学校初日

今日から学校が始まりましたー!

始まったと言っても授業ではなくregistrationやorientationです。

私のコースは9:30からregistration開始で、9:10ぐらいに行ったら受付してくれて待ち時間なくregistrationできました。

ただ、外に出たら超長蛇の列。

registrationに行かれる方はきっと早めに行った方が良いかもしれません。


そして私はその後申し込みをしていたeconomicsのpre-sessionalへ。

一応事前登録制なのですが、席が足りなくて人が溢れかえっていて立ち見や地べた座りの人がたくさん。

LSEしっかりしてよーと思いましたね。

結局、何人かはこのpre-sessionalに出る必要がないと感じて人数は次第に減って行きました。

英語でやっている分若干難しく感じますが、経済の基本概念をやっているだけなのでそんなに難しくはないと言い聞かせています。笑。


その後、初日からfacebookで有志主催の飲み会がパブで開催されていたので行ってみました。

Pre-sessionalで仲良くなった中国人の子は荷物を置いてから来るとかで、とりあえず一人で乗り込みました。笑。

予約席がどこかわからなかったので、facebookで見たことある顔の人に声をかけて無事潜入成功!笑

一応パブの下の階は私たちの貸切みたいなようで、色々な人が来すぎていて誰が誰だかもうわからなかったですね。。。

名前を聞いても全員は覚えられないです。

かろうじてfacebookで友達になっておけば、覚えられるって感じです。

あとは前々からfacebookで友達だった子達数名ともやっと直接話ができて、不思議な感じでした。

アジア人(特に中国人)の子がfacebookに登録していないというか登録が中国では禁止されているので、今日のイベントのことをおそらく知らずに来ていなかったのであまり見かけなかったので実際のアジア率はわからないのですが、とりあえずヨーロッパとインドは多い!

フレンドリーな感じの学生が多かったです。

economicsのpre-sessionalでは他のdevelopmentのコースの人たちとも一緒に受けているので、手あたり次第話しかけているのでコースも違うし名前覚えるのは大変だしで結構大変です。

明日は学部主催の公式receptionなので、きっとまたたくさんの人に会えますね。

その前に明日もpre-sessionalですが。。。

私たちの学部は水曜以外は毎日10時から17時まで拘束があるので結構きついです。。。


パブに行った後はお腹が空いていたので、仲良くなった中国人の女の子とディナーに行きました。

女子トークであまりに盛り上がり過ぎて、お昼もパブでもpre-sessionalでも散々喋ったのに2時間以上喋ってしまいました。笑。

実はもう1人韓国人の女の子がクラスにいて、彼女は午前で帰ってしまったのですごく話せたわけではないのですが嵐の相葉くんが好きで何回かコンサートに来たことがあると言っていたので、私のK-POPトークと合わせて結構仲良くなれました!

きっとこの子とも女子会をしたら盛り上がるに違いない!って感じでしたね。


そんなこんなで寮に戻ってきたのが22時過ぎ。

長い一日でした。。。

明日も長い一日なので頑張ります!
スポンサーサイト

マンチェスター小旅行

今日はとっても早起きをしてマンチェスターまで行ってきました!

実は昨日まさかの2回目のレミゼを見に行ってきて、帰ってきたのが12時近かったのでほぼ寝てません!

週1回レミゼを見るなんて贅沢すぎてビックリしちゃいます。笑。

今日の朝は寝ぼけてて頭の中がずっとレミゼの音楽が流れてました。


マンチェスターに行く電車はユーストンから出ています。

朝6時ぐらいに寮を出たのですが、最近のロンドンの日の出は7時頃ということで外は真っ暗。

誰一人歩いていないので、深夜に歩くより恐かったです。

土曜だったのでなおさらですね。

ユーストンからマンチェスターまでは電車で2時間30分ぐらい。

マンチェスターに降り立った感想は寒い!

激寒でダウンコート欲しかったぐらいです。

ロンドンも今日は寒いのかなと思いきや、帰ってきたら暖かかったのでやっぱりマンチェスターは寒いんですね。

マンチェスターと言えば、とりあえずサッカーなイメージです。

あとは工業地帯のようですね。

学校も結構たくさんあるようで、マンチェスター大学のビジネススクールは有名なようです。


私はまず日本人の友達と合流。

カフェで女子トークをした後に、香川やオリンピック日本代表がご飯を食べたというマンチェスターでは有名なYUZUという日本食レストランに行きました。

チャイナタウンにあって、経営は中国人だそうです。

メニューは定番の刺身系(いくら丼もありました!)から天丼、焼鳥丼まで幅広かったです。

私はいつも天丼を食べたいと思いながら牛丼を頼んでしまったりするので、今日は天丼をオーダーしてみました。

周りも天丼をオーダーしていたので、天丼が人気メニューなんでしょうか。。。

おいしかったのですが、ちょっと具が小さ目だったので個人的にはEAT TOKYOの方がコスパは良いかなと思いました。


その後、Pre-sessionalで一緒だった台湾人の友達が現在はマンチェスターにいるので彼とその友達数名と合流。

何しようかという話になっても特に何もないんだよねーという展開に。

マンUのスタジアムツアーとか行きたかったのですが、残念なことに今日はマンUの試合の日で開催されませんでした。

マンUの試合の日はすごいですよ!

もう大渋滞が起きて身動きとれません。

私たちもヨーロッパで最大面積を誇るというショッピングモールに行ったのですが、バスで30分ぐらいの距離が1時間以上かかってしまいました。

サッカーで成り立ってる街なんですね。

サッカー好きなので、私もアーセナルとかチェルシーとか観に行きたいです!


ショッピングモールはJohn LewisやSelfridge等のデパートからM&Sなどのスーパー、TOPSHOPやRIVER ISLAND等とりあえず何でも一通りそろってました。

アメリカ型ショッピングモールです。

基本的にロンドンにも全てあるブランドばかりなのですが、モールの良い所は1箇所で買い物ができる所。

ロンドンだったらこのお店はあっちにあるから移動しなきゃーとかそんな感じなので、それがないのは便利で羨ましいです。

一応Westfieldという大きなショッピングモールがロンドンにもあって西の郊外に住んでいた時は電車で見えたりしたのですが、今は東の方に住んでいるのでよっぽどの用事がないと行かないですね。

Westfieldはちょっと行っておけば良かったなと後悔してます。

そして、今日の夕ご飯はモール内で私がアメリカでよく行っていたFIVE GUYSというハンバーガー屋さんを発見したのでそこで食べました。

何だかとっても懐かしい味がしました!

実はロンドンにも店舗があるのですが、ロンドンでは大行列で買う気になれないのでこのタイミングで食べれて良かったです。

ベーコンチーズバーガーは絶品です!


そんなこんなで渋滞もあり、マンチェスター小旅行はショッピングモールで終了してしまいました。

帰りのロンドン行きの列車はマンUファンだらけ。

みんなアルコールが入り、とーーーーーーってもうるさいのです。

何かサッカー観戦後の治安が若干悪くなる理由がわかりました。

日本の新幹線って改めて静かなんだなーとふと懐かしくなってみました。


時間で考えると今日は東京-大阪を日帰り観光したって感じですかね。

そう思うと結構旅したなって感じです!

学校が始まるまであと1日!

残された猶予期間を明日は精一杯楽しもうと思います!

未来のコースメートとご飯

日本からの荷物も無事届き、寮での生活環境が整ってきました。

まさかの航空便より船便の方が中身の押しつぶされ感が少なかったです。

今日は寮の近くで昼にしか空いていない小さい手作りサンドイッチ&サラダのお店に行ってみました!

作る所を見ていると本当に簡単なサンドイッチなのですが、すごいおいしかったです!

激混みだったので、おいしいお店なんですね。


その後、一通り自炊セットと食糧を近くのスーパーでゲットしました。

普段料理とか全くしないのですが、必要に迫られた時は意外に作ったりもします。

今回は割とビジネス街に住んでいて、ちょっと寝巻で外に出て何か買って来よう~というのができない場所なので、朝ごはんからがっつり作ろうと思って色々買ってしまいました。

明日から色々作ろうと思います!

明日の朝ご飯はイギリスBill'sで食べたエッグベネディクトサーモンのせ with バジルソース&マッシュルームソテー&オニオンスープの予定です!

普段料理しない割には凝ったものを作りたいという不思議な性格です。


そして、今日はまだ学校は始まっていないのですが、facebookで事前にプライベートメッセージを交換し合っていたコースメートと夜ご飯に行ってきました!

タイ人の女の子と韓国人男性です!

実は結構未来のコースメートからプライベートメッセージって来たりするんですよー。

メッセージだけでなく、コメント等を残してくれたりもしてくれて、そういう子が5人ぐらいいます。

2人は今週まだロンドンに着いたばかりなので、ここは既にロンドン歴2ヶ月ぐらい経過しようとしている私がリーズナブルなレストランを案内しなければと思ったのですが、意外とリーズナブルなレストランを知らないという残念な結果に。。。

結局、タイ料理&カフェに行って、大好きなガッパオが激辛で今でも胃が燃えたぎる感覚です。

2人ともものすごく英語が上手で、他のコースメートもこんな感じかなと思うと私ヤバいなと危機感を感じました。。。

タイ人の子は15歳からインターに通っているらしく、大学は香港でずっと英語だったそうです。

韓国人男性は英語を真剣に勉強し始めてからまだ1年でヤバいヤバい言っているのですが、韓国アクセントもなくものすごくナチュラルでとっても上手でした。

彼は途上国でのボランティア経験も豊富でスペイン語もちょっとできるそうなので、言語適応能力が高いんですかね。

彼がヤバいなら私は超超超ヤバいです。

コースのこととか今までのバックグラウンドとか色々話せてすごく楽しかったです。

帰りは学校から寮までバスで行ったことがなく、まさかのバス亭わからない騒動で2人も一緒に探してくれてお見送りしてくれました。

仲良くなれて良かった!

私のコースはregistration初日から飲み会が企画されているので、こんな感じで友達増やせていけたらいいなと思います。


そして、人の繋がりという点ではもう1点!

前回の開発勉強会で知り合った女の子から私が興味のあったイベントが今週末開催される予定ですーとのお知らせをもらいました。

残念ながら今週は予定をなぜか入れまくってしまったので行けないのですが、来月のイベント予定も教えてくれて来月はちょっと郊外まで行ってきます!

そのイベントは他大のもので、ロンドンにいるとなかなか情報が入りにくいのでこういう風に情報を知らせてくれる子がいるとすごく助かります。

やっぱり人脈って大事ですね。


そんなこんなで学校が始まるまであと3日なのですが、毎日フルで予定を入れていて今ならリア充というカテゴリーに入れるんじゃないかという感じです。

これからも勉強は大変だろうけど、もっと楽しくなれば良いなーと思いました。

入寮完了!

寮にやっと入寮できました!

実は私の部屋は電子レンジが壊れていたらしく、私がいない間に勝手に最新型のレンジに変えられていました。

あとは食器棚の金属結合部分が壊れていたので、それも修理をお願いしました。

何だかんだ色々壊れてますね。

水回りもものすっごいキレイというわけではないです。

でも広さはそこそこあります。

なぜだかわからないですが、ベッドのボックスシーツがダブルサイズでなければ入りきりませんでした。

布団はシングルでいけたのに不思議ですね。

ということで、シングル用のボックスシーツだけ無駄になってしまいました。。。

HPに書いてある情報と違う気がするのは気のせい?

私はスタジオだからベッドが少し大きいのでしょうか。。。

ベッドリネン関係は昨日Oxford CircusのJohn Lewisで一気にまとめ買いしました。

重かったー。。。

なぜか今日もボックスシーツだけ買いに行ったりして、地味にOxford Circusは結構遠いので疲れました。。。

ベッド用品って買う時に単語が結構難しかったりします!

Duvetって何?とかtogって何?とかそんなこんなで結構選ぶのを迷ってしまいました。

今日はついでにポーチドエッグを作るキットとアボガドの皮をキレイにむく便利用品を買ってきてしまいました。。。

無駄にならないように頑張ります!


あとは今日はフォートナムメイソンにも行ってきました!

あれはヤバいですね!

天国です!

もっとお腹空いている時に行けばピスタチオエクレアを絶対食べてました。笑。

結局クロテッドクリームのビスケットと紅茶2種類を購入して帰りました。

紅茶とか普段飲む生活をしていないのですが、ちょっとティーラテとか作ってみたいなとか思ったりしてます。


そして、今日はイギリス国内引っ越し業者さんに頼んでとりあえず現段階で周辺にある荷物を一式全部運んでもらいました。

先輩からもらったプリンターがすごい存在感を出しています。笑。

午前はひたすらアンパックして疲れましたー。

まだまだ収納箱とかも届かない&日本からの荷物も来ないので結局ちゃんと整理できるのは今週末とかになりそうです。。。


そして、困っているのがネット!

Wi-Fiが9月までには使えるようになるよっていう文章をHPで見たのに、結局使えず。。。

さっきReceptionで聞いたら来週には使えるはずと言ってたけど謎です。。。

Reeptionに色々聞きすぎてまたこいつか的な感じになってます。笑。

今はテザリングでネットをつないでいます。

なんと私が持ってきたホテルでWi-Fiとかという有線を無線に変える器具は日本国内でしか使えないという盲点が。。。

この時代にそんなドメスティックな電化製品があったなんて気づきませんでした。。。

そしてテザリングでも何と私のPCは繋がらず、持ってきたSurfaceは繋がったので助かってます。

Surfaceは一応普通のPCと同じスペックなので、持ってくるか悩みましたが持ってきて良かったー。

今日は一応ポケットwi-fiも契約した方がいいんじゃないかと思い、電化製品屋に行っちゃったほどです。

でも来週に使えるようになるならちょっと様子を見てみます。。。

授業選択

昨日はスペインから帰ってきたばかりで、ほとんど寝ていないのにまたまた水が出ない騒動で深夜1時頃までゲストハウスのスタッフの方がいてバタバタでした。

結局水は出ず、私は近くにたまたまこちらで結婚生活を送っている友達が住んでいたので、朝シャワーを借りることができました。

旦那さんがちょうどお留守だったので、シャワー後にちょっとお茶もできちゃったりしてそれはそれで楽しかったです。

この物件に住んで水が出ない&お湯が出ない騒動はかれこれ2ヶ月間に3回以上あり、水が出ないのは本当に困ってしまって疲労感たっぷりです。

でもそんな私も明日から遂に学校の寮に入れます!

わーい^ ^

超嬉しい!!!

きっと快適すぎて泣きたくなっちゃいます。笑。


そして今日は何と先月日本に帰ったばっかりの先輩がロンドンが恋しいということで、今日いらっしゃったのです!

戻って来るのがとっても早くてビックリです!笑

既に今学期の開講科目が公開されているので、より具体的にお話を聞けて本当に為になりました。

しかも何と日本からお土産まで買ってきていただいてビックリでした!

優しすぎてとっても感動しました。

しかもとってもおいしいチョコアーモンドビスケットで日本のお菓子のおいしさの余韻に浸ってます。笑。


そんなこんなでLSEも来週からRegistrationが始まるので(一部は今週から始まっているようですが)何を取ろうかAcademic Advisorは誰が良いかなとか決めて行かなければなりません。

私の所属するDevelopment Studiesは必修が2つあるので、残りはHalf Unitの授業であれば4個、通年であれば2個取れるのです。

Development Studiesは一応他学部の取れる授業もリストしてくれていて、もちろんリストになくてもリクエスト次第で授業履修は可能なのです。

リストしてくれている授業が私の興味のあるものはほぼHalf UnitのMT(最初の学期)ばかりでLT(2学期)にはないんじゃないかという。。。

基本的にHalf Unitは嫌なのですが仕方ないですね。

LTはもう興味のある分野で開講されているものが少ないので、仕方がないのでリストにない興味のある授業を開拓してみました。

またAcademic Advisorと相談して決めることになるかと思いますが、私の中では何となく決まりつつあります。

学部の頃と比べると取る授業が少なくて変な感じです。

それだけ負担は大きいんでしょうね。


ちょっと気が抜けていましたが、いよいよ本格的に学校が始まるので気を引き締めて頑張りたいと思います!

バルセロナ旅行

遂に念願のバルセロナに行ってきました!

サグラダファミリアがずっと見たかったのです。

日本からは乗換しないと行けないのに、ロンドンからはなんと飛行機2時間で行けてしまう距離なのです。

が、レミゼを観る前にロンドン中華街で食べた台湾料理にあたってしまい、まさかの前日の深夜に腹痛で寝れず。。。

私以外にもそれを一緒に食べた方々は皆さん腹痛に苦しんだようなので、完全に食あたりです。

食べたのは小龍包と焼きそばと角煮ご飯であたる要素なんてないのですが、ロンドンで食あたりなんてあるんですね。。。。

皆さんもお気をつけください。。。

私は旅行に行くということもあったし尋常じゃない腹痛だったので、念のため病院へ。

日本語が通じる病院が運よく近くにあったので立ち寄ってから空港に行くことに。

本当に普通の日本の病院で、ものすごく丁寧で良かったです。

具合悪くなったらまたここに来ようー。

そして、イギリスの薬は効き目がとっても良くて私の腹痛はその後良い感じに収束に向かうのでした。


今回はブエリング航空という聞きなれない名前のエアラインでガトウィックからバルセロナまで行ってきました。

このブエリングというのはスペインのLCCだそうで、結構ヨーロッパ内では大きなLCCのようです。

私はExpediaを通じてホテルとパッケージで予約したので、単体の値段はわからないのですが値段もすごく安いみたいです。

LCCというと遅延等色々問題があるようですが、私が乗った時は30分~1時間ぐらいの遅れでそんなものかなーという感じです。

搭乗口は直前までわからないので、電光掲示板を逐一チェックです。

LCCに乗るのが初めてだったので、飛行機大嫌いな私としては緊張だったのですが、座席は確かに狭いけど割と清潔感も高めでロゴもかわいくてFAさんもフレンドリーな感じで良かったです。

スペインと言えば私の頭の中で思いつくのがイベリア航空ぐらいしかないので、ブエリングの存在感はスペイン内で結構大きいようです。


そして気候!

ロンドンは秋真っ盛りで若干寒いですが、スペインは夏!

服装間違えました。。。

マキシワンピとサンダルとかにした方がバルセロナ感があって良かった気がします。

むしろ日中は暑くて暑くて溶けそうなので、サングラスを忘れずに!


スペインと言えばガウディ!

カサミラとカサバトリョは物凄く普通に道に建っていてビックリしました。

カサミラは工事中で表からはほとんど見えず。。。

でも私はカサバトリョが好きだからいいもんって思い、事前に夏の間だけ(しかも週3日だけ)開催されるというカサバトリョのマジックナイトのオンライン予約をしていました。

これはガイドブックとかにも書かれていないのであまり知られていないのかもしれませんが、お勧めです!

カサバトリョのオーディオガイド付きで内部見学が終わり次第若干の待ち時間を経て、カサバトリョ内で音楽鑑賞をしながら生ハムやらチーズやらをいただくという素敵なイベントなのです。

カサバトリョの中でご飯が食べれるなんて滅多にないですよ!

庭でご飯を食べてもよしなので、本当に素敵です。

そしてサグラダファミリア!

私はこれを一番楽しみにしていましたが、やっぱりすごいです!

今となってはガウディの意思を継いで、違う方々が建築を進めていますが、ガウディへのリスペクトが凄い!

こちらも日本語ガイドさんのついたツアーを申し込んだのですが、やっぱり日本語ガイドさんいた方が普通に見るより断然楽しいです。

中もとってもキレイ。

カタルーニャ音楽堂も行ったのですが、スペインの建築はやっぱり陽が射すことを前提にして自然の光をいかに建物内に取り込めるかというのがテーマな気がします。

これは陽が多いスペインだからできるんでしょうね。

ロンドンでは無理です。笑。


そしてピカソ!

クラシックもミュージカルも大好きですが、絵だけはどうしてもわからないのです。。。

そんなこんなで絵には勝手に抵抗があったのですが、こちらでもオーディオガイドが大活躍!

絵1枚1枚に解説がつくのでとっても良い感じで鑑賞できるのです。

ピカソってイメージ的には幾何学的なでたらめな絵のイメージでしたけど、初期の頃は普通の人物画の油絵とかも描いたりしていて意外でした。

絵を描く人はやはりみんな最初は学校等でああいうきちんとした絵の手法を学ぶんですね。


そしてフラメンコ!

こちらもコルベドスという有名な所にフラメンコを観に行きました。

あの脚の細かなリズムの刻み具合がすごくて、ものすごく痩せそう~とか思ってしまったりしました。

でも実際はああいう踊りってちょっとぐらい肉付きの良い方が見栄えがするので良いと聞いたことがあります。

確かにあんなにものすごく動いているのに、ものすごくい細い人は誰もいないというとっても失礼なことを考えてました。笑。


そしてご飯!

ご飯はロンドンと比べると安いし、とってもおいしいです。

何となく入ったカフェで食べたイカ墨パエリアがすごくおいしかったり、ピンチョスが種類が多すぎて選べない!なんてことも。

チュロスもディズニーランド以外で食べることってあんまりないので、すごくおいしかったです!

生ハムはイベリコ豚の綺麗な赤色が鮮やかで肉厚でしょっぱくなくて本当においしい!

朝からハム何枚食べたかわからないぐらいハムを食べてます。


言語はバルセロナはほぼほぼ英語が通じるので困ることは特にないかと思いますが。やっぱりその土地である程度自分で動きたいなら簡単な旅先会話ぐらいはできるようにしたいなというのがポリシーです。

その方が人も打ち解けてくれて新しい世界も広がる気がしますし。

ということで、おそらくフランス語と置き換えをすれば割といけそうな気がするので、とっても簡単な単語ぐらいはスペイン語も覚えておこうかなと思うようになりました。


そんなこんなで念願のスペイン旅行は無事終了しました!

やっぱりヨーロッパにいると色々旅行できて良いですね^ ^

次回行きたい!と思う場所はクリスマス周辺のドイツです!

レ・ミゼラブル

今日は念願のレミゼを観てきました!

今回はお一人様ではなく、ゲストハウス仲間と3人で行ってきました!

レミゼって実は映画も観たことないので、どういう話かよくわからないので大まかなあらすじはちゃんと予習して行きました!

ただ文章で見てもイマイチピンと来ないんですけどね。。。

ちょっと時代背景とかもあるので、色々難しい話なのです。


結果、話が全て理解できなくてもやっぱり最後はとっても感動しました!

夜公演ということもあって、観客の盛り上がりは最高潮でそれもあいまって何か涙ぐんでしまいました。

内容とか全部細かくわからなくてもこんなに人を感動させられるってやっぱり出演者の力量だと思うので、本当に素晴らしいですね!

最後は親子(じゃないけど)愛に感動してしまいました。

コゼットの子供時代もかわいかったなー。

映画は観たことなくてもDo you hear the people sing?とI dream a dreamぐらいは知っているので、やっぱり知っている歌を生で聴くと感動しますね。


話がわからなかったと言っても要所要所はわかっているので、正にフランスのスローガン「Liberte, Egalite, Fraternite」を象徴するような舞台だったと思います!

と言うより正にその内容ですね。

この要素全て描かれてる気がします。

どこの西洋諸国も自由という権利を勝ち取る為に様々な流血的な歴史があって自分たちで勝ち取ったからこそ、西洋諸国では自由や平等を大切にしていると思いますが、個人的にはフランスがやっぱりその一番の象徴なのです。

当時の帝国だったこともあり、フランス史って奥深いですよね。

それだけに覚えるのも一苦労ですが。。。

レミゼを観る前にフランス全盛期(ナポレオンやらヴェルサイユ宮殿ができた辺りの)の歴史をさらっと一通り復習していくとレミゼもこの中の一部の話なんだなと思えるので、楽しいかもしれません。


いやーミュージカルにすっかりハマってしまいました。

一緒に行った方々もすっかり感動していて、ミュージカル鑑賞の会を作ることにしました!

私の強い要望でオペラ座の怪人の夜公演は絶対観たいということで、これは実現しようということに。

あの後の私のオペラ座のハマり具合がヤバくてファントムに軽く恋してるんじゃないかレベルです。笑。

やっぱりオペラ座のミュージカルはファントムの力量に依ると言いますか、ファントム次第でファントムの声が素敵なんです。

ファントムの歌にいつもうっとりしてしまいます。

あのカリスマ性と言い、クリスティーヌの最後の行動は理解できないですがクリスティーヌが不思議な魅力を感じてしまうは超わかります!

ロンドンのRoyal Albert Hallで25周年記念公演をやった際の映像を観たのですが、これがRoyal Albert Hallの雰囲気もあってファントムもとっても素敵で眠る時に聞くとすやすや眠れそうなそんな感じです。笑。

そして、何と今季の羽生くんのFSがオペラ座の怪人だって言うじゃないですか!!!!

今季からボーカル入りの曲を使用するのがOKになったので、ファントムの素敵な声も聞けちゃいます!

これは要チェックですね。

ファントムっていう視点で見ると大ちゃんの方がファントムっぽいですが、羽生ファントムも楽しみです。

内容は鬼プログラムのようですが。。。

でも個人的にはオペラ座の怪人は競技とかじゃなくて、エキシビとかで衣装とかも凝って観てみたいプログラムだったりします。

今季のフィギュアは全体的にオペラ座の怪人を使うのが人気みたいですよ。


そんなこんなでオペラ座の怪人の夜公演がますます楽しみになりました!

それまで映像観てうっとりしながら過ごします。笑。

深夜12時を超えてますが、明日からは近場の海外旅行に行ってきます!

早く寝なければ。。。。

オペラ座の怪人

今日はオペラ座の怪人を観てきました!(ネタバレ満載です!)

オペラ座の怪人はHer Majesty Theatreというピカデリーのすぐ側のシアターです!

オペラ座の怪人は小学2年生の頃毎週読書感想文を書かなければいけなくて、すごくお気に入りで何回も読んでいました。(話と言うよりはクリスティーヌの絵がかわいかったという理由な気がします。)

その後、アメリカにホームステイをしていた時ホストファミリーが映画大好きで、毎日のように映画館に連れて行ってくれてたのですが17歳の私はphantomという単語がわからず、Phantom of the Operaを観に行ったにも関わらず、それがオペラ座の怪人だとわかったのが何と日本帰国後に日本で映画が公開されてからという珍エピソードもあったりします。

あとスケートの高橋大輔選手もだいぶ前ですがオペラ座の怪人を滑っていて、大ちゃんにぴったりであのプログラムすごく好きです!

羽生くんのロミオとジュリエット、大ちゃんのオペラ座はお互い超適役だと思います!

最近では鈴木明子選手もオペラ座の怪人を滑ってましたよね。


オペラ座の怪人のシアターはこじんまりとしていますが、内装はまるでパリガルニエのような感じ。(パリガルニエの方が間違いなく豪華ですが。。。)

3階まで席があって、今回の私の席は2階の2列目。

開演するといきなりシャンデリアが客席を通過して天井まで!

可動式シャンデリアにビックリ!

その後もファントムがゴンドラ的なのに乗って歌ったり等色々アクティブに物が動くので、1階席よりも高い席の前の方が楽しいかもしれません。

ミュージカルというよりは、当たり前ですが若干オペラ要素も入っているのでオペラ鑑賞している気分になりました。

衣装もすごくキレイです!


オペラ座の怪人はストーリーがすごく哀しいですよね。

私はファントムの気持ちがすごくわかる気がするので、最後の方のファントムがどんなに頑張ってもクリスティーヌは手に入らないんだと悟った瞬間は切なくて涙ぐみたくなってしまいます。。。

またそれを後押しする音楽が良いんですよね。

好きな人が違う人を好きになってあらゆる手段を尽くしたのに、自分の目の前から2人で消えてしまうってどんな気持ちなんでしょう。

でもそれでもクリスティーヌの幸せを考えて逃したファントムを私は偉い!と思ってしまうのです。


そして、映画とミュージカルでは結末が少しだけ違うのです!

映画だとクリスティーヌがラウルと結婚して亡くなった後、ファントムがクリスティーヌをまだ愛していてお墓に赤いバラをまくというシーンで終わった気がします。

ミュージカルだと皆がファントムを捉えようと探しに来たけど、残っていたのは仮面だけというシーンで終了です。

個人的にはファントムの愛が無償で永遠なんだとわかった映画版の結末の方が好きだったりします。

でもそれはそれでやっぱり報われないんだということがわかって哀しかったりもするんですけどね。。。


実はこのオペラ座の怪人という話は半分ぐらいはノンフィクションなんだそうです。

実際にパリガルニエには地下水道に人が住んでいて、ちゃんとボートとかもあったとか。。。

そして、シャンデリアが実際に落ちて人が亡くなったこともあったりして幽霊説もあったとか。。。

ということでそんな実話をうまく組み合わせて恋愛要素を入れながら、私たちの知っているオペラ座の怪人ができあがったのです。


できれば、これは本物のパリガルニエで是非とも観たい!と思うのですが、パリではこの話はオペラとしても上演されていないそうです。

まぁまさか本物のパリガルニエでシャンデリアを落としたりとかするわけにもいかないですからね。。。

でもやっぱり本物のオペラ座で観た方が気持ち的には盛り上がるし、絶対みんなもそう思ってると思うからお金になるのにって思ったりしました。


オペラ座の怪人は音楽がすごく好きで今回観てとても気に入ったので、ロンドン滞在中に何回か観たいです!

きっと出演者が違うとまた違った印象になるはず!

次回ミュージカルはレミゼラブルです。

こちらも音楽が好きなので、楽しみ!

ハリポタスタジオ

今日は念願のハリーポッタースタジオに行ってきました!

ヴィクトリア駅からハリポタラッピングのバスに乗って1時間30分、スタジオに到着。


扉をくぐれば歴代のハリポタ写真がたくさん。

ダニエル・ラドクリフの子供の頃かわいかったなー。

ツアーに参加する前にまずオーディオを借りましょう!

日本語があります。

あとはInformationに聞けばパスポートというスタンプラリーみたいなカードももらえるようです。

中に入るとそこはハリポタ一色。

テーマパークと言うよりはホントにスタジオ!って感じて、セットがたくさん並んでました。

見れば見るほど芸が細かいと言うか細部までこだわり抜いて何でも作られていて感心しちゃいます!

合成の箒写真もエンジョイしちゃいました。


そして、念願のバタービール!

バタービールと言えばハリポタを読んだ時からどんな味なのかものすごく気になっていたのですが、何とも言えない味でした。。。

ビールっぽい味のノンアルコール炭酸の上に、生クリームがのっているとしか言いようがありません。

スーベニアカップの大きい方で飲むと雰囲気が上がってお勧めですが、持ち帰る際はビニールか何か中をざっくりふけるウエットティッシュもあわせて持って行くと非常に便利です。

お土産屋さんではお菓子やら制服やら色々なグッズを買うことができます。

私は何と絶対に必要のない制服を購入してしまいました。笑。

ハッフルパフの色が私は一番好みだったのですが、ここはやっぱりグリフィンドールにしておきました!

私は普段からスクールコーデ?的なのが好きなので、意外と使える機会があるかもしれないことを願ってます。。。


そして、ヴィクトリアに戻ってからはOlivoというおいしいと評判のイタリアンのお店へ。

要予約です!

今日も平日の夜にも関わらず満席でした!

ここの大評判料理はカラスミパスタ。

なのでもちろん私もそれをオーダー。

おいしい!

これはリピーターがいるのがわかりますね。

何というか独特のクリーミーさと旨みのあるクリームが細麺と絡み合ってすごくおいしくて、後を引く味です。

ワインをグラスで1杯、前菜シェア、パスタ、デザート、ラテで1人50ポンドまたまた行きましたー。

もうちょっと良さ気な所で食べると50ポンド超えは確実ですね。

1ポンドは100円だと言い聞かせないと楽しい生活はできなそうです。。


そして、お店を出た後、肝心のハリポタの制服を忘れたことが発覚!笑

急いでお店に戻って聞いたのですが、既に食事をしているお客さんがいて一応お客さんにも聞いてもらったし店員さんにも見てもらったのですが、食事中&店内も暗いということもあり見つからず。。。

結局、見つかったら電話してもらえることに。

でも、ここはイギリス。

こういうパターンでは絶対電話はかかってこないと思っていましたが、何とさっきかかってきたー!

何かマネージャーさんっぽい偉い人だったけど、この方日本人がお店によく来るからかパスタの日本語名(カラスミとか蟹とか)を知っていて言ってくれるのです。

電話口でもハリポタの袋だよねと笑われてしまい、ちょっと恥ずかしかったです。笑。

イタリア語全開の英語ですが、気さくな良い方でした。

ということで、サービスもきちんとしている良いお店なのでお勧めです!

私もリピーターカラスミしたいです!

Wicked

今日はWickedのミュージカルを観てきました!(少しネタバレありです。)

ミュージカルと言えば夜遅く終わるものが多いのですが、Wickedやオペラ座の怪人は週に何回か昼公演もやっているのです。

ブロードウェイでヘアスプレーを観て以来、ミュージカルってすごいなーと思い、それ以来シアターのある街を訪れる際は必ずミュージカル鑑賞をするようにしています。

Wickedには苦い思い出があり、大学2年生の頃留学先のワシントンDCから人生初のNYに週末で行くことになり、初NY!初ブロードウェイ!と超おのぼりさん気分でWickedを予約し楽しみにしていたのですが、なんとタイミング悪くストで観れなくなってしまったのでした。

その後もなぜかWickedではなくシカゴを観てみたり等、観るに観れない状況が続き正に7年越しのWickedなのでした。


ロンドンでシアターと言えばピカデリーからレスタースクエアーにかけてあるものがほとんどですが、WickedはVictoria駅にシアターがあり少し離れています。

駅前にシアターが見えるのですが、Victoria駅が工事中で渡りたい方向に渡れず思ったよりたどり着くのに時間がかかりました。

若干迷うことも考えて早めに行った方が良いかと思います。


今回の私の席は2階席の前の方。

なのでかなり見やすかったです。

平日の昼公演だからか2階席はものすごくガラガラでした。

1階席はどうなっているか見えないので、どんな状況だったかわからないのですが。。。

きっと直前に買うとチケットはもっと安くなったのかと思います。


Wickedは開演前からセットが結構豪華!

ドラゴンがいたりとか、幕に地図が描かれていて光っていたりします。


歌はもちろんですが、Wickedは衣装もかわいくてセットも凝っていて視覚的にもすごく楽しめました!

何よりも何となく記憶にあるオズの魔法使いの話とリンクしているので、あのブリキはこうやってできたんだなーとかオズの魔法使いに出てくるお姫様キャラみたいな人はこの人なのかなーとか悪い魔女ってこういう風にできたんだなーとか色々思い巡らすことができます。

それにしても主人公2人の気持ちが何かお互い強がっている感じだけど、その中に友情もあって何か切ない気持ちになりました。

エルファバが死んじゃったと思った時はものすごく悲しくなりました。。。(でも結局は死んでなくて、グリンダの元恋人とさり気なく誰にも知られずに逃亡するというオチだったのですが。。。これじゃホントにWickedじゃんって感じですね。)

何だかそうなると頑張ってるグリンダがかわいそうに思えてきました。。。

という複雑な感想を残して舞台は終了しました。


ミュージカルの醍醐味と言えば、ミュージカル終了後の出演者の人たちの挨拶!

海外なだけあってこの瞬間はものすごく盛り上がるから好きなんですよね。

主人公の2人が出てきた時の拍手と歓声はやはりすごかったですね。


次回鑑賞予定ミュージカルはガラっと雰囲気を変えてオペラ座の怪人です。

実は重い内容のミュージカルって観たことないので、ちょっとドキドキです。
プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR