて5月1日までに提出、そしてdissertation workshopが5月上旬にグループ分けして行われるのでそこで内容について他の生徒や先生と話し合うということになるかと思います。

私のグループは6人ぐらいで9:15-17:15という時間で行われるようです。

長いなー。

お昼休みは取ってくれるよね。。。

というかそんな長い時間何を話すんだろうんという感じですが。。。

Dissertation Proposalに入れなければならない内容は以下のとおりです。

(1) the proposed title of the MSc dissertation
(2) a statement of the central question/s to be addressed
(3) a justification of why the topic is theoretically and empirically interesting
(4) an outline of how the dissertation will be structured
(5) a short list of key references

採点もされないようですし、何か結構適当で良いかもーとか思い始めてしまっているので、とりあえずあまり時間はかけたくないのですが、それに反して全く終わらないし進まない。

締切があるものはさっさと終わらせて、テスト勉強に集中したいのに。。。涙。

正直なところ、テスト勉強と修論の並行は結構難しい所があり、特に私のように授業とは全く無関係の分野や地域を選んでしまった人にとってはこの時期の修論作業は負担にしかなりません。

修論のアプローチ方法は現段階では国際法ベースで行うことを考えていて、LSEのDevelopment Studiesでは国際法を使って何か解釈をするという作業は皆無なので新たな領域への挑戦です。(あ、でも通商関係の授業なら国際法ベースかもしれません。)

新たな領域とは言っても個人的には国際法の方が経済学者の理論より馴染みが遥かにあるので、完全に難民条約、強行規範及びそれに基づく判例に重点を置いた国際法の論文になりかけています。

個人的に強行規範と二国間条約の衝突についてちょっと今混乱が起きているので、この分野のスペシャリストの人に話を聞きたい限りです。

関連の判例を探しても安保理決議が人権条約に違反していますみたいなものが多くて、これを判例として選んでしまうとちょっと方向性がずれてしまう気がしています。


現段階で文字数が全くいかないので結構困っているのですが、周りのみんなに聞いたら一部を除いてまだdissertation proposalは手をつけていないということ。。。

とか言いながらLSE生はちゃんとしたものを作り上げてきそうな予感で私一人だけヤバいと言う事態に陥りそう。。。


月曜からはSummer Termの始まりでRevision Sessionが始まります。

早速月曜の9時からRevision Sessionが3時間(長い。。。)入っていますが、友達に会えるのはすごく楽しみです^ ^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR