スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス大学院出願総括

出願結果が全て出揃ったところで、総括を書いてみたいと思います!

私はLSE、UCL、KCL、SOASの開発系コースに出願しましたが、無事すべての学校からOfferをもらうことができました!(ただしKCLとSOASは英語でconditionがつきましたが。。。そもそも英語のテストの点数出してないですが。。。)

出願する前は私は本当に受かるのか不安で、とりあえずロンドン攻めにしてみましたが、ロンドンがダメだった時のための学校もうっすら考えてはいました。

でもまさかこんな受けた全ての学校からofferがもらえるなんて思ってもみませんでした。

特に社会人になると何だか自分が社会に埋もれて行ってしまって、自分の存在価値というか自分が誇れる点みたいなものを見つけにくかったりするのですが、personal statement等を通して自分がこれまでやってきたことや感じたことを評価してもらえたと思うと嬉しいですね。

まぁイギリスは留学生の授業料は高いので、受かりやすいっていうのが大きいのかもしれませんが。


やっぱり1番嬉しかったのはLSEに受かった時です!

何だかよくわからないけど、私の中にはLSE信者熱があってwikipediaや各種学校紹介を通してこの学校に行けたら良いなーでも私は大学時代もぱっとしなかったし無理かもなーチャレンジ校かなーと思っていたので、受かった時は素直にLSEに自分が認められた気がして嬉しかったです!

LSEは倍率がわかるようになっているという書き込みがあったのをよく見ていたので、コース選びの際の参考にしたくて探していたのですが、どこにあるかさっぱりで結局見つけられないまま応募してしまいました。

でも意外と絶対見ているであろうページに書いてあるのを合格後に発見しました!

2012年のデータによると私の通うDevelopment Studiesのコースは633人中68人が合格したそうです。

これって結構倍率高くない?と思いました。

10倍近くはあるってことですよね。

そう思うとまた嬉しくなってみたりしました。


以前の記事にも何回か書いていますが、私は大学院留学をしたいと思ったのが2013年8月末だったので、割と遅いスタートだったのではないかと思います。

おまけに大学時代の専攻は、教養学部なのでありませんでした。

それでもどうにかpersonal statement等で自分が重点的に学んだこと、職歴、その関連性について一貫した主張ができたことは良かったのではないかと思います。

イギリスの大学院はアメリカに比べて門戸が広いと個人的には思っているので、是非迷っている方がいたらとりあえず出願してみることをお勧めします。


とりあえずひと段落して良かったです!
スポンサーサイト

合否結果~UCL~

最後の合否結果はUCLでした!

UCLは11月中旬ぐらいに出願を完了させたのですが、結果が来たのは昨日でした。

結果はUnconditional Offerです!

やっぱりUnconditionalって響きは良いですね。笑。


UCLは本当はInternational Public Policyというコースに応募したかったのですが、IELTSの要求スコアが7.5だったので安全圏をと思って要求スコアが6.5だったDevelopment Administration & Planningというコースに応募しました。

このコースが一番私が今やっている仕事と近いというか、「コンサルタント」向けのプログラムかなと感じています。

かつ理系分野よりのコースなのかなと思っています。

あまり詳しくないのですが、このコースが所属している学部は交通計画や都市計画で有名な所だそうなので、そういう影響があるのかもしれませんね。

ちなみにUCLの交通計画系のコースはインペリアルカレッジと共同プログラム?のような授業があるそうです。

そしてこのDevelopment Planning & Administrationのプログラムが、私が受けた他のコースと一番違う点はフィールドワークがあることかと思います。

East AngliaやYorkでもフィールドトリップがあるようで、先輩もNGOでインターンをしていました。


UCLと言えばロンドン大学の象徴と言いますか、一番最初にできたカレッジだし、University Collegeって感じのパルテノン神殿的なシンボルは素敵ですよね。

総合大学だから世界ランキングでも上位に食い込んできますよね。

あとは夏目漱石や小泉進一郎が留学していたことでも有名なのではないでしょうか。


実はUCLは私の大学と提携を結んでいて、私の仲良かった友達が学内専攻では何人かUCLに行くことが決まっていました。

ただ、交換留学だったけどTOEFLが250点(当時はCBT)超えないと、UCLには交換留学できないとUCLから言われてしまったそうです。

学内選考のTOEFLの指定点数は230点ぐらいだったはずなのに。。。

もし、留学したいのであればPre-sessionalを受けて所定の点数をクリアしてほしいと言われていたそうで、ほとんどの人はお金がかかるということで違う大学に進路を変えていました。

その中で私の仲良かった友達はPre-sessionalを受けても良いからUCLに行く!と言って留学をしていたのが、とっても印象的で記憶に残っています。

当時友達が

LawやPolitics系の学部に行こうと思うとより高い点数が必要なんだよねーMedicineやUrban Planningだったらそんなに高くないんだけど

と言っていて、

Urban Plannningって何?

と私が聞いたら

みんなヘルメットかぶって何かやってるの。私このままだとurbanになっちゃうー

って言っててUrban Planningが何が何だかさっぱりわからなかった20歳の私ですが、その私が今はUrban Planning系のプロジェクトに関わっているという不思議な展開になっています。笑。

あとその子がUCLではアメリカ人も留学生だから英語がすごい大変って言っていたのと、UCLは世界ランキングがすごい高いと言っていたのをすごい覚えています。

それまでUCLという学校を知らなかった私にとって、その時からUCLってすごい学校なんだなーってイメージになりました。


最後の方ほとんど関係ない話になってしまいましたが、とりあえずそんな素晴らしい学校であるUCLからOfferをもらえて嬉しいです!

これにて大学院受験も完結です!

総括編的な記事もこの後に書いてみたいと思います!

土地の利

最近、土地の利ってとーーーーっても大事だなって思う。

ちょこちょこインターンを見ていたりするのですが、私がやりたい分野のインターンは圧倒的にワシントンDCに多い!

ワシントンDCに住んでいた時期もあるのに、その時期を活用できなかった自分が情けない。。。(と言ってもJ-1ビザだったし、ただの交換留学生だし、大学生だったしできることは何もないですが。あ、でもインターンは一応日系の大手メディアでしていたのでした。)

DCじゃなかったとしても、アメリカの大学院生はアメリカに滞在できる権利を持っているというだけで羨ましい!

あとはやっぱりNYですね。

NYもインターンしたい機関がたくさんあるし、単純に好きなので羨ましいです。。。

私はDCならGeorgetownかJohn Hopkins、NYならColumbiaに行きたいです。笑。


そう考えるとロンドンって意外とインターンが…………ないかも。。。

金融系とかだったらたくさんあるかもしれないですけどね。


だったらアメリカの大学院行った方が良かったんじゃないかって言われてしまうかもしれないのですが、私の中でアメリカの大学院のイメージは

・倍率が高い→私合格できないかも

・TOEFL基準→CBTならまだしもiBTは大の苦手。でもこれもいつかは克服しなきゃですね。

・2年間←これが一番重要!私ももう若くないので、2年も海外にいたら年齢制限に引っかかるものがたくさん出てくる&仕事もどうなっちゃうか不安。学部卒でそのまま行ってればまた違ったかもですが。。。あとはものによっては1年プログラムもあるみたいですね。

という感じで、ビバリーヒルズ高校白書に始まり、The OCやGossip Girl等々、同世代のアメリカドラマに憧れ、ボストン・シアトルでホームステイをし、ワシントンDCで留学をしていた私はどう考えてもアメリカナイズされていますが、今回はロンドンに行くのです。


イギリスの魅力は何と言っても

1年で修士がとれること!!!!

これに尽きます。

あと、色々読んでいるとやっぱりヨーロッパというよりEU意識がすごく強いですね。

これはEU圏に住まないとなかなか実感できないことかもしれません。

アメリカ人も私達と同じinternational扱いです。

たまにイギリス留学の魅力は?という質問に、アメリカ目線じゃなくてヨーロッパ目線で見れるという回答があったりしますよね。


実は土地の利ということでジュネーブのGraduate Instituteも結構真剣に考えていました。

しかもここはフランス語マストではないけど、フランス語の授業を無料で提供してくれるという素晴らしいプログラム!

そして土地柄、魅力的なインターンがいっぱい。

ただ、2年間のプログラムということで私の選択肢から除外されてしまいました。


もう1つ悩んだのがお馴染みのフランスのScience Poです。

ここも英語で授業を提供してくれるクラスがあるし、パリにあるので本格的なフランス語が学べる!と思うとモチベーションがあがるのですが、ここも2年間。

残念無念。

同じヨーロッパなのに1年で修士が終えられるのはイギリスだけなんですかねー。


上記に書いた学校は私が心の底からいつか通ってみたいと思っている学校達なので、いつか機会があって行ける日が来ると良いなーって思っちゃいますね。

Offer Pack到着!

今日やっとLSEからのOffer Packが我が家の郵便受けに到着しました!

Offer Packという言葉はあまり馴染みにない言葉だったのですが、これからするべきことのガイドブック的なものとOffer Letterの合格キットです。

ちなみにLSEのOffer Bookはこんな感じです。

20140125_234508.jpg

HPでも閲覧可ですが、本になっている方が便利です。

もうちょっと小さいサイズかと思いきや普通にA4サイズでちょっと思っていたものと違いました。

デザインもLSEらしいというかシンプルだけどスタイリッシュですよね。

これと同時にUnconditional Offerを証明する書類も一緒に届きました。

Offe Letter原本が届いてやっと一安心です。

これはきっとビザ申請だったりに使う書類かと思うので、大切に取っておかなきゃですね。


ちなみにKCLからもConditional OfferですがOffer LetterとOffer Bookをもらっていたのです。

KCLのOffer Bookはこんな感じです。

20140125_234551.jpg

こちらはLSEとは違ってA5サイズのコンパクト仕様。

通勤列車の中でも読めちゃいそうな感じです。

中身はLSEの方がスーパーの情報だったりより細かく書かれている感じです。笑。


勉強は鬼のように大変かと思いますが、これだけ見ているとまるで旅行前に透明ポーチに入って届く旅行キットみたいで楽しいですね。

しかも学校によってパンフレットデザインが色々あるのがまた面白いです!

元JPO、国連職員の方とのお話

またまた国連関係のお話です。

私の会社には元JPOだったり、私の会社に勤めていたけど辞めてJPOだったり世銀YPPだったりする方がちらほらいます。

今日はあまり日本にいらっしゃらない、元JPOで国連職員をしていた方がたまたまオフィスにいたのでお話を伺ってみました。

あまり詳しくは書けないのですが国連も賛否両論な場所なんだなと改めて思いました。

それは国連フォーラムの職員の方のインタビューを見ていても感じますけどね。

結局はどこに行っても賛否両論だから、とりあえずどこかに入って自分の目で確かめるっていう姿勢が大事ですね。

自分も一応業界人なのですが、そんな気がしないのはなぜでしょう。苦笑。

いずれにしても今まで不明確だったことが、その方とお話をしてとってもクリアになって、とっても有意義なトイレトークでした。笑。

会社の中で留学先の専攻科目や大学、そして将来について相談できる環境があるのはとても有り難いなと感じる最近です。

進学先決定後の事務手続き

LSEに進学を決めたことで、やらなければいけないことが盛りだくさん!

それでも割と早めに合格をもらえている方だとは思うので(その分早く出しましたが)、少しは余裕があるのかもしれません。

以下にちょっと整理してみます。

・KCLのコースをdeferするための理由書の作成

 なんと同じマスターレベルでdeferするためには、wordの理由書を作成しなければいけないそうです。

 1年目のマスターではここを学びきれないから、2年目に学びたい!みたいな。

 正直、deferしても行くかわからないので、費用対効果を考えてすらっと書けそうであればdeferします。

・Pre-sessional申し込み

 Pre-sessionalは条件付きだろうと条件なしだろうと行こうと思っていました。

 期間が2週間か5週間か選べるらしいので、どちらにするか悩みます。

 私は大学時代にAcademic Englishは徹底的に某国際教養学部で叩き込まれました。

 ただ、Academic Englishから離れている時間が長すぎてMLA writing styleやCitationの仕方がかなり曖昧になってしまっています。

 ロンドンにも慣れたいし、英語にも学校にも慣れたいのでおそらく5週間のものに申し込むと思われます。
 
 skypeでinterviewがあると書かれていたのですが、もしホントにあったら緊張ですね。

 Pre-sessional期間中と実際に学期が始まってから住む場所が違うのはとーーーってもやっかいですね。

・ビザ申請

 これが一番私にとっては重要です!

 これ次第で私のフランス行き、ひいては休職時期も変わるのです。

 コース3ヵ月前からしか申し込めないということは実は7月入ってからでないと申し込めないということが判明したので、その前に行くしかないですね。

 そうするとPre-sessionalのビザはどうするんだろう。。。

 うーんわからないことだらけです。

・寮の申し込み

 これはまだ申し込みが開始されていないようなので、ちょっと待ちの状態です。

・卒業大学からの成績・卒業証明書
 これは大学の機械で発行できる成績・卒業証明とは違うようです。

 LSE所定のフォーマットにて、本当に私がその大学を卒業したが、GPAはいくつか等を大学側に記入してもらって大学のスタンプが必要だそうです。

 大学に問い合わせたけど、返信なし。

 ということで、こちらも電話で問い合わせをしなければ。。。

 仕事をしていると、なかなか大学が開いている時間に電話をかけたり行ったりすることができなくてもどかしいです。

・大学側が私のオファー受諾手続きを処理してくれるのを待つ

 Offer受諾手続きをネットでするのですが、LSEの場合はacceptを押すだけではなくStudent IDに使うという写真をアップしなければならないのです。

 これに大苦戦!!!!

 9MBから16MBの間でなければいけないらしく、それってものすごく小さい!

 最終的にはかろうじて見える大きさで、解像度はかなり低くなりました。

 おまけにアップロードしたらpreviewで見れなかったという。。。

 でも、なんかもういいやって思ってそのままsubmitしちゃいました。

 ダメなら大学から連絡が来るでしょう。

 実はこの作業を平日仕事終わりにして、なかなかできなくて3時だか4時頃までやっていました。
 
 写真圧縮ソフトをダウンロードする時によくわからない迷惑ソフトをダウンロードしちゃったりで、結構ぐったりきました。

 LSEを受験される方はあらかじめ、写真を用意しておいた方が良いかもしれません。。。

 私もうまく処理されていることを願います。

以上、一部これからしなければいけない手続きの紹介でした。

他にもまだまだあります。

結構最初から出鼻をくじかれているので、めげずに頑張ろうと思います!

進学先決定!(改)

以前、同じタイトルでKCLに進学を決めました!って書いたばかりですが、結局LSEのUnconditional Offerをきっかけに

LSE MSc Development Studies

に行くことにしました。

何かホントころころ変わってすみませんっていう感じです。

一時期本当に悩んで朝の5時まで寝れなくて、次の日の仕事がとっても眠いっていうこともありました。

でももう変わらないので大丈夫です!

KCLは分野としてはやっぱり魅力的なのでDeferできればしたいと思っています。


LSEに決めた理由は本当に単純で、名前です。

LSEに受かったんだーと周りの人に言うと、反応がすこぶる良く、また国連の方に会った時も「ロンドンの大学院に留学するんですー」と言ったら「LSE?」って聞かれたので、やっぱりLSEはそういった業界の人の中で一番最初に出てくる学校なのかなと実感しました。

その後LSEに関する記事をたくさん読み、やっぱりLSEの評価の高さに魅力を感じたこと、そんな大学に自分が合格して学べることはやっぱり嬉しいなと思ってLSEに決めました、

LSEでは私のやりたい安全保障や紛争研究はそこまでできないのかもしれないですが、論文等で扱っていければと思うし、もう少し幅広い視野で学んでいければと思います。

せっかくLSEにいるんだから、ちょっと経済っぽい授業もとってみたいですね。


ということで、ブログのタイトルにLSE留学記という文字を入れることにしました!

今まで自分がどこに住むのか、また本当にConditionがとれるのかわからない状態でロンドンで大学院生になれる確証はなかったですが、これで一安心です。

今後はLSEにまつわることについて、色々書いていければと思います!

合否結果~LSE~

つい先ほどLSEから合否結果が来ていました。

なので、こんな時間まで起きてしまっているわけですが、結果はUnconditional Offerでした!

条件付きじゃないのってこんなにも解放感があるんですね!!!!(T_T)

正直、KCLのConditionへのプレッシャーがありすぎました。笑。

結局、LSEには英語のスコアを提出していないことになります。(後から出せと言われるかと思いましたが、それも言われてないです。まぁLSEはIELTS足りているので出せと言われても困らないのですが。)

オファーパックは10日に郵送したと書いてあったけど、オンラインのステータスが変わったのは今日だったので全然タイムリーに更新してくれてないじゃん!ってつっこみたくなりました。


今までは「仮にLSE受かったらどうしよう」という想像で進学先を考えていましたが、いざ本当に受かってしまうとLSEとKCLどっちに行くべきかもうわかんないってぐらい悩んじゃいますね。
(ついこの間、KCLに行く宣言をしてたじゃんってつっこみはしないでください。笑。)

何よりもUnconditional Offerというのが魅力的です!!

Conditionがついたまま渡英すると、ビザ延長とかをする必要があるらしく、しかも混み合っていてパスポートが帰ってくるのが年末ぐらいになるかもとのことでした。

フランスに語学留学もしたい私にとって、このUnconditional Offerのスケジュール感と安心感はかなり魅力的です。


引っかかりがあるのはやっぱり「MSc in Development Studies」という名前なのですが、これも結局はとる授業と書く論文の内容で専門性を持てるんでしょうかね。。。

そこが一番不安です。

Wikipediaによると開発学は国際関係学の派生学問らしいですが。。。


ただちょっと違う考え方をしてみると、専攻分野は自分の言い方や学び方によってどうとでも言えるかもしれないけど、学校名は一度入学してしまうと変えられないっていうのはちょっと大きいかもと思いました。

やっぱりLSEってイギリスの中では間違いなく名門なので、その名前を捨てる勇気がプライドの塊でできている小さな人間の私にはありません。

インターンとかで、平和構築系に行ってみるとかそういう所で補うとかもありなんですかね??

あーもうなんだか悩めば悩むほどわからなくなってきます。。。

毎日コロコロ気持ちが変わります。

でもLSEのUnconditionalっていう現実が今目の前にあるので、だいぶLSEに傾きつつあるような。。。。

決定力だけはあると思って生きてきたので、こんな優柔不断な私が嫌です。。。

Offer letterとブックレットを見たら、100%私はLSEに行っちゃう気がします。。。

ティファニーの英語

ちょっとどうでも良い話かもしれませんが、私は少女時代のファンです。

その中でもユナ、ソヒョン、ティファニーが好きです。

ティファニーのことを好きな理由は何と言ってもティパの英語!!!

ティパはアメリカ出身なので、韓国でデビューが決まるまで韓国語を喋れなかったのです。

なので、英語がとってもキレイなのです。

少女時代にはジェシカというもう1人アメリカ出身の子がいますが、私的にはジェシカよりもティパの英語が好きです。

英語の喋り方やイントネーションには私はかなりこだわりがあって、ティパの英語はまさに私好みというかアメリカンイングリッシュというかティーンエイジイングリッシュというかとにかく好みなのです!

ご参考までにティパの英語力がわかるURLを貼っておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=zieqhyIwHWQ

ものすごく気休めかもしれませんが、「ティパみたいになりたい!」と思ってから発音やイントネーションが良くなったような。。。

そして、自分も積極的に英語を話すようになった気がします。

speakingってものすごく苦手意識が強かった部分なのですが、それもなくなった気がします。

実際にTOEFLやIELTSのspeakingでそんなに悲惨な点数をとったことがないのです。

それ以来、ファッションや髪やメイクもティパを真似するようになっています。笑。


イギリス英語とティパの英語はちょっと違う気がしますが、帰ってくる時までにはティパぐらい喋れるようになっていたいな。。。

寮の申し込み

進学先も決めたことだし、早速寮の申し込みをしてみました!

実は寮はKCLに行くかわからなかったけど、12月ぐらいからはどこに住みたいか色々考えていました。

本当は12月ぐらいから寮の申し込みが始まる予定だったので、「周りの方々からは早めに申し込んだ方が良いよ!」と言われていたので準備万端だったのですが、結局申し込み開始時期が1月に延期になりやっと申し込みができたという状況です。

KCLはマンモス校だと思うので、KCL独自の寮をいくつか学校近辺に保有しています。

その他にKCLが管理しているわけではないけど、KCLと契約を結んでいる?感じの新しいキレイな寮だったり、ロンドン大学の学生なら入居可能なIntercollegiate Hallというものがあります。

寮というより、イギリスではアパートメントというみたいです。

実際、写真を見てもアパートのような感じの部屋で、基本的には個室で部屋にシャワーとトイレがついている所が多いみたいです。


アメリカでも学校の寮に住んでいましたが、アメリカと違う点が結構多くてカルチャーショックではあります。

まず、アメリカはルームシェアが基本です。

私はアメリカ人だけど、カナダの大学に通っていて、アメリカの大学に留学?してきている子と同室でした。

私達は基本的にはお互い干渉しない感じだったので、特にトラブルもありませんでしたが、特別仲が良いわけでもありませんでした。

私の周りではルームメイト関係でのトラブルが勃発しすぎて大問題に発展していたので、私の部屋は良かった方なのかなと思っています。

あと私が通っていたAmerican Universityではほとんどの寮でバスとトイレは共用でした。

決してキレイとは言えない感じなので、これについては賛否両論ありますね。

私的には掃除が大の苦手(特に水回り)なので、掃除を自分でしなくても毎日清掃の人が掃除してくれると思うと逆にありがたかったです。

ただ、お風呂に鍵がなくて男女問わず誰でも入って来れてしまう点はかなり危険だと思いましたが。。。

あとは、アメリカの大学は基本的に学校の敷地内に寮があることがほとんどかと思います。

私も大学内に住んでいたので、図書館や学校のコンビニにもとっても行きやすくて学校ベースの生活をしていました。

なので、学校に公共の交通機関を使って通うというロンドンスタイルにちょっと戸惑いがあります。。。

Sussexなんかはアメリカと同じで大学内に寮があるみたいですが。。。

まぁロンドンで広大な敷地を確保するのも難しいでしょうから、しょうがないですね。。。


話が逸れてしまいましたが、KCLの寮の申し込みは第〇希望まででも出せるようです。

私が重視したのは

・バスとトイレが部屋にあること

・冷蔵庫が備え付けであること

・駅近なこと

です。

自分の中で冷蔵庫問題は結構深刻で、キレイで良いなと思っていた寮というかアパートでは冷蔵庫はBring your ownとなっていて、これが決め手でそこは第一希望にはしませんでした。

そこのアパートも基本的にはキッチンシェアのようなので、そこの冷蔵庫を使えます的なことが書いてありましたが、完全私物のものはやっぱり入れにくいなと思うとちょっと住むのは辛いかなと思いました。

料理はしないんですけどね。笑。

寮を選ぶ、しかも順位をつけるのって結構難しくて結局、第一から第三のどこかには入れるだろうと思って第五希望までしか書きませんでした。

割と適当な感じです。笑。

これでどこにも入れなかったらどうしようって感じですね。笑。
プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。