スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dissertationの準備始めました。

冷やし中華みたいなタイトルになってしまいましたが、タイトルの通り修論の準備を始めました。

来学期かなり忙しくなりそうなので、とりあえず今のうちにできることはやっておかなければと。。。

とりあえず初回だったので、先生のオフィスアワーに提案書?のようなものを作って準備していきました。

私のアカデミックアドバイザーの先生はとっても優しいのですが、部屋がとっても汚い!

いつも私が行くとその辺にちらかっている本や書類をとりあえず自分のリュックに避難させて私の座る場所を確保してくれるという感じです。笑。


私の場合は修論のテーマがかなりぼやっとしていて、書いてみたいフィールドやトピックは決まってるのですが、まだ狭められていないという状況です。

とりあえずリーディングとかを通して狭めていきたいなとは思うのですが、まだ修論用のリーディングは進められていないという。。。

修論に役立ちそうなクラスは全て来学期なので、まだ閃きのようなものも出てこないです。

ただ、developmentよりもpolitics寄りになりそうという懸念事項を先生に話したところ、それでも大丈夫とのことでした。

ということで、私の修論は国際関係、国際政治、国際開発を混ぜたようなものになりそうです。


でも先生はやっぱり先生で色々詳しいので、ちょっとつっこんだ質問をされると途端にたどたどしてしまいます。。。

先生はJewish Wisdomという概念がとっても気に入ったようで、amazonのレートが高いから読んでみようと思っただけの私はかなりタジタジでした。

ということで、来週もうちょっとreadingをしてもう一度話し合うことになりました。

と言うより、今後はこういうプロセスが定期的に続いていくものと思われます。


一応アカデミックアドバイザーなので近況についても話し、必修の授業が理論的で古典的で曖昧で英語も余計難しくなるのであんまりという話をしてきました。

一方でもう1つのクラスは理論も少し話すけど現在世界で起きている出来事を話すので、とても楽しくで好きだという話もしました。

来学期からは先生の授業が開講するので、それはかなり具体的なケーススタディーをたくさん扱うので、きっと私は気に入ると思うよと言ってくれました!

ついでだったので、まだ公開されていない情報が欲しくて、一回の授業でのreading数と学期内でのプレゼンの回数も聞き出してきました。

そこまで多くはなかったので、一安心です。


もう1つ取ろうと思っている授業の情報もあまりゲットできていないので、オフィスアワーに行けば良いんだと思い、とりあえずまた来週違う先生のオフィスアワーを予約しました。

どれぐらい負担がかかるかを聞いて、冬休みに入る前に色々とプレゼンのタイミング等の対策を立てたいと思っています。

うちの学部は特にdissertation用のsupervisorはいないようなので、アカデミックアドバイザーがメインの責任者で必要があれば自分で他の先生にアポをとって話を聞くというスタンスのようです。

他にも気になる先生は何人かいるので、もうちょっとテーマが具体的になり次第、順次話を聞きに行きたいと思っています。

それにしても1回のオフィスアワーが15分って短いですよね。(先生によっては20分なようですが。。。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。