スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ座の怪人

今日はオペラ座の怪人を観てきました!(ネタバレ満載です!)

オペラ座の怪人はHer Majesty Theatreというピカデリーのすぐ側のシアターです!

オペラ座の怪人は小学2年生の頃毎週読書感想文を書かなければいけなくて、すごくお気に入りで何回も読んでいました。(話と言うよりはクリスティーヌの絵がかわいかったという理由な気がします。)

その後、アメリカにホームステイをしていた時ホストファミリーが映画大好きで、毎日のように映画館に連れて行ってくれてたのですが17歳の私はphantomという単語がわからず、Phantom of the Operaを観に行ったにも関わらず、それがオペラ座の怪人だとわかったのが何と日本帰国後に日本で映画が公開されてからという珍エピソードもあったりします。

あとスケートの高橋大輔選手もだいぶ前ですがオペラ座の怪人を滑っていて、大ちゃんにぴったりであのプログラムすごく好きです!

羽生くんのロミオとジュリエット、大ちゃんのオペラ座はお互い超適役だと思います!

最近では鈴木明子選手もオペラ座の怪人を滑ってましたよね。


オペラ座の怪人のシアターはこじんまりとしていますが、内装はまるでパリガルニエのような感じ。(パリガルニエの方が間違いなく豪華ですが。。。)

3階まで席があって、今回の私の席は2階の2列目。

開演するといきなりシャンデリアが客席を通過して天井まで!

可動式シャンデリアにビックリ!

その後もファントムがゴンドラ的なのに乗って歌ったり等色々アクティブに物が動くので、1階席よりも高い席の前の方が楽しいかもしれません。

ミュージカルというよりは、当たり前ですが若干オペラ要素も入っているのでオペラ鑑賞している気分になりました。

衣装もすごくキレイです!


オペラ座の怪人はストーリーがすごく哀しいですよね。

私はファントムの気持ちがすごくわかる気がするので、最後の方のファントムがどんなに頑張ってもクリスティーヌは手に入らないんだと悟った瞬間は切なくて涙ぐみたくなってしまいます。。。

またそれを後押しする音楽が良いんですよね。

好きな人が違う人を好きになってあらゆる手段を尽くしたのに、自分の目の前から2人で消えてしまうってどんな気持ちなんでしょう。

でもそれでもクリスティーヌの幸せを考えて逃したファントムを私は偉い!と思ってしまうのです。


そして、映画とミュージカルでは結末が少しだけ違うのです!

映画だとクリスティーヌがラウルと結婚して亡くなった後、ファントムがクリスティーヌをまだ愛していてお墓に赤いバラをまくというシーンで終わった気がします。

ミュージカルだと皆がファントムを捉えようと探しに来たけど、残っていたのは仮面だけというシーンで終了です。

個人的にはファントムの愛が無償で永遠なんだとわかった映画版の結末の方が好きだったりします。

でもそれはそれでやっぱり報われないんだということがわかって哀しかったりもするんですけどね。。。


実はこのオペラ座の怪人という話は半分ぐらいはノンフィクションなんだそうです。

実際にパリガルニエには地下水道に人が住んでいて、ちゃんとボートとかもあったとか。。。

そして、シャンデリアが実際に落ちて人が亡くなったこともあったりして幽霊説もあったとか。。。

ということでそんな実話をうまく組み合わせて恋愛要素を入れながら、私たちの知っているオペラ座の怪人ができあがったのです。


できれば、これは本物のパリガルニエで是非とも観たい!と思うのですが、パリではこの話はオペラとしても上演されていないそうです。

まぁまさか本物のパリガルニエでシャンデリアを落としたりとかするわけにもいかないですからね。。。

でもやっぱり本物のオペラ座で観た方が気持ち的には盛り上がるし、絶対みんなもそう思ってると思うからお金になるのにって思ったりしました。


オペラ座の怪人は音楽がすごく好きで今回観てとても気に入ったので、ロンドン滞在中に何回か観たいです!

きっと出演者が違うとまた違った印象になるはず!

次回ミュージカルはレミゼラブルです。

こちらも音楽が好きなので、楽しみ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オペラ座の怪人

初めまして! 実は自分もイギリス留学した時にオペラ座の怪人観ました! しかも9月の14日に同じ劇場で観ましたw UCLに行きたいと思ってるのでいろいろ参考にさせてもらってます!

Re: オペラ座の怪人

コメントありがとうございます!
イギリスに留学されていたんですね。
この時は確か2階席でお一人様で昼公演に行った気がします。
オペラ座の怪人良いですよね。
プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。