スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白い授業

学校も2週目を迎えて慣れてきたような慣れていないようなそんな感じです。

だんだん自分が嫌いというか苦手な授業がわかってきたのですが、私はAcademic Readingの授業が一番苦手で苦痛なことが発覚。

午後の授業なのでとにかく眠くて、興味のない内容だと更に辛い。。。

これじゃダメだとわかっているけど、私の中でreadingはその日のコンディションに左右されまくるんです。

昨日わからなくても次の日読んだらあっさりわかったなんてしょっ中です。

読み物が多い大学院でこんなんでやっていけるのか非常に不安です。。。

いつからreadingがこんなに苦手になってしまったのでしょうか。。。


そして、今日の授業は何だかヒートアップして面白かった!

Seminar Skillというクラスで、その名の通りSeminar Skillを学ぼうという試みのクラスなのですが、Controversial Topicについて各自スピーチを用意してくることという宿題がありました。

私のグループはフィンランド人と韓国人と中国人と私という組み合わせで、東アジア特有のセンシティブな問題に触れまくって東アジア人同士でものすごくヒートアップし、それをフィンランド人の彼が客観的に見守るという面白い展開に。

このトピックを持ってきた韓国人の彼もこの問題でこんなにヒートアップするなんて思ってなかったみたいでビックリしてました。笑。

本当に結構聞いて良いのかな?と一瞬躊躇するような内容を結構聞いたり話したりしているので、東アジア情勢にものすごく興味のある私としては楽しかったりします。

あ、ちなみに私は開発援助は植民地化と似ているか否かについて持っていきましたが、これも結構盛り上がりました。

そんなこんなで昔結構好きだった「なかよしTV」という中国人、韓国人、日本人でお互いの文化について語り合うというテレビ番組のような展開に授業がなって面白い1日でした。

断水

日曜日にアフタヌーンティーを楽しんで帰宅した直後に断水が起きました。

原因は雨。

雨で水道管が氾濫したそうです。

そんなに大雨は降ってないんですけどね。。。

西ロンドンの結構広い範囲でこの現象は起きていたみたいで約1日水が使えない状態でした。

ということで、私は今日までKing's Crossのホテルに避難してました。

まぁ結局そんなに避難する必要性はなかったのですが、ゲストハウス暮らしにも息詰まっていたので良い機会だったと思います。

King's Crossのクリスタルケバブというケバブ屋さんに行ったら思いのほかおいしくて、お勧めです。

駅を出て左の所にすぐあるので、周辺に行かれる方は是非ー。


まぁそんなこんなで断水は非常に困るわけですが、私こういう目に合うのは実は3回目です。

雨女ならぬ断水女になりそうです。。。

1度目はまさかの日本で。

NYの旅から帰ってきたら、水が全く出ず深夜だったので誰にも連絡がとれず結局今から泊まれるホテルを探して時差で疲れた体にムチ打って重い荷物を引きずりそのままホテルに行きました。

まぁ旅行から帰ってきた所だったので、ちょうど荷物はまとまってて移動には困らなかったのですが。。。

水道局に問い合わせても料金の未払いがあるわけでもなく、何でだろうと思い不動産会社に問い合わせて見てもらったところ何とか弁というものが壊れていて水が私の所まで来なかったそうです。

すぐに取り替えてもらったので直りましたが、焦りました。

2度目はパリで。

パリは普通に断水するので別に珍しいことではないんですが、私は被害には合わずお隣の日本人の方が被害に合われました。

同じ建物でも使っている水道管が違うようです。

ということで、しばらくシャワー等を貸し出していました。

普段は当たり前のように使っている水だけど、実際にこういう事態になるとライフラインの大切さが身に沁みます。


とっくのとうに水道は復旧していますが、今日やっとゲストハウスに戻ってきました。

あと1ヶ月以上ゲストハウス生活が続くと思うとちょっと萎えてしまいます。

早くセンター部分に引っ越したい!

アフタヌーンティー@ブラウンズホテル

今日はロンドンに来たら絶対満喫したかったことの一つ、アフタヌーンティーに行ってきました!

私たちが行ったのはブラウンズホテルのEnglish Tea Roomという結構有名なアフタヌーンティーのお店?というかホテル。

中に入るとそこはアールデコ調の家具が並べられていて、音楽も流れていて昼下がりにはぴったりの雰囲気。

実はアフタヌーンティーって過去にロンドンに来た時にHISの特典でついていた所にしか行ったことないので、マナーや仕組みがさっぱり。

とりあえずサンドイッチとお菓子が出てきたので、サンドイッチから食べ始めました。

サンドイッチも上品な味で、私の大好きなサーモンサンドイッチがあったのでテンションアップ!

お菓子もものすごく甘いものからそんなに甘くないものまでバランス良くミックスされていて、良かったです。

甘いものがあるとサンドイッチもものすごく進む&なくなると持ってきてもらえるので、結構な量を食べてしまいました。

そしてお待ちかねのスコーン!

スコーンは食べやすい大きさで、クリームとストロベリージャムにつけて食べるのですが、見たことのないクリームでした。

何かちょっと固めで、日本のアフタヌーンティーとかで食べるスコーンとはちょっと違う感じでした。

自家製ストロベリージャムもすごくおいしかったです。

そして、スイーツももう一巡持ってきてもらえるのですが、それとは別にストロベリータルトとヴィクトリアケーキを頼んだところホントに1ピースずつやってきてビックリ!

カロリー過多です。笑。

ストロベリータルトは甘すぎず、素朴な味でおいしかったです。

ヴィクトリアケーキというのは初めて食べたのですが、イギリス独特のケーキらしくスポンジにジャムをしみこませたようなケーキだそうで、ものすごく甘い。

紅茶とは合いそうです。

紅茶も色々な種類があって、種類を変えて頼める感じでした。

サーブしてくれた人も感じ良くて良かったです。

そしてお会計。

約46ポンドでした。

決して安くはないですが、こういう思い出はプライスレスなので!

他のアフタヌーンティーも色々開拓してみたいです。


そして昨日は先輩主催の飲み会に行ってきました!

主にLSEの開発関係の方が集まる飲み会だったのですが、違う学校からもたくさんいらしゃっていました。

いやーさすが先輩です。

もう人脈が広すぎて、かつホストの役割も全員にきちんとしていて色々な方を紹介していただきました。

フットワークがとても軽くて、面倒見も良くて、お話を聞いてると1日何時間あるんだろうとかちゃんと寝てるのかなとか思ってしまいます。

何だかいつ見ても、お忙しそうで。笑。

色々なアドバイスをいただきますが、私が同じように行動したら確実に即ダウンです。笑。

留学はこうあるべきだというロールモデルのような方ですね。

こういう尊敬できる&ロールモデルにしたいような方と出会えるのは、留学の醍醐味だと思います。


そんなこんなで昨日は22:30頃に滞在している駅に到着したのですが、薄々感じていましたが恐い!

駅から近いとか遠いの問題ではなく、それは建物の構造の問題で、家に入る為には建物の裏に回らなければいけないのですが、裏に行くためには人2.5人分ぐらいが通れるような狭い階段を昇って後ろに回らなければなのです。

昼間そこを通る時も、タバコやお酒のゴミが落ちているので、何となく溜まっている感はありましたが昨日は案の定数人が溜まっていました。

しかも暗すぎて明かりがないので、顔すら見えない!

何人いるかも定かではないんです。

ということで階段を昇ろうとしたのですが諦めて、もう1つの階段を使うことに。

こちらは誰もいなかったのですが、本当に真っ暗で灯りもないので恐かったです。

階段に誰もいなくても、その先に誰かいるかもしれないしホントに危険です。

裏に回ってからも家のドアまで何軒か家を通りすぎなければなのですが、本当に暗い!

土曜日の22:30なのに、どこの家も灯一つなく、テレビ等の物音一つもしないなんて。。。

一応表のスーパーやレストランが23時までやっているので大丈夫かと思っていましたが、それとは全く関係なく危なかったです。

と言うより、ここに物件を借りること自体若干危険なのでは?と思ってしまいました。

今は夏だから良いですが、冬のロンドンとかだとすぐ暗くなってしまうので日本人の方はどうやってそこを潜り抜けているのか謎です。

まぁ冬場は寒いので、あえて誰も溜まらないのかもしれませんが。

正直、深夜4時頃のNYのチャイナタウン、明け方のNYメトロ、深夜1時のNYのミッドタウン、深夜1時のワシントンDCのチャイナタウン、深夜3時のパリの住宅街等々過去にも予期せず、本当はしてはいけないシチュエーションに遭遇し夜中に外を歩いちゃったりしていますが、昨日のはこれらを上回る危険を感じました。

ちょっとこのゲストハウス出る時の感想で、書いておきたいです。

一週目終了

やっと一週間が終了しました!

Pre-sessionalにも色々な授業がありますが、意外と好きなのがAcademic VocabularyとListening&Note-takingのクラス。

どちらも得意なわけではないですが他の授業に比べると即効性が高い気がするので、何となく好きです。

あとはlectureも一応あって、outputも一緒についてくるから自分の理解力が試せて良いかもと思いました。

今日はせっかくの金曜なのに、先輩からLSE近くのカフェでお話を聞いた後にさっさと郊外に引っこんでしまったので、その後センター部分に行きたくても行けなくなってしまいちょっと後悔。

でも郊外に引っ込んで見つけたことが一つ!

Hammersmithの駅が何となく大きそうだったので、何となく降りてみることに。

個人的には私が住んでいる駅にスタバがないので、readingに集中するためにスタバとかあれば良いなーという心持ちで降りてみました。

そしたら大当たり!

駅直結のショッピングモールのようになっていて、スタバもあればCOSTAもWASABIもあって勉強と夕ご飯どちらも済ませられるんじゃないかという。

しかも文房具屋さんとマツキヨのようなコスメショップ、結構大きいTESCOも入っていてここで降りれば何でも揃うんじゃないかという。

Readingも家よりは遥かにはかどったし、初WASABIも体験できて楽しかったです。

そう言えば、ちょっと前にイーリングブロードウェイという駅にあるショッピングセンターにも行きましたが、こちらも結構広くて楽しかったです。


あと最近気付いたことは、イギリスはアメリカより遥かに暮らしやすい国なのではということ。

薄々とパリにいた頃からヨーロッパの方がアメリカより暮らしやすいかもと思っていましたが、パリよりもロンドンの方が確実に暮らしやすいので、今の所ロンドンは私の中で世界の中で暮らしやすい国上位に入っています。

イギリスに来てちょっとビックリしたのが、レジとかで待たせてごめん的なことをよく言われること!

本当に結構な頻度で言われます。

これはアメリカでは言われたことがないです。

アメリカも住む場所によるかもしれないですが、ワシントンDCよりは確実に店員さんがロンドンの方がフレンドリーで良い人が多いです。

ワシントンDCでは何か毎回怒られてる気分になりました。。。

そんなこんなでロンドンと言うよりは郊外ライフにすっかり慣れている所です。

ロンドン中心部の地形が郊外に引っ込んでいるとわからないので、マスターが始まる前に自力散策したいなーと思っています。

あとはハリーポッターのスタジオにも行きたい!

Pre-sessional開始!

遅ればせながらPre-sessionalコースが始まりました!

学校まで電車と徒歩含め片道40分ぐらいかかるので、軽く旅してる気分になります。

ロンドンの地下鉄は冷房らしい冷房がない&狭いので、ラッシュ時は結構辛いんです。


Pre-sessionalコースはとりあえず日本人の方が多いです!

8割方は日本人なのではという感じです。

私的情報によると初日はwritingのテストがあるとのことでしたが、ありませんでした。

クラスは既に分かれている感じです。


それにしてもPre-sessional来る必要ないよねーという人ばかりでビックリします!

授業自体はバラエティーに富んでいて、色々な授業があります。

でもLondon School of Economics and Political Scienceという名前なだけあって、授業で扱っている文章は社会科学分野のものが多い気がします。


私は今グループプレゼンの準備をしているのですが、私以外のメンバーがほぼほぼアイデアを出してくれているので既にパワポを作り終えています。笑。

いや、ホントはこれじゃダメなんですけどね。

でも私たちのグループはなぜかサウナビジネスを空港でやるということになって、私以外のグループメンバーのフィンランド人と韓国人男子はサウナがとっても好きらしく、サウナについて熱く語っていて私は入っていけないのです。笑。(私は暑いの大嫌いなので、サウナも苦手です。。。)

そういえばフィンランドも韓国もサウナたくさんあるなーと思いました。


あ、あと食事には気を付けようと改めて思いました。

サンドイッチとかファミマのサンドイッチのカロリーぐらいだと思って食べるととんでもない!

使ってるマヨネーズとか肉の問題なのか、ファミマのサンドイッチの倍ぐらいカロリーがあります。

そして今日は初めてLSEの食堂に行ったのですが、噂には聞いていたとおりあまりおいしくはなかったです。。。

値段も味と比べると結構高めでしょうか。

サラダとカレーで6~7ポンドぐらいしました。


学校のあるHolbornは結構栄えていてメイン通りにも色々お店があって歩いていても楽しいです!

Billsもあったので、絶対朝ご飯食べに行きます!

でもリコッタチーズパンケーキはHPによると置いてないみたいです。。。

残念。。。

生活のセットアップ

時差もなく、すっきりと起きられました!

ロンドン2日目の今日は街をちょっとだけ散策!

まずはピカデリーで契約していたiPhone 5cを受け取り。

iPhoneは昔使っていましたが、最近はGalaxyなので久しぶりの感触にちょっと戸惑い。

あとはGalaxyの画面の大きさに慣れてしまっている私は、慣れるまでは画面が小さく感じそうです。


その後、LSEで同級生?になる方とご一緒してSTOCKPOTというB級グルメ発祥のレストランと書かれていたお店に行ってみました!

イギリス料理が食べられるお店だそうですが、値段も本当に安く2人で10ポンドぐらいでした。

メニュー数も多いので、時間があったらまた行ってみたいお店の一つです。


その後、今滞在している場所の近くにショッピングセンターがあるとの情報を聞きつけ行ってみました!

センターエリアと違って郊外だからか生活感があって、ちょい栄えていて良い感じ!

私は東京の郊外生まれなので、ちょっと似た感じがします。笑。

やっぱりこういう風に気軽に行けるモール的な所があると良いですよね。

アメリカにはもちろんモールはありましたが、パリにはなかなかこういうスタイルの場所はなく。。。

M&Sでデリコーナーを見ていたのですが、楽しい!

やはり料理を普段からしていない人にとっては、デリコーナーは最大の味方です!

サラダも一人で食べきれそうなサイズで売っていたので、野菜不足にもならなそうです。

ちょっと高めスーパーですが、私はWHOLE FOODSデリとM&Sデリを愛用して生きていくことに決定しました!

ショッピングセンター内には100均的な所もあったので、すごく便利!

実はここはロンドン在住のお友達に教えてもらった場所で、郊外になってくるとガイドブックにも情報がなかったりするので、教えてもらえてすごく助かりました!

難点は閉まるのが早いことですかね。

平日でも18時ぐらいまでしか営業していないようです。

というか日本や韓国とかの営業時間の方が世界的に見ても普通じゃないんですかね。

でも、パリと違って日曜に営業しているお店が多いのは、とーっても助かります!


ところで、ゲストハウスに宿泊してみて思ったのが、やっぱりお風呂のタイミングがすごく難しいということ!

ドライヤーの音もちょっと気になってしまいます。(私は眠い時は音とか気にならないので良いのですが、自分が使うときにちょっと気にしていまします。)

そもそもゲストハウスも8人ぐらいはいるはずなので、お風呂場は1つしかなくて全員がお風呂に入るのって結構大変だと思うので音とか気にしてられないんですけどね。

私は朝風呂派で明日から学校なので、朝は洗面所も混み合うと思いますし、早め早めで準備をしなければと思いました。

ロンドン到着

先ほど、無事イギリスに到着しました!

やはりヨーロッパ方面のフライトは長く感じてしまいますね。

でも今回は揺れなかったので、よしとします。笑。

ヒースローが混み合っていて着陸できないとかで、しばらく上空待機で飛行機はちょっと遅れましたが。。。


一番一般的に皆さんの役に立ちそうな情報は入国審査かと思います。

まぁ予想されている通り、ヒースローはとても大きな空港なので入国審査も人人人です。

NYのJFK以来の待ちぶりでしたね。

私も結局入国審査の列に1時間ほど並びました。

45分までならWi-Fiが無料で使えるので、電池がなくならない程度にネット。

電光掲示板にイギリスに勉強に来た人は、CASが書いてあるものとパスポートと入国カードを用意して待ってろと書いてあったのでその他の書類は特に用意せずその3点だけ手に持って並んでいました。

結局聞かれた質問はどこの学校で何を勉強するの?や日本では何してたの?とかそんな感じのことで追加で何か出せとかも言われませんでした。

そして仲間とおしゃべりしながら作業をしているので、だから遅いんだよとイライラする気持ちを抑えていたこと以外は特にあたりさわりのない良い人でした。


荷物は完全に出てきてしまっているので、とりあえずすぐにスーツケースをレーンで発見し取りました。

もう1つ預けたボストンバッグが見当たらないと思っていたら、その辺の床に放り出されていました。。。

HISとかJTBのタグがついているものをある程度まとめて先にとって固まって置いてあるならまだしも、私のは完全に個人荷物なのでその辺に無造作に放り投げられていたことにも若干いらっと来ますが、ここは日本じゃないからと自制心働かせました。。。


そして、空港から市内に向けて行き方は色々あると思うのですが、私が2ヶ月泊まるゲストハウスには無難に地下鉄で行くのが良さ気だったので、地下鉄に乗ることに。

そしたらここでもまたトラブルが地下鉄で起きたらしく、しばらく足止めに。

飛行機は遅れるし、入国審査は混んでるし、地下鉄は遅れるしで良いことないですね。

そもそも私が急いでいた理由は18時にゲストハウスの人と最寄りの駅で待ち合わせをしていたから。

5分遅れるごとにチャージされるとか書いてあるので、自分のせいじゃないことでどんどん時間が差し迫って来ていることに溜息。。。

その後しばらくして、地下鉄構内に入れて地下鉄乗車。

ロンドンの地下鉄っていつもピカデリーサーカス辺りで乗ったりするからか、ものすごく混み合っていて大きい荷物なんて持って乗って大丈夫?と思ってましたが、空港からは普通に空いていて座って目的地まで行けました。


そしてゲストハウスにチェックインし、今に至っています。

ゲストハウスも安いからこんなものかと思ってしまいますが、やはりパリで借りていたアパルトマンよりは不便ですね。

私、普段からワンルームに住んでいるからか、すぐに手を洗いにいけないのがすごく不便です。

部屋も2階建で荷物も結構大変という。。。

実は、私が今滞在しているゲストハウスのすぐ側に高校の時の友達が住んでいるのです!

なので、結構情報をもらったりしています。

日常品もどこで買ったら良いかわからないので、教えてもらったり。。。


そして、ロンドンに到着後初ご飯はなんとハンバーガー!笑

フィッシュ&チップスのお店が近くにあって、フィッシュ&チップスを買うのがここは筋かと思うのですが、なんせ機内でもバクバク食べて、ここでも油の塊を食べたらヤバいと思いどっこいどっこいなハンバーガーを購入。

本当はSUBWAY的なヘルシーなサンドイッチが食べたかったんだけど、近くにはケバブ屋とこのお店しかなく。。。

今思うとケバブの方がヘルシーだったかも。。。

今日5食ぐらい食べてます。笑。

でもホント時差の関係だったり、移動が多かったりで普段より多く食べないと体力的に持ちません!笑

と言い訳してみます。。。

まぁ今日は初日なので、こういうのもありかなと。。。


そして早いものでなんと月曜から学校です!

信じられないですねー。

とりあえず、学校にたどり着く自信もあまりないので、まずたどり着く所から頑張ります!(前回は先輩に連れていってもらったので、自分ではわからず。。。)
プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。