LSEの開発コース

現在テスト期間真っ最中で全く面白いことがないので、気分転換にブログを更新してみます。

最近、私たちのコース紹介のビデオが新たにできたみたいです!

知っている人がたくさん出てきて面白い!

一応各コース毎にビデオは分かれていますが、違いは先生の話している内容だけで中でビデオ内で使われている映像は必ずしもそのコースの授業ではないです。

ちょうどターム中にビデオが入ったりしていたので、私にとってはかなりリアルなDESTINの現状です。

現在私の所属するDESTINにはDevelopment Studies、Development Management、International Development and Humanitarian Emergencies, African Developmentの4つのコースがあります。

それぞれのコースで先生や生徒の特徴が分かれていて結構面白いので、各コース毎に紹介ビデオと共にあくまでも私見でまとめて行きたいと思います。


・Development Studies

まずは私の所属するDevelopment Studiesから。

DESTINで一番古いコースで、必修科目であるDV400はDESTINの中でも一番古い科目で、先生もビデオの中で言っていますがとにかく大変です。。。

DV400は開発にまつわる政治経済を学ぶ科目です。

大変だけれども毎年リーディングリストやモジュール内容も変更されて、常に新しい開発の動きを知れるし、1年終わってみると長い間続けている科目なだけあって一番体系だっていたかもなと思いました。

このコースの先生の特徴は、DESTINの中でも一番学者っぽい所でしょうか。。。

本をとにかく読んで読んで知識が豊富で、どんな話をする時も本からのエビデンスを使います!という感じの先生が多いです。

とにかくDV400はリーディング量が尋常ではないので、そんな所からもそんな特徴が読み取れるかもです。

生徒の特徴は良い意味でも悪い意味でもDESTINの中では一番普通です。

何か飛びぬけた特徴はないですね。

生徒の比率は年にもよるみたいで去年はドイツ人が一番多かったみたいですが、今年は断然英米です!

特にアメリカ人が多い気がします。

そんなDevelopment Studiesの紹介ビデオはこちらです。

基本的にビデオ内で話している先生が、コア科目を教えます。




・Development Management

Development Studiesと並んで大きなコースです。

正直授業を受けていないので具体的に何をやっているかはわからないのですが、聞いた話によるとコア科目は制度や様々なアクターの視点から開発を学ぶそうです。

特徴はコンサルタンシープロジェクトがある所でしょうか。

コンサルタンシーと授業が並行して行われ、なおかつテストも受けなければならないので結構大変そうです。。。

このコースはDevelopment Studiesよりも少し実務的かつビジネス寄りな印象があります。

なので先生はとにかく頭の回転が速くてスーパー頭が良い!!!!

あまりの頭の回転の速さと、話すスピードとその情報量にただただ唖然としてしまうそんな感じです。

私はDissertation WorkshopはDevelopment Managementの先生の所に割り振られ、ただただ唖然とアドバイスを聞いていました。笑。

先生も元World Bankで働いてましたーとかそんな感じの人が多いです。

生徒はこちらは非常にバラエティに富んでいて、あまりネイティブがいる印象がないです。

tradeやBOP等ビジネス系に興味のある学生も多いのも特徴かと思います。(裏を返せば私はそういう授業をほとんど取っていないので、このコースの人との関わりはほぼありません。笑。)

紹介ビデオはこちら。




・International Development and Humanitarian Emergencies

略してIDHEです。

このコースのコア科目は人権に特化した授業と人権に関わらず各開発トピックをざっと大まかに見る授業の2つです。

こちらももれなく人権団体とのコンサルタンシープロジェクトがついてきます。

行っても行かなくても良いみたいですが、ジュネーブへの旅行付きで(宿泊費や渡航費はコース費用に含まれていないようです。)、各国際機関の本部を訪れる機会もあります。

このコースの先生は元ジャーナリストですとか人類学を専攻していた先生が多く、授業を受けてもインタビューベースのリーディングが多かったりするため、理論とあてはめ重視のDevelopment Studiesからこういうコースを取るとものすごーーーくふわっとした感じに陥ってしまいどうしたら良いか戸惑いばかりです。。。

生徒もものすごく特徴があり、とにかく熱血漢的な感じの人が多く将来ICRCとかUNHCRとかWFPとかの人権に関連する機関で働くとこういう人達がいるのかーという感じの縮図を見ているような気分になります。

国籍は9割型アメリカ、カナダ、イギリスです。

おそらくアメリカ人が今年は一番多いんじゃないでしょうか。。。

LSEに来る前に途上国の人権団体でインターンしてましたって人が多いのも特徴です。




・African Development

これは今年からできた新しいコースで非常に人数も少ないみたいです。

このコースの人に今まで2人しか会ったことがありません。

1人とはすごく仲が良いのでどんな感じかよく話を聞くのですが、MTのコア科目African Political Economyがとにかく大変だったとのこと。。。

アフリカのどこか1ヶ国を選んでレポートを提出するのが必須とか聞いたような聞かなかったような。。。

ビデオも見つけました!




そんなこんなで4つコースがありますが、お互いにコア科目は単位にすると1~1.5単位でそれ以外は自由に授業を取れるので、他のコースの人と一緒になる科目も多くあまりコース毎の違いは感じないというのが実際の所です。

ただ一つ言えるのがどのコースもコア科目が一番大変なようです。。。


おそらく過去に誰もまとめたことがないであろう、LSEのDESTINの特徴でした!
スポンサーサイト

抱負

最近ビックリするぐらい毎日にメリハリがないです。

1日が非常に長い!

1週間前の出来事が1ヶ月前のように感じたりします。

友達が泊まりに来たり、ご飯に行ったり等々はしているものの、学校に行って授業を受けている時の倍以上は時の流れが遅いです。

勉強しなきゃいけないとは思いつつ、誘惑に勝てずK-POPや韓国のバラエティ番組ばっかり観て、かっこいい♡とかかわいい♡とか思ったりして楽しみを作っている状況です。。。

お正月休みが1週間が限界なように(私の場合)、やはり決まった時間に起きて決まった場所に行くという作業はメリハリのある生活と心身共に元気であるためには必要だと実感しました。

何かこの生活が9月まで続くのかと思うと一日も早く社会復帰した方が良いのかもと最近思い始めたり。。。


あまりにも日々何もないので、結構前に28歳になったので抱負を書いてみたいと思います。

27歳と言えば子供の頃に観ていたドラマ、やまとなでしこの桜子さんの年齢でした。

このドラマの印象がとっても強くて未だに再放送を観たり、お金じゃ買えない大切なものというフレーズが頭をいつもよぎったりするほど、今でも大好きなドラマです。

松嶋菜々子と私は違うことは十分承知ですが、それを差し引いても何だか雰囲気的にもだいぶ違う!

子供の頃は27歳になったらあんな服を着てあんな生活をするのかなーと思ってましたが、全く違いました。。。

そしてそんな桜子さんの年齢を通り越して28歳。

個人的には17歳か18歳ぐらいで時間が止まっていて、ここまで考えていることとか何も変わらずに延長線上で来てしまいました。。。

GLAYが世間をぶいぶい言わせていた時も27歳か28歳ぐらいだったと思います。

今も昔もpure soulという曲が大好きで、12歳の頃の自分もそれなりにこの歌の意味を理解していたと思っていますが、28歳になってみて歌詞の

「声をあげかける少年を振り返る余裕すらなく 擦り切れた若さの残り火この胸にくすぶらせている 未だ夜明けは遠く」

のような当時のGLAYが抱えていたような20代後半ならではの焦燥感もよりリアルになってきて、

「夜明け前一人で高速を走った 過ぎゆく景色季節思い憤り全てをこえてみたくて」

という気持ちも何となくわかるようになりました。(高速は運転したくないですが。。。)


とりあえず今年度中にかねてからの念願だったインドと南アには行ってみたいです。

できればイスラエル(パレスチナ含)、ヨルダンも。。。

でもこの辺に行くにはお金がとーってもかかるので、とりあえず働かなきゃです。。。


ということで、28歳の目標はきちんと社会復帰をして定期的に収入を得ることです!

おそらく22歳ぐらいの子と同じ目標だと思いますが。。。

でもホントに1年以上働かずにいると、ちゃんと朝起きて電車乗って会社行って働くという作業ができるのか不安になってきます。笑。

今の生活もメリハリがなくて疲れてしまうのですが、とりあえずあと数ヶ月の学生生活をエンジョイしようと思います!

Kicking away the ladder

今更ながら週毎のリーディングとはまた別に存在している必修コース全体の必読書の1つであるハジュンチャンのKicking away the ladderを読み終わりました。

邦題だと「はしごを外せ」になり、amazonとかでも売っていてなかなかの高評価です。

他にもEconomics User’s Guideや邦題で世界経済を破綻させる23の嘘とかがあり、Economics User’s Guideはこちらもコースのプレ必読書だったので結構前に読み終わりましたがとてもわかりやすく書かれていて良かったです。

ハジュンチャンはDESTINごり押しの学者の一人です。

ソウル大学卒業後、ケンブリッジでPhDを取得し、今はケンブリッジで開発経済を教えているようです。

LSEの本屋にも彼の本が一番目立つ位置で並べられています。

LSEとは関係なしに結構話題の経済学者のようです。


DESTINが彼をごり押しする理由は彼は一貫してネオリベラリズムに強く反対しているからです。

この本はそれを政策と制度という観点から主張していて、政策は主に貿易政策で制度は特許とか競争法とか銀行とか社会福祉とか色々書いてありました。

政策的な観点では、この本に沿って言うとイギリスやアメリカは自由貿易であたかも発展したように見せかけていてそれを途上国に押し付けているけど、イギリスに至っては保護主義でアメリカに至っては幼稚産業保護が激しくそのお蔭で発展したのに、自分たちが発展し終わったら途上国に対してその発展へのはしごをけり落としているという話です。

結構詳細にイギリス、アメリカ、ドイツ、フランス、スエーデン、日本等々の貿易政策を描写しながらこの結論に至っており、なかなか信ぴょう性があります。

そして制度という観点では制度が定着するまでは長い時間がかかるものであって、ましてや特許や競争法等々先進国基準のものを植え付けたい場合には弁護士等々色々な人を教育する必要があって莫大なコストがかかるから良い制度は大事ではあるけど、あんまり現実的ではないというようなことが書いてあります。

その根拠は現在の先進国が発展しようとする段階の水準と現在の途上国の水準を比べると、現在の途上国の方が遥かに良い制度を持っていて、現在の先進国が今のような良い制度を取り入れるまでに軽く100年ぐらいはかかっているので、それを途上国に10年やそこらで達成しなければconditionを押し付けるというのはおかしいと言っています。

そして最後には良い政策と良い制度は一緒に行われなければ、あまり効果をなさないとしています。

それを行うために歴史分析を正しく行う重要性についても主張しています。

いずれにしても何を持って「良い」とするかに彼は疑問を抱いていて、先進国が今途上国に押し付けている「良い」政策は途上国にとっては「悪い」政策であり、1960-80年代に途上国が行ってそこそこ成功していた、かつ先進国もかつての発展段階で行ってきた「悪い」政策に断固反対ではしご外しをするのはおかしいという主張です。


他にも彼の学術論文は色々読まされていますが、一貫して言いたいことは同じで市場は政治と切り離せない、そしてstateの介入によって機能するものなんだという主張をしています。

この点では市場は擬製品で最初から存在しなかったと主張するポランニー的な考えに少し近いのかもしれません。

そしてネオリベラリズムに批判的なので、必ずしも全部の国に適したベストプラクティスな政策や制度はないんだと言っています。

この点ではダニ・ロドリックと主張が似ていると個人的には思っています。(ダニ・ロドリックもLSEは大好きです。)

その例として児童労働をあげていて、先進国において児童労働を規制するのは誰もinterventionだと思わないけど、途上国では有益な労働力を失うことからinterventionだと感じる場合が多く、何を持ってinterventionとするかどうかはその国々によって違うからそもそもネオリベラリズムにおける自由主義というもの自体を定義すること自体に無理があるとしています。

更に彼が言うネオリベラリズムは理性的な個人に重きを置いたネオクラシカルという単なるフレームワークと国家からの規制を激しく嫌ったAustrian-liberalモデルのunholy allianceだという主張をしています。

Kicking away the ladderもそうですがなかなか言葉のチョイスが面白いなと思います。

あと個人的に彼がすごいと思うのは、彼のmethodologyです。

学術論文ではなかったとしても、これだけ膨大な資料をあたって主張に相応しいevidenceを持ってこれるのは、エッセイとかを書く際にお手本にしなければいけないなと思います。(しかもqualitativeでこれだけできるのがすごい!)

個人的に彼が優秀である所以は、このmethodologyなのかなと思っています。

いつか機会があれば内容は大体想像つきますが、世界経済を破綻させる23の嘘も読んでみたいと思います。

世銀のチーフエコノミストのジャスティンリンもそうですが、同じアジアからこういった優秀な学者が出てくることは嬉しいことです。

いつかLSEでも日本人経済学者がごり押しされるような日が来れば良いなと思う今日この頃です。

Dissertation Workshop

Dissertation Workshopに行ってきましたー。

何もこんな忙しい時にそんなものやらなくてもって感じです。。。

思ったんですけど、うちの学部はDissertation関連の強制イベントが多すぎる!

まずDV445という単位に全く換算されない授業をMTは金曜の朝2時間、午後2時間、LTは午後2時間取らされます。

そして冬休みに謎のquantitativeとqualitative、そして人のdissertationを読んで評価をつけるというオンラインテストを受け基準値クリアしなければdissertation topicの提出は認められないという仕組みです。

しかもquantitativeに至っては受けられる上限が5回までと決まっているので、適当にやるわけにもいかず。。。

2月にもdissertation workshopがグループ分けされて既に行われています。

そして今!

Dissertation proposalを2,000 words提出して、dissertation workshop (9:15-17:45)という段階です。

このワークショップの長さもどの先生のグループにアサインされるかによって全く違うのが謎なポイントです。

しかもDissertation Workshopではプレゼンを一人10~15分行い、更に人のプロポーザルも全部目を通しコメントを一人一人に考えていかなければいけないという。。。

冗談はよし子さんって感じです。。。

ここに来てプレゼンって全くモチベーションがわきません。

プレゼンのスライドは必死に前々日に作りました。。。

人へのコメントは前日にこれまた必死に考えました。。。

グループ分けされたトピックも人によってまちまちで、私のグループは人民元が準備通貨になる得るかとかSAPとアラブの春の関係性とか何だかみんなまちまちでした。

経済系のトピックを選んでいる人が多く、そういった点では私はこのグループの中では異質な感じでした。


実際にWorkshopに行ってみると、とりあえず1人ずつプレゼンを行い、プレゼンや修論内容に対してフィードバックをクラス全員と先生からもらえるというスタイルでした。

これが30~40分のローテーションで行われます。

要するに自分以外の時間は結構手持ち無沙汰でとりあえず発言必須なのでコメントを考えることに必死なわけですが、意外と他の人の修論の話とか聞くと自分がヤバいなーと思ったり、先生の他の人へのアドバイスを聞いているのも面白かったりします。

今回私がアサインされたのは隣のDevelopment Managementのコースを教えている先生でしたが、スーパー頭が良くて&頭の回転が速くて難民問題ってなかなかフレームワークにあてはめてケース比較が難しかったりするのですが、それについても新しい視点をくれて勉強になりました!

クラスメイトからも有益なアドバイスをもらえたりして色々ヒントになりました。

そんなこんなで何かと否定的なイメージを持っていたワークショップですが、結果的には行って良かったと。

疲れたし、時間も相当とられましたが。。。

でもこれでやっとLSEで発言をしたり、プレゼンをしたりすることに終止符を打てました。

最後の最後まで大変&恐怖でしたが、とりあえず終わって良かった。。。

私の友達はこのdissertation workshopについて朝から晩までスピーキングとリスニングの英語の試験を受けているようだったと。。。


明日からはworkshopの準備で時間を取られてしまったのでテスト勉強を頑張らなきゃです。。。

インタビュー

今日は友人の友人である中国人の子の修論インタビューを受けてきました。

なんとテーマはジャニーズ文化についてだそうです。

ジャニーズについては一応人並み以上に知識は持っているつもりですが、GLAYやラルクと比べてものすごく詳しいわけではないので終始期待に応えられるような回答ができるか心配でした。。。

やはりロンドンでジャニーズファンの人を見つけるのは一苦労だそうで、今までインタビューはオンラインコミュニティーで見つけた中国人のジャニーズファンの子2人に行ったそうです。


アメリカにいた頃も「日本とアメリカの文化の違いについて」というタイトルで日本語のクラスで発表を行いたいから、動画でインタビューを撮らせてほしいと言われ、動画ができあがった後に見たら何だかとっても恥ずかしくなった記憶があります。

今日は動画はないですが、ボイスレコーダー登場で結構本格的でした。


質問は結構難しい質問が多く、どのジャニーズグループが好きかとか、どういう所から情報を仕入れているかとかベーシックなものから、ジャニーズアーティストを恋愛対象として人に紹介したことがあるかとか、テレビで見せるキャラクターは素の彼らとは違うと思うかとか、ジュニアシステムをなぜ採用しているかとか英語で答えるには結構ハードで日本語で答えるにしても結構難しい質問が多かったです。。。

とりあえず私が知っている情報は全て伝えました。

そして、その子はK-POPの育成システムとの比較をしたがっていたようだったので(特にジュニア時代のような練習期間の間に外に出るか出ないか)、むしろ私はこっちの方が詳しいので韓国の育成システムについて結構話しました。

特に最近SMエンターテイメントが若干育成システムをチェンジして、SMルーキーズというシステムを採用しているということをその子は知らなかったみたいで教えたら喜んでもらえました。

そしてそれぞれの事務所の特徴や各グループの戦略方法まで自己満で語ってしまい、この話をなかなか一緒にできる人がいないのでこんな所でK-POPの知識が日の目を見るなんて思わなかったのですごく嬉しいです。笑。

あ、ちなみに最近ハマっているK-POPバラエティはドキドキインドです。

ゆるーく観始めたけど、なかなか楽しい!

そしてRed Velvetが去年デビューした辺りからすごく好きです♡

Happinessとかかわいすぎてエンドレスリピートで、ほぼ全ての音楽番組のHappinessは観たと思います。笑。

新曲Ice Cream Cakeも逐一各番組観てます。笑。

ジョイペンでしたが、新メンバーのイェリちゃんが超かわいくて、むしろみんなかわいくて観ていて飽きないしオルペンな勢いです♡


そんなこんなでLSEに来てこんなミーハーな話ができるとは思わなかったので楽しかったです!

同時にインタビューってこういう風にやるんだなーとちょっと参考になりました。(まだノープランですが一応インタビューしろと言われているので。。。)

私も「日本におけるビジュアル系の歴史について」というタイトルでXから始まり、LUNA SEAが来て、GLAY、ラルクと繋がるビジュアルピラミッド(勝手に名付けました)について修論を書きたいぐらいです。

これならいくらでも語れるし何時間でも割ける気がします。笑。
プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR