スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナ旅行

遂に念願のバルセロナに行ってきました!

サグラダファミリアがずっと見たかったのです。

日本からは乗換しないと行けないのに、ロンドンからはなんと飛行機2時間で行けてしまう距離なのです。

が、レミゼを観る前にロンドン中華街で食べた台湾料理にあたってしまい、まさかの前日の深夜に腹痛で寝れず。。。

私以外にもそれを一緒に食べた方々は皆さん腹痛に苦しんだようなので、完全に食あたりです。

食べたのは小龍包と焼きそばと角煮ご飯であたる要素なんてないのですが、ロンドンで食あたりなんてあるんですね。。。。

皆さんもお気をつけください。。。

私は旅行に行くということもあったし尋常じゃない腹痛だったので、念のため病院へ。

日本語が通じる病院が運よく近くにあったので立ち寄ってから空港に行くことに。

本当に普通の日本の病院で、ものすごく丁寧で良かったです。

具合悪くなったらまたここに来ようー。

そして、イギリスの薬は効き目がとっても良くて私の腹痛はその後良い感じに収束に向かうのでした。


今回はブエリング航空という聞きなれない名前のエアラインでガトウィックからバルセロナまで行ってきました。

このブエリングというのはスペインのLCCだそうで、結構ヨーロッパ内では大きなLCCのようです。

私はExpediaを通じてホテルとパッケージで予約したので、単体の値段はわからないのですが値段もすごく安いみたいです。

LCCというと遅延等色々問題があるようですが、私が乗った時は30分~1時間ぐらいの遅れでそんなものかなーという感じです。

搭乗口は直前までわからないので、電光掲示板を逐一チェックです。

LCCに乗るのが初めてだったので、飛行機大嫌いな私としては緊張だったのですが、座席は確かに狭いけど割と清潔感も高めでロゴもかわいくてFAさんもフレンドリーな感じで良かったです。

スペインと言えば私の頭の中で思いつくのがイベリア航空ぐらいしかないので、ブエリングの存在感はスペイン内で結構大きいようです。


そして気候!

ロンドンは秋真っ盛りで若干寒いですが、スペインは夏!

服装間違えました。。。

マキシワンピとサンダルとかにした方がバルセロナ感があって良かった気がします。

むしろ日中は暑くて暑くて溶けそうなので、サングラスを忘れずに!


スペインと言えばガウディ!

カサミラとカサバトリョは物凄く普通に道に建っていてビックリしました。

カサミラは工事中で表からはほとんど見えず。。。

でも私はカサバトリョが好きだからいいもんって思い、事前に夏の間だけ(しかも週3日だけ)開催されるというカサバトリョのマジックナイトのオンライン予約をしていました。

これはガイドブックとかにも書かれていないのであまり知られていないのかもしれませんが、お勧めです!

カサバトリョのオーディオガイド付きで内部見学が終わり次第若干の待ち時間を経て、カサバトリョ内で音楽鑑賞をしながら生ハムやらチーズやらをいただくという素敵なイベントなのです。

カサバトリョの中でご飯が食べれるなんて滅多にないですよ!

庭でご飯を食べてもよしなので、本当に素敵です。

そしてサグラダファミリア!

私はこれを一番楽しみにしていましたが、やっぱりすごいです!

今となってはガウディの意思を継いで、違う方々が建築を進めていますが、ガウディへのリスペクトが凄い!

こちらも日本語ガイドさんのついたツアーを申し込んだのですが、やっぱり日本語ガイドさんいた方が普通に見るより断然楽しいです。

中もとってもキレイ。

カタルーニャ音楽堂も行ったのですが、スペインの建築はやっぱり陽が射すことを前提にして自然の光をいかに建物内に取り込めるかというのがテーマな気がします。

これは陽が多いスペインだからできるんでしょうね。

ロンドンでは無理です。笑。


そしてピカソ!

クラシックもミュージカルも大好きですが、絵だけはどうしてもわからないのです。。。

そんなこんなで絵には勝手に抵抗があったのですが、こちらでもオーディオガイドが大活躍!

絵1枚1枚に解説がつくのでとっても良い感じで鑑賞できるのです。

ピカソってイメージ的には幾何学的なでたらめな絵のイメージでしたけど、初期の頃は普通の人物画の油絵とかも描いたりしていて意外でした。

絵を描く人はやはりみんな最初は学校等でああいうきちんとした絵の手法を学ぶんですね。


そしてフラメンコ!

こちらもコルベドスという有名な所にフラメンコを観に行きました。

あの脚の細かなリズムの刻み具合がすごくて、ものすごく痩せそう~とか思ってしまったりしました。

でも実際はああいう踊りってちょっとぐらい肉付きの良い方が見栄えがするので良いと聞いたことがあります。

確かにあんなにものすごく動いているのに、ものすごくい細い人は誰もいないというとっても失礼なことを考えてました。笑。


そしてご飯!

ご飯はロンドンと比べると安いし、とってもおいしいです。

何となく入ったカフェで食べたイカ墨パエリアがすごくおいしかったり、ピンチョスが種類が多すぎて選べない!なんてことも。

チュロスもディズニーランド以外で食べることってあんまりないので、すごくおいしかったです!

生ハムはイベリコ豚の綺麗な赤色が鮮やかで肉厚でしょっぱくなくて本当においしい!

朝からハム何枚食べたかわからないぐらいハムを食べてます。


言語はバルセロナはほぼほぼ英語が通じるので困ることは特にないかと思いますが。やっぱりその土地である程度自分で動きたいなら簡単な旅先会話ぐらいはできるようにしたいなというのがポリシーです。

その方が人も打ち解けてくれて新しい世界も広がる気がしますし。

ということで、おそらくフランス語と置き換えをすれば割といけそうな気がするので、とっても簡単な単語ぐらいはスペイン語も覚えておこうかなと思うようになりました。


そんなこんなで念願のスペイン旅行は無事終了しました!

やっぱりヨーロッパにいると色々旅行できて良いですね^ ^

次回行きたい!と思う場所はクリスマス周辺のドイツです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。