スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開発関連研修

GWがスタートしていますが、ニート状態な私は全く実感がありません。笑。

GWは自発的に開発関連の研修に行っていました!

なんと10時から17時30分まで3日間詰め詰めです。

疲れたーーーーーー


基本的に同業他社さんからの参加者や業界関係者しかいないので、このニッチな業界の方々と知り合えてとても有意義な3日間でした!

今回はプロジェクトがどのようなプロセスを経て作られているかというのを学ぶ研修だったのですが、自分が今まで経験してきたプロジェクト知識とあわせてより一層の理解を深めることができて良かったです。

基本的にはワークショップ形式で進められていくので、みんなで意見を言い合いながらなのですが、現場経験のある方等からいただく意見はやはり的確で、かつ他社さんはこういう考えをするんだーとうちの会社とはまた違う考え方だったりして面白かったです。

私も一応業界経験という意味では若干あるので何となく点が線で繋がる感はありましたが、何もわからない状態であの場にいたらきっと大変だったなーと思います。


あと開発業界あるあるはやっぱりあるようで、一般社会ではなかなか通用しないあるあるを共有するのも楽しかったです!


講師の方もうちの会社のことを割とご存知な方だったので、進路相談にも若干乗っていただき自分が今まで持っていなかった視点を持つことができて研修後の交流会も行って良かったです!

やっぱりこの業界はネットワーキングが大事ですね!!!

GW後半も同様の研修があるので頑張ります!!!
スポンサーサイト

facebookのグループ

最近徐々に留学に向けてfacebookが盛り上がってきています!

facebookには私の通う予定のMSc Development Studies 2014-2015というグループがあります。

最初は人が少なかったんだけど、最近人が増えてきて自己紹介してみたり希望進路について語ってみたり熱い感じで楽しいです!

私今回は乗り遅れたくない感が半端ないので、積極的に書き込みしていて必死感が漂ってます。笑。

クラスメンバーは今見てる感じだと意外と欧米出身者が多いかなって感じです。

あとはブラジルやインド、インドネシア辺りです。

東アジア系の人はまだいないです。

自己紹介を見ていると大学卒に直で来る人が多いようで、今の感じだと業界未経験者の人が多そうです。

経験者はDevelopment Managementというコースに行くのかもですね。

まぁまだ10人ぐらいしか参加していないので何の統計にもならないですが。笑。

何人かとお友達になったので、そろそろfacebookは日本語と英語ダブル表記にしなければですね。

やっぱり人の輪を広げるのってすごく大事ですよね!

留学にfacebookとブログは欠かせません。笑。

実際に会ってもコースのみんなと仲良くなれると良いな。

大学時代の就活

イギリスの大学院に留学します!ということをfacebookで書いたことをきっかけに、大学の頃の友達からメールをもらったります。

その子とは大学の時に就活がうまくいかなくて、大学は別、しかも関東と関西だったんだけど毎回今回も面接ダメだったーというような話をして、お互い色々語りながら励まし合っていました。

私は2010年卒ということで、リーマンショック直後の最初の新卒採用ということで一般企業はだいぶ採用に慎重になっていて結局内定はどこからも当時もらえませんでした。

私も特に信念もないのに、大手企業ばっかり受けてたのが悪いんですけどね。

それ以前に私の人としての魅力が足りなかったのでしょう。

私ってかなり顏に感情が出てしまう、かつ思ったことは言いたいはっきりしたタイプなので、結局一般企業でやりたいことってそこまでなかったので面接でも態度に出てしまい、うまくいかなかったのかなと今だから思います。


今日久々にその子からメールが来て、そんな時代もあったよねーという話になりました。

確かにそんな時代もあったけど、今となってはあの時普通に就職できなくて本当に良かったなと思ってます。

あの時普通に一般企業に就職していたら、開発コンサルに就職するという未来はなかったと思います。

反対に開発コンサルは本当に軽いノリで受けたけど、やっぱり分野的にやりたいことだったということもあって面接でも色々と熱意を伝えられてトントンと内定をもらえました。


今となってはあの時内定をもらえなくて本当に良かったと思うけど、あの時は必死だったなーと思います。

でも私の人生って後から振り返ると結局どこかでちゃんと繋がっていて、その時その時にちゃんと意味があったのかなーと思えることが多い気がします。

いつもその時にはそう思えないので、あとから思うことばかりですが。。。


何かちょっと感慨深くなってしまったので、記事にしてみました。

大学院留学も後々何かに繋がって、あの時こうしてて良かったと思える日が来ると良いな。

寮の決定!!!

ついに念願の寮のOfferをもらうことができました!!!

やったね(^v^)

第一希望の寮でen-suiteのsingleなので、アメリカとは全く違った生活が送れそうです!


場所は学校からはちょっと離れてしまいますが、寮のあるエリア自体はとても栄えているようなので良かったです。

個人的な計画としては、行きはダイエットも兼ねて徒歩、帰りはバスで帰ってこようかなと考え中です。

契約期間も50週間でとれたので、卒論を提出するまでお世話になります。


ここ最近留学がどんどん現実味帯びていきます!

実は6月パリにいる間にロンドンに下見に行こうと思って、ユーロスターを予約したのでした。

その時に寮の下見(と言っても外観とか雰囲気だけかと思いますが)もできれば良いなーと思ってます。


一番不安だった滞在先が確定したことで、ちょっとほっとしました。

私実はOfferを受諾している他の学校をまだ断っていないので、これを機にお断りを入れておかなければです。

休職

今日で出勤最終日でした!

2年と4ヵ月という短い時間でしたが、とても密度の濃い時間だったと思います。

何度も書いているけれども、やっぱりこの年齢で開発業界の経験を積ませてもらえたことは本当に幸運だったと思います。


海外に行きたくない、大学院は出ていない、でも国際開発に関わりたい、そんな私にとっては本当にぴったりの仕事で細かい仕事の適正は未だにないと思うけれども、全体をマネージするという仕事内容は本当に自分の適性にあっていたと思います。

そんな私がひょんなきっかけでいきなり大学院留学をしようと思って、あれよあれよと事が進みここまで来てしまいました。

最近になると留学前ブルー?というやつで、本当にこれで良かったのか、ここまでする必要があったのかと思い悩んだりすることもあります。

でも人間立ち止まったらそこで終わりだと思うし、現状に満足したらそこから何も変わらないんですよね。


職場でも色々な方に新たな人生のスタートですねって言っていただけることが多いのですが、この年齢で新しい人生をまたスタートできるのは本当にありがたいことだと思っています。


会社に行くことが当たり前で、自分のやりたい放題言いたい放題やってきて、自分が自分でいられる居心地の良い場所だったので何だかんだ言って寂しいです。

だからこそ弱気になっていないで、しっかりと今まで自分がしてきたことに自信を持って頑張りたいと思います!

そして今日で休職を迎えたということで、とりあえず新しい人生がスタートするんだなと実感がやっと湧きました。

AKBのあっちゃんのように夢の河を渡ってきます!

beoカレッジ

今日でbeoでのアカデミック英語の授業が終了しました!

実は2月から週に1回、アカデミック英語上級というbeoのクラスに通っていたのです。

3月までは日曜の午後4時間(!)、4月からは土曜の午前3時間通っていました。

毎週エッセイが出るので、仕事をしながら通うのは結構大変でした。。。(と言っても宿題は涼しい顔でサボっていましたが。。。)

このクラス通って本当に良かったです!

お勧めです!


値段的には高い気がします。。。

1回あたりの授業料は1万円をこえていたような気がします。。。

ただ、3月までのクラスは4時間でしかも人数がたまたま少なくて3~4人のクラスだったので、費用対効果は十分だった気がします。


大体英語のクラスというとTOEFLをあげるためのクラス、それよりもっと上のレベルだったとしてもGMATやGREの点数を伸ばすというクラスが多いかと思います。

でも私はテスト対策ではなくて、大学院の勉強にスムーズに移行できるようなPre-sessionalに近い感じのクラスを探していたところ、beoのクラスに辿り着きました。


扱う内容は週によって様々で環境問題だったり、科学の話だったりまちまちです。

プレゼンテーションもするし、ディスカッションやreferenceの付け方の練習もするので、留学する人に適しています。


こういうクラスで大事だと思うのはクラスメートなのですが、クラスメートの方々もとてもレベルが高く、刺激になりました。

プレゼンテーションで質問を受ける内容もとても的確というか痛い所をついてきてくれる質問で、自分もそれに答えようと頑張る姿勢はとても勉強になりました。

質問を色々なことに持つのって実はすごく難しいことだと思います。

先生のレベルもとても高く、どんな話題にも精通していて、鋭い見解を述べてくれて勉強になりました。


そもそも何で英語のクラスに通っているのかというと、以前アメリカに留学した時は英語でだいぶ失敗したと思ったので今回は準備を万全にしておきたかったから。

あの時と比べて授業中もだいぶ発言するようになったし、ディスカッションにもちゃんと参加しているし、成長を感じましたね!


これからはもう通えないので、beoの通信でwtiting講座を受けることにしました。

writingはオーダーメイドなようで、私の要望にあわせてくれるようで私の場合開発に関するトピックがたくさんでした。


もし日本にいる間に、少しで準備をしたいという方がいればbeoお勧めします!

人事面談

もうすぐで休職に入りますが、今日は後期の人事面談でした。

社長も交えて3者面談の日です。


私は会社を離れる人間なので、今後の仕事の話とかではなく話の矛先はなぜか留学に。。。

私がどこに行くか知らなかった社長にどこに留学するのか聞かれ、LSEですと言ったら社長の好奇心に火がついたようでした。

社長はTransport Plannerでマスターをとっていると思われますが、各方面から聞く話だと経済にもとても興味があるようです。(社長からミクロやマクロを勉強しろと言われたーと言っている人をよく見かけます。)

なのでLSEには当然興味があるようで、というよりだいぶLSE信者でした。。。

しばらくLSEについて語られ、センもよく来るでしょ?と聞かれ、センって何?と一瞬思ったけど、あーアマルティア・センねってことでいきなりセンと言われてもわからないよって思いました。笑。

センがLSEのパブリックレクチャーに来ているのはよく知っていたけど、うちの社長曰くセンはLSEの教授だとのこと。

1度だけセンについてWikipedeiaで調べたことあって現在のステータスは忘れたけど絶対嘘だーって思ったので、再度調べたら現在はハーバードの教授とのこと。

でも確かにだいぶ前ですがLSEの教授もされていたようです。

私はてっきりインドにお住まいかと思っていました。笑。

ちなみにDevelopment as Freedomはパリにいる間にKindleで読破しようと思っています。


そして休職なのに、LSE卒業したら国際機関で働きたいの?と聞かれ、あのー私一応休職なんですけどって言ったら、だってそういうことしたくてLSE行くんでしょ?的なニュアンスのことを聞かれて、まぁその時になってみないとよくわからないですと答えておきました。

何だかよくわからないけど、休職なのに人を刺激する不思議な会社だなーと思いました。笑。

戻ってこなくて良いの?ってつっこみたくなります。笑。

しかも社長自らそういうことを口走ってしまう。笑。

まぁそういう会社だから私も働いてこれたのでしょう。


ということで、とりあえず社長が私以上にLSE大好きでLSE信者なことが判明した1日でした。

どうでも良いネタでごめんなさい。

Kindle Paper White

最近、留学に何を持って行こうかひたすら悩んでいます。

その中で、最近買ったのがKindle!

電子書籍ってあんまり興味なかったのですが、とにかく余計なものを増やしたくない留学中はきっと重宝するかもと思い値段も安かったので買ってみました。

買って直後はあまり使っていなかったのですが、最近になって洋書が意外とKindle化されていることが判明!(日本の本はまだまだKindle化されていないです。。。)

Wi-Fi環境がないと本は買えないのですが、アンダーラインを引いたりわからない所はWikipediaで調べたりできるようです。

世の中便利になりましたねー。

最近、子供の勉強用タブレットがCMでやったりしていますが、私の子供時代とは大違いです。

子供時代に本を読みたければ、本は図書館で図書カードを書いて借りたし、PCはまだ超大型のワープロという言い方が相応しい時代でした。

唯一カバーがかわいいのがないのが難点!と思っていたのですが、Amazonになんとサマンサのカバーが!

サマンサが好きなわけではないですが、私の持ち物はいつの間にかサマンサだらけになっていたりするので、サマンサのカバーがあるのは嬉しいですね。


それにしてもこういった電子機器は何を持って行くか悩む!!

当初の予定では

・A4サイズのPC
・Surface Pro
・Kindle

という予定だったのですが、Surfaceが意外と重い!(新型はどうかわからないですが。。。)

どちらにしてもPCは新調して持って行こうと思っていたので、ビックカメラにMcBook Air並の薄さのWindowsを探しに行ったらソニーでとっても薄いVAIO発見!

サイズは私の思い描いているものより若干小さいのですが、あの薄さと軽さは魅力ですね。

というかSurfaceとほとんど大きさ変わらない。。。

→Surface持って行く意味あるの?

という所に今来ています。

当初は授業にもSurfaceは持って行けていいよねとか思っていたのですが、同じような大きさで軽いPCがあればそっちにこしたことはないという。。。

でもタブレットはタブレットでアプリダウンロードしたりとかして遊べるかなと思ってみたり。。。

そんな使い方したことはないですけどね。苦笑。

ただソニーのPCも若干思い描いているPCよりは小さいので目が痛くなりそうです。。。

今留学中の先輩がモニターをくれると言っているので、これはもらっておくべきか。。。

その先輩は理系の先輩なので、データやエクセルを見る際にモニターがあると便利かもしれないけど、私は正直会社でも自分に割り振られているモニターを使いこなせてないので使うかはわからないですね。

でも仮に3つ持って行ったら空港の検査での出し入れが面倒、かつ肩がもげてしまいそうです。

本当に悩ましいですね!!!!

Pre-sessional期間中の滞在先決定

とっても久しぶりの更新ですー。

いつの間にか4月。

消費税がついさっき8%になりました。

仕事ではだいぶ揉めている話なのに、すっかり忘れていました。

今日ビックカメラが異様に混んでいたのは、このせいだったんですね。

留学もどんどん目前に迫っています。


何か進展があれば記録としてブログを更新したいと思うのですが、ここ最近本当に進展がない!

基本的にあとはビザの手続きだったりなので、ひたすら待ちの状態です。

強いて言うならば、寮の申し込みをしてみたことでしょうか。

まだ結果は来ないですけどね。

寮は早い者勝ちというのを読んだので申し込みは始まったら、速攻しようと思っていました。

はやる気持ちが先行して、なんと申し込みをしたのは旅行先の韓国で。笑。

まぁ当然あんまり色々読まずにやったらフォームが結構複雑でした。。。

・各寮の契約期間 (40weekか50weekか)
・各寮の1週間あたりの家賃

は事前に調べておいた方が良さそうです。

HPにも載っていると言えば載っているのですが、情報が散乱していて一目で見つけるのはちょっと無理でした。

これも1つの表にまとめておいてくれれば良いのにその点ちょっと不親切ですかね。

正確に言うと契約期間とまとまった家賃が記載されたPDFはあったのですが、そこからの計算が面倒で。。。

1週間あたりの家賃がまとまっているページがあったので、そこを参照した方が早いかと思います。


そして40weekか50weekどちらにするか!

40weekだとテストが終わった頃に寮を出る感じで、50weekだと論文を出し終わった頃に寮を出る感じですね。

私どこからか間違った情報を持ってきていたみたいで、論文の締切が8月上旬だと思っていたの50weekは多すぎと思ってたのですが、普通に先輩方のブログをあさっていると9月上旬ぐらいが締切らしく50weekにしなきゃと急いで修正をしました。

この週単位の契約もイマイチぴんと来ないです。。。

日で表示してくれた方がわかりやすいです。。。

紆余曲折しながらも寮の申し込みをしたので、寮に入れると良いなー。


そして今日の本題はここから!

タイトル通りPre-sessional期間中の滞在先を決定しました。

ホントはここもLSEの寮に申し込みたかったんだけど、またContract期間が週単位で決まっていてちょっとそれが自分の希望する入寮日とあわないというのと、唯一あった場所でも場所的にちょっと避けた方が良いかなと思った所だったのでPre-sessional中はLSEの寮に入るのは辞めました。

一番ネックだったのは、Pre-sessional修了してからマスター開始まで1週間寮に入れないこと!

これはかなり痛いです。。。

重い荷物を持って引っ越しを2回するなんて、か弱い乙女には無理です。笑。

それに違う寮に行くのに寝具を買い揃えなきゃなのもマイナスポイントでした。

寮の中でも買える的なことが書いてありましたが、日曜到着だと買えないようで意味ないじゃん!と思ってしまいました。笑。

アメリカで寮に入った時はまさにここの状況で、ホントに布団も枕も用意されていないと思っていなかったまだ20歳の私は1日毛布もなく飛行機で首回りに使用するエア枕で寝たという悲しい思い出があります。

あの時は確かしっかり自分の布団を持ってきたルームメイトが同情をして毛布を貸してくれました。


そんなこんなでPre-sessionalフラットシェア的なことをすることにしました。

当たり前ですが、特に掃除はきちんとしてほしい的なことが書かれていて若干プレッシャーですね。

私、掃除が大の苦手で、冗談ではなく部屋がのだめです。

人様に迷惑をかけないように、おそらく勉強より掃除を頑張ります。。。

場所的には若干郊外になりますが、地下鉄1本で行ける場所なので滞在費とか色々考えると許容範囲かなと思います。

ホテルだって1日1万円の所に泊まったとしても(実際1万円で泊まれる所って少ない気がしますが)、2ヵ月いれば60万円かかっちゃいますからね。。。

滞在先の確保ってホント難しいですね。

だからこそ寮に絶対入りたいです!!!!!!
プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。