スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン旅行

今日はロンドンからこんばんはです。

今はワールドカップのイギリス対イタリア戦で、ちょうど1-1です。

街は確かに人が歩いていません。笑。

私はこの後の日本戦を見る予定で夜更かし中です!


ロンドンは快適で楽しくてパリに帰れません!笑

やっぱり英語が通じる安定感半端ない!

パリは北駅からユーロスターでここまで来ました!

イギリスは珍しくユーロ圏でも、パスポートがないと入れない国。

ということで、イギリス行きの列車だけ隔離されています。笑。

入国審査はパリで行われますが、やはり外人かつイギリスに行った後パリに戻るということで、色々聞かれました。

パリにはどれぐらいいるか、その理由、ヨーロッパにはどれぐらいいるか、仕事は何か等々細かかったですね。。。

私良い席を実は予約していたようで、朝食が出てきてビックリ!笑

朝食食べたのにって思いました。笑。

ロンドンまでは2時間30分ぐらいですかね。

なぜか1時間の時差が存在します。

ロンドンではユーロスターの到着口で、会社の先輩が待っててくれました!

先輩の奥さんが昔使っていたオイスターカードを使い、いざロンドン観光へ!

最初はピカデリーのWHOLE FOODSで私が普段使っているシャンプーが買えるか確認。

その後先輩がジャパセンに連れて行ってくれて、おいしいサンドイッチのお店に行きました!

サンドイッチおいしかったです(*^^*)

そして、その後は寮を見たかったのでLiverpool Streetへ!

とても便利な場所に寮はありました!

その後先輩がborough marketに連れて行ってくれたのですが、楽しい!

ここは絶対また来よう!

その後テムズ川をお散歩して、セントポールズ大聖堂辺りまで。

しばらくその辺りで喋って時間潰し。

そして、その後の目的地であるHolbornへ!

完璧な時間配分と色々案内してくれた会社の先輩に感謝です!

でも完全に後についていっただけなので、自力で道がわかりません。笑。

HolbornではLSEの現在開発学部に通っている先輩3名からお話を伺えることに!

皆さんお忙しい中、お時間を作っていただいて、貴重なお話をお伺いできて感謝です!

リアルにお話聞けて良かったです!

その後学校案内をしていただきました。

このお話を伺えただけでも、ロンドン来て良かったです!


そして、その後はCovent Gardenで高校時代の友達と超久しぶりの再会とご飯!

彼女は、イギリスの永住権を持っているのです。

お互い変わらなくて、久しぶりな感じは全くしませんでした!


そんなこんなで、ロンドンは楽しいです!

良いイメージで良かった。笑。

パリに帰りたくないー。笑。

明日はほぼ時間はないですが何しようかなー。

Mon Voisin Totoro

明日からロンドンだーーー!

わーーーい!!


午前だけのクラスの日は本当に気持ちがちょっと楽です!

今日はこの間受けたテストが返ってきました。

自分的にはケアレスミスも何個かあり、うーんという感じでした。

でも20点満点で10点以上あればとりあえず及第点らしいので、まぁそれよりは取れているので良しとしようと思いました。

帰り際に先生に声をかけられ、もっと授業中に発言をしなさいとのこと。

テストの点はどうやら他の人よりも良いらしく、色々わかっているんだからあと2週間はオーラルを頑張りなさいとのこと。

他の人を押しのけてでも喋りなさいと。笑。

それができたらとっくにやってるよーと思うのですが。。。

まぁ典型的な日本人ですね。

喋れない原因は単語力が乏しいかつ発音ができないこと。

単語はちょっとずつ覚えていますが、発音がなかなかなのと喋り慣れないのでどうしても頭に浮かんでこないというのが原因です。

思い出せば、英語もそれを高校生の頃から何度言われ続けてきたことか。。。

留学中はこんなに喋れないのは絶対におかしい!と思って、卒業論文はAbility of Acquiring Languageというタイトルにしたほどです。

だって、同じ音でも人種によって聞こえ方が違うので、どう頑張っても発音は統一できないだろうというのが私の主張です。

個人的にそれが顕著に表れているのが、ニワトリの声。

私の耳には、どう頑張ってもコケコッコーにしか聞こえなくて、cock a doodle dooとは聞こえないし、豚だってブーブーと聞こえてoink oinkなんて聞こえたことはありません。

この違いは絶対に言語を習得していく上で、問題があると私はこの論文で主張しました。笑。

それを卒論のテーマにしてしまうぐらい、外国語を喋るというのが私にとっては難しい行為だったのです。

まぁ日本語でもディスカッションとか苦手で、ちょっと入っていけないタイプなのですが。。。

でもそれは、会社の雰囲気がオープンでフラットな感じだったので、だいぶ解消できた気がするのですが。。。


そんなこんなで土日はロンドンに行くにも関わらず、プレゼンと新たにエッセイの課題が追加され涙涙です。


帰りはギモーブというカラフルなマシュマロが欲しくて、カルチェラタンの量り売りのお菓子屋さんへ。

ロンドンで会う方々へのお土産もこれにしました。

何となくチョコって平凡だし、最近暑いので溶けてしまいそうで。。。

ギモーブを日本で一度食べたことあるのですが、それがすごくおいしくて記憶に残っていたんです。

パリのギモーブは日本で食べたものとちょっと違い、とにかく甘いという印象だったのですが、まぁ珍しいので喜んでくれるでしょう!

最後におまけで、フランボワーズとシトロン味のギモーブをもらえました!

おじさん良い人^ ^

日本のガイドブックにもよく出てるので、最後はありがとうと言ってもらえました。笑。

何か、滝川クリステルのおもてなしの影響か何なのか知らないですが、日本人はタイのように手をいただきますポーズでありがとうと頭を下げると思われているようです。

頭を下げるというのは東アジア独特の文化だと思うけど、手を合わせながらはしないかなといつも思ってしまいます。笑。


あと、もう1つ面白かったこと!

たまたま歩いていたらおもちゃ関係のお店があって、ととろのフィギュアが置いてあってその隣に本が置いてあったのですが、フランス語で「隣のトトロ」は「MON VOISIN TOTORO」と言うらしい!

ちなみにvoisinはご近所さんという意味です。

何かちょっと衝撃を受けました。笑。

ちなみに私はこれを言うとビックリされますが、トトロは27年間一回も見たことがありません!

フランス語でプレゼン

語学学校も明日でやっと折り返しです!

明日は午前中だけなので、気分はるんるん!

土曜日からロンドンに行くので、明日は授業後近くのショコラティエとかお菓子屋さんでロンドンで会う方々にお土産を買います^ ^


相変わらず私のフランス語はあまり通じず、悲惨な感じです。

カタカナ読みが良くないんですよね。

それはわかっているのですが、プチロワイヤル辞典はカタカナ読みが書いてあるのです。

そして、私英語でフランスの地名を言っている時の方がフランス語でフランスの地名を言っている時より伝わるということに気付きました。

でもこの2つを融合させるのは高度なテクニックが必要です。

そして、今日衝撃の事実が!

なんとフランスの美術館か有名な建物とか観光地について、来週一人最低10分でプレゼンをしろとのこと。

しかも評価もついてしまうのです。

評価は発音とかグラマーとか諸々です。

しかも暗記!

完全に初級の域を超えちゃってますよね。

やっぱり西洋圏では言語は運用してなんぼなんですね。

私ただでさえ通じないのに、大丈夫でしょうか。。。

ホストファミリーという子が多いので、みんな家で添削してもらったり練習できたりするんだろうなー。。。

私もここはフランス人の友達にお願いをしなければと思います!

でもプレゼンを全員やるということは少なくとも130分は授業時間が減るといことです!

これは素直に嬉しいと思ってしまうダメな人間です。笑。


昨日は、初日のレベルチェックテストで仲良くなった韓国人の子とランチに行ってきました!

違うクラスでどこで授業をしているのかもわからずそれっきりだったのですが、たまたまベンチで発見し感動の再会をしLINEを交換しました。

その子が日本人の友達と韓国人の友達を紹介してくれるということで、ランチに混ぜてもらいました。

日本人の方と初めてパリカトで喋りました!

でもかなりフランス語が上手な方で、パリカトはストイックで良い学校と言っていて本当にストイックだよねと思ってしまいました。

私もフランス語学習の為にはとっても良い学校だと思います。

というか、こうでもしてくれないと語学はできるようにはならない。。。

昨日はエース弁当というオペラ近くの韓国料理のお弁当屋さんへ!

パリで初めて韓国料理を食べましたー。

やっぱりあの辛さは辞められないです!

韓国料理ではないですが、ポテトサラダが超おいしかったです!笑


そして、ワールドカップが開幕ですね!

なんとフランスでも日本戦の予選が2つは放送されることをさっきネットで確認しました。

でも1つはロンドンにいる時、もう1つはおそらく学校に行っている時です。。。

ロンドンのホテルで見たいけど、おそらくチェックアウト時間ぐらいだから見れないかなー。

経済のPre-sessional

今日はLSEの話題を書きたいと思います。

先日、開発学部生向けに担当者が経済学部の授業(頭にECがつくものですね。)を受けたいのであれば、EC400という経済のPre-sessionalが必要だから受けたい場合は言ってねとのこと。

実は、私前からEC400のことは気になっていて、EC400が必修じゃない人はどこから申し込みをすれば良いのかずっと謎でDESTINの担当者に問い合わせをしようと思ったほどです。

でも私は思い付きでがんがん行動に移すタイプで、いつも疲労困憊してしまうのでちょっと落ち着こうと思って、それっきりでした。

LSEで経済の授業を受けられるなんて、なんて光栄なこと!と思うので、受けたいなと思ったのです。

ちなみに私の経済学のバックグラウンドは一応一通り、ミクロ・マクロ(国際ミクロ・マクロ含)は終わっているのです。

ただ、どちらかというと概念を学ぶという感じだったので、あまり微分や積分等の計算をごりごりやってはいないのです。

過去にこのEC400に参加した方の感想を見ると、とにかくきついらしい!

どちらかと言うと経済に必要な数学という感じですかね。

9月からとは言っても、ある程度の予習は必要でそれが英語のPre-sessionalとかぶるので大変らしいです。

EC系の授業をちら見したら、まぁ取りたいと思うものはあるのですが、実際取ったとしてもついていけるかは不安です。

一応DESTINでも本格的な経済ではないかと思いますが、経済の考えを取り入れた授業は展開されているので。。。

でも、いつか思いがけず経済のバックグラウンドが欲しくなった時にもしPre-sessionalをとっていたら重宝するかも!とか思うと悩んでしまいます。

意思表示の締切はもうすぐ!

こんなに直前に連絡してきて、そんなにすぐに締め切るってとは思いますが。。。

もうちょっと悩んでみます。


そして、今日はテストが終わったのでシークレットガーデンを思う存分見よう!と思ったら動画が重くてうまくダウンロードできないです。

なので、時間がかかっています。。。

ストレス度マックス

今日からまた学校が始まってしまいましたー。

本当は週に2日だけ午後の授業があるのですが、祝日の振り替え等で何だかほぼ毎日午後授業がある気がしてしまいます。

今日はちょっとビックリすることが起きました!

なんと、授業中にアメリカ人の女の子が泣き出したのです!

理由は授業がハードで疲れたから!

その気持ちはよーーーくわかる!

私も午後に授業ある日とかもう生気を吸い取られています。

でも彼女は私よりもだいぶできているし、話せるので何も問題はないと思います。


泣きたいのは、私の方だよーーーーー

今日も午前中は長文をすごいスピードで読まされ、ばんばん当てられ答えられず、結局理解しないまま終了。

日本と違って文章自体の解説はないんですよね。

私、文章自体も理解できないので、家に帰ってひたすら単語を調べて頑張って自分で理解するよう努めています。

ということで、午前中はわからないだけでなく話しても伝わらないということもおき、もう穴があったら入りたいという気分になりました。

こういう時は今日は来なければ良かったと思いますね。

でも行かなくなったら、絶対に次についていけないので、一回行かなくなったら行かなくなってしまうと思います。


お昼休みの2時間とか何か感傷に浸っています。

今日もセーブルバビロンヌのボンマルシェ前でぼーっと座って、日本人観光客もたくさん来る場所なので楽しそうで良いなーとか思ったりします。

まぁ私の場合好きで来ているので、何も言えないんですがやっぱり辛いものは辛いんですよね。


でも何だかんだ平常心を保ってやっているのは、こういうことが初めてではないから。

何かしょぼしょぼ歩いていると、前にもDCでこんな風にしょぼしょぼ歩いてたなーとか思い出します。

あの時も大変で全くついていけず、毎日帰りたいと思っていました。

結局留学しないと卒業できないし、今ここで帰ったら同じ大学に留学していた友達が帰ってきた時に合わせる顔がないとか思い、状況を受け入れ諦めました。

あの時は英語なんて一生喋れるようにならない!とか思っていたのですが、なんだかんだものすごく喋っているわけではないですが普通に喋る日がやって来ています。

そして、それは紛れもなくあの苦労した日々があったからだと思っています。

まぁあの時はアメリカ人だけの中に留学生1人入れられて、大学レベルの授業でディスカッションをしろだの何だの色々無理があったのですが。。。

ということで、こういう経験もいつかは自分の血となり肉となり、自分もこういう経験を通して成長していくということを何だかんだ知っているから逃げないで頑張っています。

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ by 碇シンジがエンドレスリピートです。笑。

あととってもよくある、諦めたらそこで試合終了だよ。笑。


というより、タイミングがとても悪くきっとここで逃げると癖がついて、ロンドンでも絶対逃げたくなってしまうと思うんです。


でもさすがにちょっとハードです。。。

休みも結局ずっと勉強してたし、ちょっと生き急いでますね。

でもフランス語もある程度目指している基準と、それを取りたい期限が自分の中では設定されているので、焦りたくなってしまうのです。


さて、明日はテストです。

私はテスト範囲以外の基礎的な部分もヤバいので、やることが山のようにあるのですが、今日は色々とショックを受けたうえ6時間も授業をしてきた後なので、イマイチ集中できないしやる気がおきません(T_T)

というより、エッセイで4行しか書いていない(しかも単語間違えまくり)私をこのクラスに入れる方が悪いんだーって言いたいですね。笑。

ということで、集中できないのでブログを書いているわけです。

朝早く起きて勉強した方が効率は良いかもー。

今日はもう頭がぱんぱんで何も入りません。。。


そして、タイミング悪く昨日から大好きな韓国ドラマを見ています。

韓国ドラマって見始めると止まらないんだよねー。

でも授業の後に何か楽しみがあれば、授業も頑張れるかも!って思って見ています。

パリでネイル

何だか現実逃避でどんどん更新されるこのブログ。

今日は日曜日なのでお家待機。

パリに来てから日曜は確実に家にいます。。。

やりたいことは土曜のうちにってことですね。

ということで、昨日はパリでネイルに行ってきました!

パリでネイルって日本人の方が多そうだから意外とありそうだけど、ほぼないんです!(あ、ちなみにロンドンは結構あるんです!)

見つけたのは昨日行ったお店と、もう一つぐらい。

私が行ったのはBijoux nailさんというお店。

お店というより、ご自宅の一部分をネイルブースとしてネイルをしているという感じですね。

ネイルはとってもかわいく仕上がりました!

私実は東京でも高校生の頃からずっと同じネイルサロンに行っていて、他のネイルサロンに行ったことがないのです。

なので、いつものネイルサロンと違う部分が結構あって見ていて面白かったです!

パリに住んでもう長い方なので、すごく色々と教えていただき楽しかったです(^ ^)

やっぱりこういう時間って大事ですよね!

特にネイルとか女子力あがるものはやっぱり必須です!!!

モチベーションが上がります!

もう1つモチベーションをあげるのに欠かせない美容院が日本クオリティがないのが残念だな。。。

そういえば私の通っている美容院がNYのグリニッジ辺りにオープンして、私を担当してくださっている方がNYと日本を往復して切るようになるそうです。

やはり行くべき場所はNYですね。

NYでなら完全に日本をキープできる気がします。

でもさ、コロンビアとか2年行かなきゃいけないし、GREとか必要だし、TOEFLだったし。。。とか色々な壁があります。笑。

でも2年いてもNYなら何も不自由しないかと思うので、そんなに不自由しないかもですね。

アメリカの大学院は2年あるので、割とカリキュラムも余裕を持って組まれていて夏休みもあるのでインターンとかもしやすいのは羨ましいです。

むしろイギリスの1年で無理矢理終わらせる制度の方が負担が大きいでしょうね。。。

あとは私は年齢的な問題もあり、2年もいたらちょっと時間的に失うものが大きい気がしたので(やはり若ければ若い方が色々と受けやすいので)イギリスにしてしまいました。


何か話はずれてきてしまいました、結論から言うとパリではネイルは日本レベルでできるということです!

ちゃんとジェルですよ!

お客さんの中にはチューリッヒやミラノ辺りからネイルの為だけにパリに来る方もいらっしゃるそうです。

やはり皆さん女子ですね!

かつネイルパワー恐るべし!

ただそういう方々って基本的にジェルネイルって自分では取れないかつ1ヵ月に1回ぐらいは変えていかないとダメなので、1ヵ月に1回パリに来ているんでしょうか。。。

いくら近いと言っても結構移動代はかかりますよね。

そういえば私の友達も現在ベルギー在住ですが、まつげエクステの為だけにドイツはデュッセルドルフまで行ってたなー。

デュッセルドルフも日本人の駐在の方が多いですもんね。

私の友達の帰国子女の子も何人かデュセッルドルフの学校に通っていました。

あ、ちなみにパリにもまつエクはあるみたいですよ!

高校生の時にまつエクをして悲惨な目にあった私は2度とまつエクはしないと決めたので詳細はわかりませんが、ネイリストさんのお友達の方がされているそうです。


そして、本日は集中力は全く保てていないですが、ほぼ勉強!

水曜日にテストがあるのです。

テストなんて何年ぶりでしょう。

テストがあると聞いてどうせ短いテストでしょって思ったら、なんと3時間のテストなことが判明!

普通に文法とリスニングとエッセイのテストだそうです。

ブログで情報収集をした所、私より2つ下のクラスのテストでもとんでもなく難しいエッセイトピックでしかも20行以上書けというものだったらしい。

そして、スペルが一文字でも違うと容赦なく×にすると先生は言っていました。

これは私ヤバいのでは。。。

文法も全て新しいことだらけ、そして例外多くて理解がままらないのに、更に単語力も不足し、現在形の基本動詞の活用ですら危ういのに。。。

喋れないだけではなく、書けもしないという何とも情けない状況です。

ということで、今日は学校の宿題、学校でわからなかった単語の辞書引き、自分で持ってきた動詞活用本でひたすら動詞のスペルと活用を覚える、そしてこちらも自分で持ってきた参考書でエッセイ対策用に前置詞のニュアンスや表現方法を勉強しました。

まぁ結局の所、ネットばっかしてしまっていましたが。

そして、明日は学校でやったテスト範囲の部分を徹底的に復習して、それとは別に名詞形と形容詞形の変形を覚える必要があるので頑張ります。。。

はー気が重い。。。

明日はスタバとかで勉強しようかな。

最近のパリは急に暑くなり、基本的にパリはエアコンがないのでものすっごく今暑いです。

寝れるかな。。。

ビザ申請準備

今日は久々にイギリス留学の話題。

イギリス行く前にパリで疲れ果ててますが。苦笑。

パリにいる間にビザ申請の準備をしておかないと本気で間に合わないので、かつビザ申請予定日の1ヵ月前ぐらいにアカウントを作る必要があるとのことだったので昨日作成してみました!

パリでもビザ申請はできるかと思いますが、印刷環境が整っていないのと、情報不足すぎるのでしたくありません。

普通に帰国後にします。


私ばbeoのビザサポートを入力しているので、マニュアルが手元にあり、それに従って入力。

今、チェックに出しています。

何だかビザの情報が錯綜しているのですが、Appendix8という紙の書類とVAF9というオンライン申請書をどちらも出さなければいけないとbeoの人は言っていました。

でも実際はオンライン申請書のみで、それをプリントアウトしただけでビザがおりたという話も聞き、どちらなんだろうという感じです。

できればAppendix8は書きたくないというのが本音です。


肝心の内容ですが、まぁそんなに難しいこともなかったですね。

私の場合、Pre-sessionalはIELTS、本コースはIELTSではなく大学の授業言語で判断されていると書かれています。

2つの審査基準が違うので、どういう選択肢を選べば良いのかちょっとわからなかったので、それは質問に出しています。

途中Tier 4という一番面倒なセクションでタイムアウトになってしまい、Tier 4をもう一度入れ直さなければいけなかった以外は特に問題もなくという感じでした。

細めにSaveボタンを押すことをお勧めします。

渡航歴は入りきらなかったので、一生懸命パスポートを読み解きwordで作成しました。

過去のパスポート情報は知らないって感じです。

なくしたということにしておきました。

2冊目は多分実家のどこかにあるけど、1冊目は確実に紛失。笑。


あともう1つ埋めなければいけないのが、イギリスへの渡航歴!

実は来週ロンドンに下見に行くので、それも入れなければならないのですが将来の予定は入れられないという不便なシステム!

なのでbeoの確認が終わってロンドンから帰ってきたら正式にsubmitしようかと思っています。


ロンドンでは色々な先輩にあったり、高校時代の友達に会ったりで楽しみです!

むしろ友達にばっか会ってて寮だったり色々見に行く時間はないかもしれません。笑。

本当は金曜の午後から行けば良かったのですが、金曜の授業が午後ないこと知りませんでしたorz

まぁ金曜日に宿題は全部終わらせよう!という感じです。


そういえば一つ心配なこと。

私がロンドンから帰る日がタイミング悪く、イギリス対イタリアのワールドカップのようです。

よりによってこんな組み合わせの試合をこの日にしなくてもって感じです。

何か暴動とか起きなければ良いな。

イギリスのグループは予選で一番死のグループですね!

そして次の日の月曜はフランス対アルジェリアです。

これはこれで、歴史的経緯で面倒なことになりそうですね。


私、実はサッカー観戦大好きで青いユニフォーム持ってたりします。笑。(長谷部のものです。笑。)

理想の男性は長谷部で、心を整えるも持ってます。笑。

何だか今回ワールドカップの開幕が遅いので、日本が決勝まで行けば日本で試合が見れることが判明しました。

でもやっぱり予選見たいです。。。

パリで日本人だけで見れるとかそんなイベントないのかな。。。

特にネットとかでは見つけられず。。。

せめて家で見たいのですが、1チャンネルで放映していなければ難しいと掲示板で見ました。

是非日本戦の放映をお願いします!

パリの日本食事情

土曜日です!

今週は3連休なので、土曜日は遊ぶと決めました!

金曜の夜は、前の学校で知り合った日本人のお友達とソルボンヌ近くのLENGUEという居酒屋さんでご飯。

日本人の方が経営しているお店なので、たこわさやらポテトサラダやら色々日本らしいメニューがたくさんあります!

カマンベールチーズフライ等、日本人女子が好きなメニューも!!

カマンベール本体はものすごくフランスのカマンベールでしたが、懐かしい感じでした。

豚の生姜焼きとかも久しぶりに食べておいしかったなー。

お肉系は結構がっつり出てきますが、フライ系はポーションが少ないので結構オーダーの品数が多くなってしまいました。

〆は鮭いくらご飯!

これも日本人好みですね!

鮭はこれまたフランスの脂ののったサーモンですが、鮭いくらは私の一番の大好物なので、おいしくいただきました!

デザートの黒ゴマ抹茶パフェと抹茶フィナンシェも、おいしかったです!

飲み物はソフトドリンクで合計88ユーロでした。

まぁパリだとこんなものですかね。

おいしかったけど、1つ残念だったのはお店の対応。

まだ食べ物は残っていて、お喋りしていたらお済みですか?と聞かれたり、とにかく早く食器を下げたいらしい。

そして、お会計もすぐに持ってこられて、カードを出したのを見ると速攻カードの機械を持ってこられました。

何か追い出したい感満載でした。

誰も待っている人はいないし、空席もあったのに何でだろうと思いました。

そこが残念でしたね。

1人感じの良いお姉さんがいましたが。

お客さんは日本人やや多め、現地の方もたまにという感じでしょうか。


実は和食レストランに最近よく行っています!

まずはサンジェルマンデプレの円。

ここはお蕎麦屋さんです。

お蕎麦屋さんというより小料理屋さんな感じですね。

値段設定は高めで、お昼の値段で鴨そばが21ユーロぐらいですね。

私はランチにおひとり様をしてきました。

開店と同時に入店したので、予約なしでも入れましたが、私の後に来て予約なしの人は断られていました。

この日は2階が日本人の団体さんの貸切だったみたいです。

フランス人の方も結構いらっしゃっていました。

私はこの日は奮発してお弁当というものをチョイス。

ちょっとした懐石っぽいお弁当に〆でお蕎麦がつく感じです。

お弁当は茄子田楽が超おいしかった!

これはパリではなかなか食べれない味ですね。

そして、お蕎麦がおいしい!

私、コンビニのお蕎麦ぐらいしか食べないので、やっぱりその場で打っているお蕎麦はコシがあっておいしいですね!

これと緑茶で44ユーロぐらいでした。

高いですね。

でもお店もキレイだし、オーナーの方も店員さんも感じ良いし、本当にサービスが小料理屋さん的な高級な感じだったので、若干萎縮しながらもパリに疲れた胃が癒されました。


そして、もう1つはやすべえというお店。

ここはオペラ近くというより、PyramidsのK-mart前ですね。

PhDの方に連れて行ってもらいました。

夜はこれまたパリでは嬉しい焼き鳥の居酒屋さんになり、お昼は定食を食べれます。

お店に入ると焼き鳥の良い匂い!

お店はほぼ満席でした。

とんかつとか刺身定食とか気になるものは色々ありましたが、幕の内弁当をチョイス。

幕の内弁当は日替わりのおかずとお刺身がつきます。

量もたくさんだったし、サラダもつくし、これで16ユーロなら満足です!

まぁ日本なら1000円いかないぐらいな感じなんですけどね。


そんなこんなでパリの日本食事情を綴ってみました。

まぁパリは日本人も多いので、日本食はたくさんありますね。

怪しい日本食もたくさんありますが、日本人経営のお店も多いですし。

そして、日本食も手に入りやすい!

やはり若干都会ではなかった感が否めないDCと比べて、パリは都会なので今回はフランス語はわからないですが生活していくという面ではアレルギー反応が出ていません。

DCでは日本食を手に入れるのも一苦労でした。。。


明日は日曜なので、またまた家にスタック状態です。

祝日はおそらくスーパーは開いていると思うのですが、怖いので今日は2日分の食糧と水をスーパーで買っておきました。

これが大変なんですよね。

水が重い!

そして食糧も重い!

みんな同じことするから、スーパーも激混み!!

しかも品数多いからレジの待ち時間が長い!!


この日曜休みなシステムは本当にどうにかしてほしいと思う今日この頃です。

パリカト初週終了

今日でやっと一週間が終了しました!!!

長かったー毎日生気を吸い取られて10歳ぐらい老けたんじゃないかと。。。

私日本でもどこでも新しい環境に行くと最初の頃はどんなに寝ても寝ても眠いんです。

たとえば、高校入学した時とか会社入った時、転職した時とか。。。

慣れれば寝なくなってくるのですが、それだけ神経を使ってるんでしょうね。


何か毎日思う所があって毎日更新してしまいます。。。

いやー今日も大変でした。

本当にめまぐるしいスピードで進んでいくので、いつも時間内にexerciseが終わらないまま当てられて答えられずに終了しています。

何かもうダメですねorz

私、過去にこんなにめまぐるしいスピードで進んだ授業は、日本でもないのでびっくりです。

それは多分私にとって全部新しい内容だから大変というのもあるかもですが。。。

今日は半過去ちらりと疑問文を平常文にどうやって入れるかというのを習いました。

半過去は習ったというより、できて当然だよねという感じで終了しました。

多分、これちゃんと習っていないの私だけです。

まずnousの動詞の活用ってついつい曖昧になってしまうので、なかなか半過去形を作れません。

ノートの一番後ろのページに半過去や単純未来の動詞の語尾と作り方をカンペみたいに書いて、忍ばせてあります。。。

むしろ今日初めて半過去形を作りました。


そして、疑問文を平常文に入れ込むというのは英語で言うとShe asks me whether+疑問文とかShe said that+文章みたいなものですね。

これも初めて習いました。

英語は割と単純に作れますが、フランス語はここでもまた繋ぎの品詞がqueだったりce queだったりdeだったりと分かれているのです。

これも習ったことなかったというか、初めて知った事実なのですごく疲れました。

フランス語で習っているから理解をするのに若干時間がかかり、その後鬼スピードで進むエクササイズについていかなければいけないという本当に病む一歩手前ですね。

A2のクラスに行けば、みんな習ったことないのかな?

でもA2の教科書に載っているから、A2の内容なんだと思いますがA2は習ったことない人用、A2+は復習用なのかな?

アメリカ人の皆さんは2年ぐらいフランス語をやっているらしく、更に6年間スペイン語も習っているので、まぁ結構聞き取りとか話すのは楽なようです。


私はなんでこのクラスにいるのか本当に謎です。

思えばフランスに来た5月11日。

まだ一ヶ月も経っていないですが、リアルにBonjourに毛が生えたぐらいのフランス語力でここまで来てしまいました。

自己紹介がかろうじてできるぐらい。

ここだけの話、フランス語の単語とか全く覚えてなくて、犬、猫、テーブル、椅子、髪、顔、手、足等々基本的な単語が何一つ知らなかったのです。

おそらく辞書で調べた形跡はあると思いますが、英語とあまりに違いすぎて、かつ必要性がないし発音できないので覚えられなかったのです。

それがこの一ヶ月でいわゆる基本単語1400以上は書けるかどうかは別として、見ればわかるぐらいまで覚えて、なぜかパリカトのA2+というクラスにいるんです。

フランス語を大学で1年やっていたとはいえ、日本の大学のフランス語は週に2回合計で3時間ぐらい、しかも過去形まで確か終わりませんでした。(単語のほぼ覚える必要がなかったと記憶しています。)

そして英語もそうですが、文法の穴埋めって意味がわからなくてもできてしまうのです。

文法って意味を考えなければできないものもあるかと思いますが、ほとんど形の問題なので形の判断は意味がわからなくてもできてしまうのです。

ぶっちゃけTOEFLがCBTの頃だったGrammarセクションで意味なんて考えたことなかったし、TOEICの最初の問題も意味は考えていません。

これが自分のレベルとかけ離れた所に行ってしまう根本的な所ですね。

こんな状態なので、毎日必死に色々覚えて追いつこうと思っていますが限界が。。。

フランス語の場合は動詞の活用も覚えなければだし、例外も多数だし、名詞であれば女性か男性かも覚える必要があります。

何か疲れました。。。


これでA2という初級レベルなのですが、英語の場合過去完了とか関係代名詞とか初級レベルではないと記憶しているのですが。。。

むしろ文法事項で言う一番最後ぐらいな。。。

何かこれで初級ならB1以降は何を習うんでしょうか。。。

トリリンガルは遠いです。。。

とりあえず待ちに待った3連休なので、来週のテスト勉強もしてゆっくり休みたいです。

パリカト3日目。

授業が始まって3日が経ちました。

パリカトでの授業は本当に濃密で、どんどん進んでいきます。

ただ、前の学校と違って細かく文法も理論的に教えてくれるし、すごく為になります。

今日一番勉強になったことは

・過去形に例外があること!(特に代名動詞の場合!)

・etreとavoirをどちらもとる動詞があって、その違いがイマイチわかっていなかったけどそれがクリアになったこと!

この2つは文法本にも細かくは書いていなかったので、すごく勉強になりました。

確かにここにずっと通っていれば、だいぶ力はつきそうです!


ただ、相変わらず劣等生ぶりは変わらず。。。

19歳や20歳ぐらいの若い子に毎日励まされたり、フォローされながら生きる27歳です。。。

最劣等生は辛いですね。。。


そして、今日もまたクラスを変えたアメリカ人の女の子が!

これでアメリカ人がクラスに7名になりました!!!

もっと甘く言うとアメリカの大学に通っている中国人の女の子がいるから、英語人口で言うと8名です!(私はネイティブレベルでは話せないのでカウントには入れていません。)

アメリカ7、ナイジェリア1、中国1、韓国1、ベトナム1、ブラジル1、日本1

という感じです。

そして、アメリカ人は9割方テキサスから来ている!!!

なぜでしょう。

まぁテキサスの色々な大学からグループで来ているようです。

上のレベルもアメリカ人ばかり!!!

パリカトはアメリカですね。。。


でも英語を話せない人もいるので、みんながわかるようにフランス語で話そうと言ってたりして良い子たちです。

アメリカ人もすごくフランス語が上手です。

聞いたらスペイン語を高校まで必修でやっていたし、テキサスという場所柄スペイン語はある程度できるので、フランス語もそんなに苦ではないらしいです。


あともう一人席がたまたま隣だったブラジル人の女の子とペアワークを良く組むことがあるので、話したのですが彼女は確か30歳以上で看護師さんをしているらしいです。

すごく美人なので、こんな看護師さんいたら毎日通ってしまいそうな感じです。

英語を話せないと言っていたので、フランス語で頑張って会話するのですが、ポルトガル語とフランス語はスペイン語とフランス語よりも似ているらしく話すのは全く苦ではないそうです。

羨ましい!!!!!

ちなみに趣味でフランス語をやっているそうです。

趣味なのにパリカトに来るとは、偉いですね!!

今日は旦那さんがブラジルから来るそうで、ご飯を一緒に食べると言っていました。

微笑ましい!!


ちょっと気付いたのが、意外とフランス語だけでも会話が成り立っていること!

私前の学校でなかなかそれができなかったのですが、それってやっぱり周りのレベルも関係しているのではと思いました。

前の学校では周りが何を言っているのかよくわからなかったのですが、今の学校ではみんな上手なので何を言っているかわかります。

そして、私が言っていることも大方わかってもらえます。

ということで、やはり周りのレベルって大事なんだなと思った今日この頃です。

まぁフリートークで話せても、授業中はなかなか出てこないんですけどね。。。


月曜はフランスは祝日なので、休みだ!ラッキーと思ってたらなんと!

月曜の授業は明日の午後に振り替えますとのこと。。。。

そんなフランスらしくないことしなくて良いよーと思わず心の声が。。。

ということで、明日も午後まで授業です。

はー。。。

休み時間2時間あるから暇なんです。。。

なので、リュクサンブール公園でお昼を食べてフランス語の勉強したりしています。

ある意味贅沢ですかね。

早く明日が終わってほしい!!!
プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。