停電・断水続報

やっと家に帰れましたー。涙。

火曜の明け方から断水し、木曜の午前まで家に戻れず、かなり疲労がたまりました。

結局昨日の夜は、LSEがRussel Squareの近くのホテルを100部屋(2人シェア)予約したわけですが、LSEのせいなのかホテルのせいなのかは知りませんがこれがまた適当。

一応友達とシェアできるとのことだったので、申し込み段階では一緒に申し込んでおいたのですが、実質的にはホテルチェックイン時に全て決まっているようで、というよりホテル側も200人の名前の組み合わせを数時間で登録できていないようで、私は全く知らない子と部屋をシェアしました。

これもまたひどい話で私が行った時は21時過ぎにも関わらずチェックインがまだ混み合っていて、3箇所ほどカウンターがあいていたのですが左のカウンターだけ妙に人が少なくて真ん中のカウンターは長打の列。

真ん中のカウンターに並べば友達と一緒に入れてくれたというより一緒じゃなきゃチェックインはできなかったようですが、左のカウンターは特に調べもせず来た順にどんどん鍵を渡しているので知らない人と部屋が一緒になってしまうという現象がおきていたわけです。

列の長さが全てを物語っていたわけですね。涙。

そして、部屋を変えてほしいと言いに行ったらそれはできないと。

と言うより変えてほしいと言いに行った相手が、アロケーションを適当にした人だったのでまぁそう言うだろうなという感じでしたが。。。

でも基本的になかなかわかってくれない人と何か交渉したり文句を言うのは体力を奪われるので、疲れていましたし諦めました。。。

もうこういう時はどうすることもできないので、状況を受け入れてその状況の中で一番楽しく過ごせる方法を模索しなきゃですからね。。。


ということで、部屋に戻ったわけです。

実は私は元々3人部屋が欲しくて、知らない人と2人部屋になるぐらいだったら日本人の友達と2人で1つのベッドをシェアする方が良いよね!海外だしベッドも大きいよね!と友達と話していたのですが、ベッドが予想以上に小さくてビックリ!笑

昨日部屋をシェアした子はタイ人の子で、私は知らない子だったのですが、私と一緒だった日本人の友達が仲良い子だったみたいで安心しました。

その子も友達と一緒に予約をしたのに、別れてしまったということ。

聞いたら同じカウンターでチェックインをしたらしく、やはりという感じでした。。。

でも、同じアジア系のバックグラウンド&友達が仲良かったこともあり、何だかんだで3人で結構盛り上がり楽しく過ごしてしまいました。

結局、リアルシングルベッドを2人でシェアして寝ました。笑。

友達のことを殴ったり、布団を自分の所にだけ寄せてしまったのではないかと激しく不安です。。。

外がうるさくて眠れなったとタイ人の子は言っていましたが、自分は爆睡していただけに余計心配。。。


そんなこんなで長い長い2日間が終わりました。。。

私は特にひっ迫した課題もなかったわけですが、それでもLTの最初に出すエッセイや修論のリサーチをしたいと思っていたのでかなり予定が狂ってしまいました。。。

とにかく疲れ切っている&すぐにやらなければいけない課題でもないので、今は何もする気力がおきずとりあえずぐっすり寝たい!という感じです。

学校に避難して、寮からのメールを常に気にしてという生活はもうこりごりです。

ご飯だけはLSEの学食のみですが、朝昼晩無料提供してくれていたので、普段の2倍の量は食べてお腹は常にいっぱいでしたが。。。

プレゼンやらassesed essayがあった人、明日にでも飛行機に乗らなきゃという人は本当に想像がつかないほど大変だったと思います。

改めて、電気と水と定住できる場所がなければ何もできないと実感したのと、今後はこういうことが起きないことを切に願っています。

これが6月のテストの時に起きたら発狂していまいます。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR