スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨルダン・イスラエル旅行~エリコ&国境封鎖&帰国~

いよいよ最終日!

トラブルはこの日に起こります。。。


いつも通り朝食を済ませ、ホテルを出発!

少-しだけ時間があったので、予定にはなかったですが急遽パレスチナ自治区のエリコに立ち寄ります!とのこと。

バスの中は拍手が起こっていました。

エリコは国境とも近い街なので、立ち寄りやすいですね。

エリコは世界最古の街と言われています。

何を定義に街というかですが、街というのは城壁があることが前提だそうで、それをもって世界最古の街だそうです。

エリコもパレスチナ自治区になりますが、ここの人達は本当に静かで、やる気さえあればアラブ人もユダヤ人も共存できるというお話が印象的でした。

実際8割ぐらいの人がお互い静かに暮らしたいと思っているのに、残り2割が争っているため巻き込まれてしまっているとのこと。


エルサレムからエリコへは少し時間がかかるので、街並みを見ながら色々なお話を聞きました。

たとえば、家の外観。

家の外観を見るだけでユダヤ人かアラブ人かというのがわかるとのこと。

その違いは屋上についている水のタンクだそうです。

ユダヤ人は基本的に白いタンクしかなのですが、アラブ人は黒いタンクも一緒に置いているとのこと。

確かに、言われてみるとキレイに色がわかれています。

何で黒いタンクを置いているのかというと、今はもうそんなことはないらしいですが、昔はアラブ人居住区のみ断水をすることがよくあったようでその時の名残で黒い水タンクを置いているそうです。

ちなみにアラブ人宅はパラボラアンテナが立っている家が多いですが、基本的にアラブ人はイスラエルのニュースは信用していないので、アラブのニュースを受信しているとのこと。

自分の国のニュースが信用できないって思うなんて悲しいですね。。。

まぁ確かに私も日本のニュースをどこまで信用するか否かは個人判断ですが。。。

ちなみにイスラエル領内に住んでいるアラブ人はパレスチナアラブ人とは違い、イスラエルの市民権を持っている人になります。

元々その土地に住んでいた人ですね。

なので言語はヘブライ語も話すしアラビア語も話すそうです。

色々な背景からヘブライ語を話すのに抵抗ないのかなーと思ったりもするのですが、イスラエルではヘブライ語を話せないと暮らしていけないそうなので致し方ないのかもですね。


そして更に進むと行きに見た丘陵地帯に再び戻ってきました。

ここにはベドウィンの人達が住んでいます。

家ではなくて、あくまでもテント以上家以下の簡易住宅ですね。

ハリボテ的な感じの。

かと言って彼等はお金がないわけではなく、お金を持っているベドウィンはものすごーくお金を持っているそうで車も持っていたりするそうです。

モンゴルのゲルみたいに中では普通に電気も通ってるし、若い子達は携帯を使っているそうです。

では何で簡易住宅に住んでいるのかという話ですが、イスラエルは7割が国有地だそうで、この一帯も国有地エリア。

なので誰かが家を建てたりすれば、周りもみんな家を建てだすのでそれはイスラエル的にもちょっとっていう感じみたいなので、今の居住形態を保つのであればここに残って良いという相互合意で今に至るみたいです。

なかなかガイドブックでは知り得ない情報がたくさんですねー。


そしてそんなこんなでエリコに到着。

エリコもパレスチナ自治区に登録されてから、土地価格が上昇し始めたらしく、ここもパレスチナアラブ人のお金持ちが住む場所だそうです。

お城みたいな家がたくさんです。

一口にパレスチナと言っても場所によって全然違うんですねー。

あとはJICAの事務所があったり、大蔵省のようなものがあったり。。。

確かにJICAはエリコ案件多いですもんねー。

あ、あとこの辺りは泉があるらしいので、オアシス的な空気でした。


あまり時間がなかったので、お土産センターの上から辺り一帯を展望できるとのことで、行くことに。

そこから見えたのはまず誘惑の山。

私もこの誘惑の山はアニメで見た記憶があります。

でも山と言ってもエリコから見ると山だけど、エリコが海抜低すぎて、実際に誘惑の山に行くと平地だそうです。

そして、城壁のようなものがある小さな遺跡。


私もここで初めて知ったことなのですが、基本的に昔の人が街を征服する際は昔の街の上に街を建てるんだそうです。

でも一番下の石の土台の部分はどうしても取り除けないので、征服と略奪を繰り返すとどんどん街が高くなっていくそうです。

その典型例がエルサレムとのこと。

確かに!!!!

エルサレムってすごく高くて常に坂道で、国境の死海エリアからは常に上り坂なんです。

ちょっと感動!


その後は下のお土産屋さんをぶらぶら。

このお土産屋さんにはモロッカンオイルが置いてあります。

私もその昔使っていましたが、髪に使うと良い感じなんですよねー。

でも日本より高いかも。。。


このお土産屋さんで面白かったのが、磁石でしか取れない不思議な泥パック。

とにかくトライしろトライしろとうるさいので、トライしてみたら磁石に吸われてる感じが不思議なパックでした。

ツアーのみんなに伝えてきたらプレゼントあげると言われたので、なんとなーく伝えてきました。笑。

そしたら3ドルの泥パックくれた!

ラッキー。笑。

肝心の磁石泥パックは80ドルとのこと。

高いなー誰か買った人いるのかなー。。。


お店の前にはエリシャの泉があります。


帰りにエリコの繁華街的な所を通ってきたけど、ここでも手を振ってくれる子供がいたり人懐っこいですね。


そんなこんなでいざヨルダンに出国!と思いきや、まさかの事前通告なしの国境封鎖。

軍事的な理由だそうで、それ以上の理由は教えてくれないらしい。

そして13時までゲートは開かないらしい。

私達の飛行機は14時10分アンマン発。

それじゃあ間に合わないよーということで、急遽北側のガリラヤ湖方面の国境を利用することに。

ひたすらヨルダン川を横目に西岸地区をバスが走ります。

地形的に言うとアンマンの空港はアレンビーの国境の方が断然近く、北側に向かっているということはまた同じ道をヨルダン側で南下してということになります。

というか多分、いや絶対飛行機乗れないなーという予感は既にしていました。

そして北側の国境というのがアレンビーから結構遠い。

1時間ぐらいありました。


その間、西郷さんがパレスチナ問題について、イスラエルで兵役も経験して帰化した日本人としての独自の見解を話してくれました。

こういうの熱いですよねー私こういうの大好きです。

朝まで生討論したい感じ。笑。

あ、ちなみに西郷さんはパレスチナ難民のNGOでも働いていらっしゃるのです。

まぁよく言われることですが、やっぱりそういう所の人達は援助慣れしてしまっている&かつ被害者意識が強いため、そういう援助が彼らのやる気を削いでいるのかなと私も感じました。。。

一般的に悪いと責められるイスラエルですが、彼等の歴史を考えるとイスラエルという国にかける思いは強いでしょうし、何か一番悪いのは自分達のことしか考えていない第三者が関与したことかなと思わずにはいられませんね。

国連決議だってアラブ諸国、もっと言うとイスラム教国は各々票を持っているわけだからパレスチナ寄りの決議になることだってあるだろうし、重大な問題に関してはそれぞれ利権の異なる常任理事国がいるんだから解決するものもしないですよね。

拒否権なんてシステムもう辞めれば良いのにって感じですよね。


そんなことを色々頭で考えている内に国境到着。

私はもう半ばこの日に帰ることを諦めています。。。

ここの国境はアレンビーと違ってちょっと面倒で、国境を越えて橋を渡るまでは乗り合いバスに乗らなければいけないので、アレンビーよりも更に時間がかかるわけです。

アレンビーの場合は税関超えるとすぐにツアーバスなり何なり自分の交通機関に乗れるので。。。

まぁ出国時も特に何も聞かれるわけでもなく、入国時に発行された名刺大のカードの裏にスタンプが押されます。

でもここでも腹立つことが。

めっちゃ急いでいる私達の後ろに列に並ばずに、列に入りたそうなイスラエル人の女の子が。

ヘブライ語で税関とやりとりをした後、税関職員が私に「彼女急いでいるみたいだから、先に手続きさせてくれないか」と聞いてきました。

みんな急いでるんだし、税関職員がそんなこと頼んじゃダメでしょーと思い、「私達も意味不明な国境封鎖でこんな所まで遠回りして来て、飛行機に間に合うか間に合わないかの瀬戸際で急いでるんだから絶対無理!」と断っておきました。


そこからがまた長い。

バスも乗り合いなので、すぐに出発してくれるわけではないし、私達のグループは人数が多いので先にエティハド航空利用の人だけ乗るようにということになったのですが、何が何だかわからず乗り込んでしまう人もいたり等々。

乗り合いバスに乗り込んで連れてこられたのはヨルダン側の入国審査。

ここがまた腹が立つポイントで、列に並んでるにも関わらず、私達が割と人数が多いので、職員がお昼に行きたかったのか急ぎだって言うのに全然通してくれない。

後ろの椅子で座って待ってろと。

意味がわかんないんですけどって感じですよね。

ヨルダン人の現地ガイドさんもこの時既に合流してくれていたのですが、彼が話しても通じない。

添乗員さんもブチ切れ。

でも全然入れない。

そんな中彼の上司らしき人間にチクったところ、上司がその人を怒鳴り散らし、彼はしぶしぶ入国審査を進めることに。

外を見ると既に次のグループのバスが来ていました。

結構ロスタイム使いました。。。


そしてやっとこさバスに乗れると思ったら、今度は荷物のチェック。

ここでも後ろの西洋系の人に、グループ別れちゃったから先に通してくれないか頼まれたけど、もちろん却下。

荷物のチェックも7割ぐらいの確率でスーツケースまで開けさせられて、私開けさせられても1回開けたらもう閉める自信ないんだけどって思ってたら私はスルー。

良かった。


そしてやっと私達のバスに乗車。

アンマン空港に向かうけど、意外と遠いし道路整備が不十分だからか渋滞がひどく、全く着く気配なし。

結局空港に着いたのは、15時過ぎと私達の飛行機が飛び立ってからでした。。。


さて、ここからどうしようという話なのですが、基本的にツアーなのであまり個人的に対応もできません。

ここがツアーの難点ですね。

どちらにしても飛行機が遅れたわけではないので、航空会社の責任はなく、また保険がおりるかもほぼ下りないそうで、夜出発のカタール航空という選択肢もあったのですが、航空会社を完全に変える場合は航空券の買い直しということになり自腹になるそうです。(約20万円)

ツアー会社的にも軍事的な理由は免責事項となっているそうで。。。

なので、次の便のエティハド航空で帰るという選択肢しかないのですが、アブダビ-成田も1日1便なので、今回の飛行機を乗り過ごした時点で日本到着は翌日以降が確定していたわけです。

その後添乗員さんと現地代理店、及び航空会社との間でやり取りがあり、結局は手数料約3万円で同日深夜3時の便か1日遅れの全く同じ昼出発の便でアブダビに向かい、日本に帰れるとのこと。

アンマン-アブダビが混み合っているそうで、空席状況から全員一緒の便には乗れないので、この区間だけは2グループに分かれて飛行機に乗ることに。

問題は深夜3時の便の人。

深夜3時ということは、今から約8時間後には空港に来ていなければならず、更にアブダビの空港に着いてから、日本に向かう便まで10時間以上待たなければいけないこと。

ということはほぼ寝れないわけですねー。

昼の便の人は普通にヨルダン泊でホテルでゆっくりできますが。。。

ただ、それではあんまりだということなので、深夜便の人達は急遽アブダビ現地観光を添乗員さんが手配することに。

でも前日だったので、手配できるかはギリギリまでわからなかったみたいですが。。。

それに寝ないで暑いアブダビ観光はなかなか辛いものがあります。


これに関して希望をとっていると大変なことになるので、ここはもうツアー会社がランダムに決めた便に乗ることに。

私は翌日の昼便だったので、ホテルで1泊ゆっくりできることが確定。


とりあえず深夜便に乗るにしても、翌日の便にしても1回ホテルにということだったので、空港からアンマン市内へ。

実はこのホテル代も、ツアー会社が免責ということは誰が持つの?ということになり、深夜便の人は私ホテルに行かないでそのまま空港にいたいとか色々言い出したり。。。

まぁ結局はホテル代もバスチャーター代もツアー会社もちで、私達が負担したのは飛行機変更手数料3万円だけだったのですが。。。

添乗員さんも大変ですねー。。。


ということで、このツアー初めてアンマン市内中心部を通ることに。

夕方だったので渋滞しています。

でもさすがにアンマンは都会ですーカイロとかを彷彿としちゃいました。

普通に高いビルは建ってるし、道路はキレイだし、多分日本人が思っているヨルダンのイメージとは違うかと。。。

これはアフリカにも言えることかもですが。。。

マックやスタバなんかもオシャレです。


でもホテルはCham Palaceという少し中心部から距離のあるホテルに。

4つ星ホテルということで、このツアーの中では一番豪華なホテルでした。

部屋も一番広かったし、初めてのチェーンロック!

これで安心して寝れる!

ただドライヤーが外されていたり、暖房が途中めっちゃうるさかったりメンテ面にはちょっと問題ありですが、基本は問題ないでしょう。

他の人の部屋ではシャワーが出なかったという人もいましたが。。。

Wifiも今までで一番早かったです。


レストランもそこそこキレイで食事もおいしく、トラブルで疲れ切った体を癒しました。

でも深夜便の人達は息つく間もなく出発なんですよねー。

私はこのツアー初めてゆっくり目覚ましをかけずに爆睡できました。

朝食もゆっくり、のんびり、仲良くなったご夫婦と一緒にとり、ゆったりした出発でした。


そして空港に着いてチェックイン。

チェックインゲートから搭乗ゲートが近いというか思い切り丸見えなので、中に何があるかは一目瞭然です。

スタバがあったので、というよりずっとスタバに行きたいと思っていたので、やっとスタバにありつけました。

ヨルダンのスタバタンブラーなんて持ってる人なかなかいないだろうということで、タンブラーも購入。

トフィーナッツラテをヨルダンで飲めるなんて不思議と思いながら、昨日のバタバタが嘘のように平和な時間を過ごしました。


アンマン-アブダビの飛行機は満席。

というか団体客がめっちゃ多い!

どこの団体客かというとシンガポール、インドネシア。

シンガポールはイスラム教系の団体で、インドネシアはキリスト教系の団体でした。

私はたまたま飛行機で隣になった人がインドネシア人の家族で、奥さんが人懐っこいというか日本に興味があるようだったので、結構お話しちゃいました。

コミュニティチャーチのグループでクリスマスをお祝いするために、イスラエルに行ったとのこと。

ペトラ遺跡も行ったらしく、私達と同じヨルダン出入国になったそうです。

帰りはアブダビで1泊するとのこと。

何かとっても感じが良くてかわいくて若いお母さんでした。

私とそんなに歳が変わらなそうなのに、12歳の娘が横に座っていたので、何歳なんだろうと思ってしまいました。


そしてやっとアブダビ到着。

ここまで来ると安心感がぐっと出ますね。

無駄に私の好きなUAEブランドのチョコレートPatchiやラクダのミルクで作ったチョコやデーツチョコ、ヌガーなんかを買ってしまいました。

ホントに無駄に買いました。。。

配るしかない。。。


成田線はガラガラ。

真ん中3席占領できました。

あんなに寝たのにちょっと疲れてたみたいで、ほぼ爆睡でした。


そして、1日遅れでやっと成田到着!

無事に帰って来れて良かった!

色々あったけど、これも旅行の醍醐味ということで、今回ヨルダン・イスラエルに行けて本当に良かったです。

次はどこに行こうかなー。
スポンサーサイト

ヨルダン・イスラエル旅行~パレスチナ観光&ショッピングモール~

午後はパレスチナ自治区にあるベツレヘムへ。

パレスチナというと難民のイメージや紛争をしているイメージだけど、場所によって全く違います。

ここベツレヘムは完全なる観光地。


ニュースでよく言われているような分離壁はあるけれども、ベツレヘムでは壁というより塀という表現が正しいかもしれません。

分離壁も全部をぐるっと覆っているわけではなく、一部のみだそうです。

まぁいくら塀の高さとはいえ、そんなものを急に建てられたら心象は良くないですよねー。

おそらくガザの方に行けば、本当に分離壁という名前にふさわしい高い壁になるんでしょうし。。。

でもこの壁を建ててからアラブ人からの攻撃が減ったのもまた事実だそうです。

複雑ですね。。。


パレスチナ自治区に入る為には検問所を通らなければいけません。

たまーにパスポートチェックがあるそうなので、私達も一応パスポート持参。

でも今回は行きも帰りもチェックはありませんでした。

あとはパレスチナ自治区に入るためには、前述したとおり、車のナンバープレートやドライバーの人種等も色々決められているそうです。


でもベツレヘムの辺りは基本的にお金持ちのパレスチナアラブ人の居住区らしくて、家が大きくて綺麗。

車も持ってるし、普通の人より確実にみんなお金持ってます。

ニュースではこういう普通な側面はなかなか伝えられないですからね。。。


私達はバスターミナルに向かいます。

途中「I♡Bethlehem」のオブジェが。

みんな降りて写真を撮るので、その辺りは渋滞していました。

最近できたものだそうです。


そしてなんとこのバスターミナル、フリーwifiが使える!

素晴らしい!

イスラエルでもヨルダンでもなかなかwifiが弱くて困っていたので、思わずポケモンGoを開いてしまいました。

普通にポケスポットもジムもパレスチナ内にたくさんありました。。。

ワンリキーとかゲットしちゃいました。


ベツレヘムに来た目的は、イエスの生誕教会に行く為。

生まれた場所は今はパレスチナ自治区になっているのです。

ほとんどイスラム教人口の中に、そんな場所があるって不思議ですね。

もちろん少数だけどキリスト教信仰の人もいます。


私が行ったのは26日だったので、クリスマスの名残で大きなツリーが生誕広場の前に飾られていました。

でも基本的にキリスト教の人が多いわけではないので、観光客向けに申し訳程度に置いているみたいですけどね。

ヨーロッパとかの方がもっとクリスマスらしさは味わえるとのこと。


バスを降りてから生誕教会までは少-しだけ歩くので、街並みウォッチ。

本当に普通にみんなが生活を営んでいます。

当たり前ですが、パレスチナ自治区内はアラブ圏ですねー。

ケバブの屋台とかおいしそうです。

途中、私の中ではちょっと有名なSTARS&BUCKS COFFEEが!

この偽物ちょっと見てみたかったので、見つけて感動!


そして生誕教会の向かいにはもっと露骨な偽物が。。。

STARS COFFEEという名前だそうですが、ロゴはスタバまんまでした。

これは多分ダメですよねーもしかしたら微妙に顔がどこか違うのかもしれませんが。。。

興味があったので店内まで行ったらニーハオと話しかけられ、いや違うからと思いマグカップだけ見物して終了。


そしていよいよ生誕教会ということになりますが、生誕教会もちょっと改修工事をしていました。

ここも何かちょっとエキゾチックな装飾で、私が思っていたキリスト教の装飾とは少し違うなーという印象。

イエスが生まれた場所というのを見るために並びます。

長い時は3時間待ったりもするそうですが、私達は30分ちょっとで入れたかな、確か。。。

入口がめっちゃ狭いのに人がわーっと押し寄せてくる感があるので、ドミノ倒しにならないよう気を付けましょう。

あまり内部で談笑したり、大声を出していたりするとパレスチナアラブ警察の人に怒られるそうです。

ちなみにここはパレスチナで初めての世界遺産ということで、管理はパレスチナアラブ警察下ということになります。


いよいよ中に入ろうとしたその瞬間、なんとVIP(誰か知りませんが)が来るからもうすぐここを閉めると警察の人が、

そんなバカな!

でもどうにかいそいそと入って、生まれた場所を見ることができました。

ガイドブックに載っている星型みたいな床を見ることができました。

ここでも信者の人は額をくっつけて十字架を切っていました。


さっさと外に放り出された私達は少しだけ教会の内部見学。

マリアが柱を楯に教会の崩壊を防いだという時の指穴が柱に残ってたりもします。


そしてその後更に奥に行くと今度はローマ正教の管理の教会が。

ここはちょっと私達の見慣れてる教会の装飾です。

ここは聖書をヘブライ語からラテン語に翻訳した人が、翻訳のために長年こもっていた教会だそうです。

地下に行くとその部屋が見れたりもします。

そこに覗き穴のようなものがあるのですが、そこから先に見えるのは生誕教会の生まれた場所だそうです。


バスターミナルに戻る途中、西郷さんのお勧めでざくろジュースを飲むことに。

イスラエル内にもパレスチナ内にも、このざくろジューススタンドがたくさんあるんです。

その場で機械でギューっと搾ってくれるので、搾りたてです。

味は見たまんまと言いますか、あまりざくろジュースを飲むことってないと思うので、近いところで表現すると、数年前にKARAがCMをしていたホンチョというざくろ酢があったかと思うのですが、あの味そのまんまです。

美容と健康に良さそうです。


帰りはパレスチナ人が経営するお土産屋さんへ。

オリーブ石鹸が肌がつるつるになって良いとのことだったので、まとめ買いしてしまいました。

顔に使うのはちょっと怖いので、体とか手に使うのが良いですかね!


その後イスラエルに戻り、時間が少しあったようなので、ショッピングモールに行きました。

目の前には電車の駅が!

そういえば電車見てないなーツアーで行くと電車を使わないので興味が薄くなってしまいます。。。

実はこの電車不思議でテルアビブまで行くのに2時間かかるそうですが、車で行くと40分なので誰も使わないそうです。

でも今新しく作っていて、今度できる電車は車と同じぐらいの時間でテルアビブまで行けるそうなので、今後はもっと乗車率があがるのではとのことでした。


ショッピングモールはアメリカのものがたくさん入った見慣れたものでした。

普通においしいコーヒーが飲みたかったので(ホテルのコーヒーがおいしくなさすぎて萎えていたので)、スタバを探したのですがこのモールにはないようです。

ちょっとタンブラーとか見たかったなーと。

スーパーでばらまきようのお土産を買おうと入ってみたのですが、ヘブライ語だらけで読めなくて作り方等長いものが書いてあるのは買えませんでした。

クスクスみたいなのとかちょっと欲しかったのですが。。。

西郷さんがお勧めしてたのがデーツシロップとワインと塩。

デーツシロップはヨーグルトとかアイスにかけて食べるらしく、健康にもちろん良くて貧血が治ったりの効果があるのだとか。。。

確かに日本にはデーツシロップってないですもんね。というよりデーツをあまり食べないですよね。

ちなみに私はデーツ苦手です。

塩は紅海の塩を使っているようで、確かにおいしそう。

でも荷物が入るかわからなかったので買いませんでした。。。

個人的にはお茶の種類が珍しいのがたくさんあって大量に買ってしまいました!

Wというのがローカルブランドだそうで、私はミントティーとザクロティー、ジンジャーレモンティーを購入。

家で砂糖たくさん入れてミントティーを飲むのが楽しみ♡


あとはイスラエルと言えばSABON。

でもここに来てまでSABONを買う気にはなれず。。。

値段はだいぶ安いみたいですけどね。。。

そもそも私はSABONよりLALINE派なんだから!と思ってたらLALINEも当然のことながらモールに入っていました。

でも日本みたいにディズニーとかキティちゃんコラボみたいな商品はなく。。。

この日はBUY 3 GET 3 FREEという滅茶苦茶な日だったので、なぜか6つLALINE商品をゲットして帰ってきました。。。

荷物が。。。

でも1個の単価は約700円!

日本ではありえないので、ちょっとお得感。


そんなこんなでショッピングモールを後にしホテルに到着。

ご飯もたくさん食べて、翌日はいよいよ日本に帰国!のはずでした。。。

ヨルダン・イスラエル旅行~エルサレム観光~

いよいよエルサレム観光メインの日です!

この日を1番楽しみにしていました!


朝ご飯は確かに肉製品が全く置いていない。。。

なのでチーズと卵とパンを食べました。

チーズがこれまた塩辛い。。。

パンと一緒に食べないと無理な辛さです。


まず一番最初に向かったのは岩のドーム。

ここはメッカ、メディナに次ぐイスラム教の聖地ということになります。

預言者ムハンマドが天国に旅立った岩があるから聖地なようです。

ここに入るにはまずセキュリティチェック。

ちなみにこの岩はユダヤ教にとってもアブラハムがイサックを捧げた場所なので聖地になるらしいのですが、今はイスラム教の管理下にあるので、ユダヤ人はここに入ってこれないそうです。

ちなみに観光客は敷地内には入れるけれども、モスク内には現在入場できないそうです。

敷地内に入れるか入れないかもその日に行ってみないとわからないそうです。

岩のドームに入るには女性はピタっとした服装や膝上のスカートを履いていると入れない可能性があるそうなので、極力ダボッとして体の線が出ない服を着ましょう。

もしくは巻物を持って行って巻きスカートのようにして足を隠しましょう。

岩のドームのセキュリティポイントから岩のドームの敷地までは橋みたいなのがあるのですが、そこから嘆きの壁が見えます。

嘆きの壁を上から撮れるのはここだけだそうです。

ちなみに岩のドーム内ではカップルや夫婦でも男女間が触れ合うのは禁止らしいので気を付けましょう。

写真を撮る時もピースサインとかはせずに、直立不動でなければダメだそうです。

厳しいですね。。。


でもさすがに綺麗です。

イスラエルに行きたかった理由の一つがこの岩のドームだったので来れて良かった。

岩のドーム前では無料で日本語の「イスラーム概観」というイスラム教に関しての説明書を配っているお兄さんが。

西郷さんが、近年イスラム教は色々な誤解を受けている&内容もなかなか良かったのでもらってみると良いよとのことだったので、みんな殺到し日本語版はあっという間に終了。

お兄さんも戸惑い、2分待ってくれれば日本語版もっと持ってくるからと言って一回引っ込む。

そしたらホントに日本語版持ってきてくれたー!

お兄さん良い人!

岩のドームからは前日に行ったオリーブ山や主の涙の教会、ゲッセマネの辺りが見渡せます。

ロシア正教のマグダラのマリア教会が一番キレイというか女子的にかわいいですかね。

玉ねぎ型がロシアっぽいというか。


ちなみに岩のドームのすぐ下が嘆きの壁ということになるわけですが、ユダヤ人とアラブ人の対立がひどかった時はインティファーダで投石運動がここの岩のドームから嘆きの壁に向かってされたそうです。


エルサレムという都市はキリスト教、ユダヤ教、イスラム教、みんなにとって聖地になるので、基本的に国連は国際管理都市として扱っています。(イスラエルは認めていないみたいですが。。。)

なので各国大使館はエルサレムではなくて、テルアビブに置かれているということになります。


岩のドームから階段を下るとイスラム教徒の為の学校が。

この辺りはアラブ人居住区になります。

このアラブ人居住区から今度はヴィアドロローサ、つまりキリストが十字架を背負って歩いた道が始まります。

風景からはキリスト感をあまり感じないので、すごく不思議な気分ですが。

イエスが十字架を背負ってから、聖墳墓教会までこの道を通って歩いたわけですが、その間に14個の主なストーリーがあり、それをステーションと呼び、各ステーション毎に番号が書いてあり、そこで起きた出来事が絵で描いてあったりします。

日本語では第1留とか第2留とかそんな言い方をしますね。

出来事っていうのは例えば、キリストがここでつまずいたとか鞭打ちを受けたとかそんな出来事です。

ホントにここを歩いたという説と実は違う道を歩いて違う所にお墓があるという説もありますが、もはや誰にもわからないので、信じる者は救われるということで信じておくことにしましょう!

雰囲気としてはモロッコのフェズの旧市街に良く似ています。

なので結構迷子になりやすいので、こういう場所も初めて行く人はやっぱりガイドさんがいた方が良いということになります。


各ステーションをまわった後、一番最後のイエスのお墓があるとされている聖墳墓教会に到着。

すごくややこしいのですが、キリスト教にも一応宗派のようなものが色々あり、一番最初のスポットはエチオピアのコプト教会、その先はアルメニア正教、ギリシア正教、ローマ正教の管理になっているらしいです。

コプト教といえば、エジプトに信者が多く、私がこの旅行に行く前にエジプトでコプト教の教会がテロにあっていましたね。。。

聖墳墓教会は私達が思っている西洋式の教会とはまたちょっと違って、ちょっとエキゾチックな装飾の教会です。

肝心のお墓には並んで入ります。

これが何時間並ぶかは運によるそうですが、私達は数分で入場できました。

写真を撮って良い日と悪い日があるそうですが、この日はダメだと言われてしまいました。


このお墓はアルメニアとギリシアとローマの3派による管理で権力争いがバチバチとされているそうで、今まで誰も修復を行ってこなかったそうです。

みんな自分の宗派の所はすごくキレイに手入れをしているんですけどね。

ですが近年フランスの有名な建築家がここを訪れ、このまま放置しておくとここは崩れると言われたことによって、みんなびびって一気に修復工事にかかったそうです。

なので今は工事中で鉄筋がたくさん。


ちなみにこのお墓の鍵の管理を誰がするか決める際にも、神父さん同士がお墓の前で殴り合いのケンカにまで発展したらしく、今現在はイスラム教のおじさんが鍵の管理をしているとのことです。

なんだかなーという話ですね。。。


あとイエスの遺体を寝かせたという石も教会の出口のような所にあります。

みんな自分の好きな香油を持ってきてハンカチで拭って持って帰るそうです。

信者の人は額をくっつけてしばらく動かない人もいました。

信者の人からするとそれはそれは重要な場所ですもんね。


西郷さんのお話の中で一番印象的だったのは、この聖墳墓教会もイエスが死んだ哀しみを表現していて何だかとても暗いイメージになってしまっているけど、キリスト教の本質はイエスが亡くなってから復活したという希望の部分にあるから、もっとその部分にフォーカスをしても良いのではとのことでした。

なるほど。。。


その後は嘆きの壁へ。

ここもイスラエルと言えば!という場所で、ここに来たかったんです。

嘆きの壁ももちろんセキュリティチェックあり。

入ると嘆きの壁だー!と感動。

ユダヤ教も基本的には男性優遇の宗教なので、壁も男性用と女性用で入口が分かれています。

広さも男性2/3、女性1/3ぐらい。

シナゴークと呼ばれる礼拝堂のようなものも男性側にしかなく、男性側は壁に入場する際にはキッパを被らなければいけないそうです。

男性側の入り口でキッパ(持ち帰り可)をくれるそうです。(ものすごくペラペラでしたが。。。)

そう考えると女性側は壁しかないので面白味半分ですね。。。

レンタルタナハが置いてありました。

もちろんちゃんとユダヤ教徒の人がお祈りに来る場所ですよ!

私達みたいな観光客もわんさかいますが。


ちなみに壁の間にわずかな隙間があって、そこに願いを書いた紙を入れると叶うというジンクスがあるそう。

最近では嘆きの壁のホームページに行くと代わりにプリントアウトして壁に挟んでお祈りしておいてくれるなんてサービスもあるそうです。

でもさすがにそれはあれなので、私もどうにか紙を調達して、ユダヤ教徒の人に混じって嘆いてきました。


ちなみに嘆きの壁というい呼び方は日本人だけがするもので、英語ではWestern Wallと言います。

7段目まではヘロデ大王時代のもので、エルサレムストーンと呼ばれる石灰岩を使っています。

この壁の向こうにあったソロモンの神殿(今は岩のドーム)の回復を願って祈る姿を見て、嘆きの壁と名付けたみたいです。

ちなみにユダヤ教徒の人達は髭がカールしていればしているほど、頭が良いとされているようで、みんな暇さえあればバスの待ち時間とかに手でクルクルカールさせているそうです。笑。

嘆きの壁の後ろに建物がいくつかあるのですが、ここは全部ユダヤ教の学校だそうです。(もちろん男女別)


そこで気になったことがあったので、西郷さんに聞いてみました。

まず、黒装束系の人達はどのように結婚をするのか。

男女別なら出会うチャンスもないので、単純に疑問に思って聞いてみました。

回答はもちろんお見合いとのこと。

大体16歳ぐらいで結婚をして、子供を5名ぐらい持つのが主流だそうです。(普通のイスラエル家庭では大体子供は3名)

子供を5名生んだら当然人口は増える一方なので、黒装束以外の人達の負担が増えるわけで不満が生まれているのも事実だそうです。

更にユダヤ教徒の人達が持っている政党はかなり力が強いらしく、厳しい法律等を他のユダヤ信者の人とかにも強いるため問題が生じたりするそうです。


そして、もう1点気になったこと。

どうやって黒装束系の人達はユダヤ教徒になったのかということ。

もっと平たく言うと政府から生活費が全額支給されるのであれば、なりたい!って思う人もいっぱいいるんじゃないかなーと思ったので。。。

でも基本的には世襲制なので、戸籍で決まってしまっているそうです。

でもあの衣装を着るのは自由らしいので、自称で着ている人もいるそうです。


うーん、なかなか奥が深いですね。。。

そしてこの日は周りが騒がしくお祭り騒ぎ。

何か聞いてみると、ユダヤ教の成人のお祭りだそうです。

あくまでも宗教上の成人ですが、ユダヤ教では13歳が成人とされているそうで、それをお祝いしているとのこと。

そんなお祝いムードの目と鼻の先で、今度は岩のドームからアザーンが聞こえてきて改めてすごい場所だなーと肌で感じました。


その後はバスに少し乗り、シオンの丘へ。

途中、ナッツ売りのおじさんの露店があって西郷さんがお勧めということで、みんな爆買い。

4パックで10ドルということで結構高い気がするのですが、みんなガンガン買っていたので、このおじさん短時間で超儲けたんじゃないかと。笑。


シオンの丘でまず向かったのは最後の晩餐の部屋。

最後の晩餐っていうと何となくミラノの教会の壁に描いてある絵を思い浮かべる人も多いと思いますが、実際に最後の晩餐が行われたのはこの場所です。

実はダヴィンチの絵は結構脚色されているようで、当時のテーブルはコの字型かつ、ご飯を食べる時は枕に肘をついて横になりながら食べていたそうです(たとえるなら家でテレビを観ながらゴロゴロしてお煎餅を食べるスタイル)。

え、そうなるとダヴィンチコード成り立たないじゃん!って思っちゃいました。

そういうオカルトというか都市伝説が好きなもので。。。


その後はダビデ王の墓へ。

嘆きの壁がヨルダン領だった時代は、ここがユダヤ教の最大の聖地だったそうです。

ここでもまた男女別に分かれていて、またしても男性側の方が見所が多い模様。

棺のようなものは一本で繋がっているので壁で隔てられていますが、男性側も女性側も同じ物を見ているそうです。


ここで初めて気付いた、というより教えてもらったのですが、ユダヤ人の建物には必ずメドゥーザというポコっとした突っ張りみたいなものがドアに取り付けられているそうです。

魔除けのようなもので、ホテルの各部屋にもあるから見てみてって言われたので、後でチェックしてみたら本当にありました!

言われなければなかなか気付かないですね!


その後は鶏鳴教会へ。

ここはイエスキリストがユダヤ人から審判を受け、留置されていた場所。

そしてペテロがイエスを知らないと言って、鶏が鳴いた場所だから、鶏鳴教会と言います。

聖書にもその箇所がありますよね。

ユダヤ人が審判を行っている絵が描かれているので、その絵を見ながら西郷さんの説明を聞くことに。

まずイエスキリストは、当時の政治犯、危険人物扱いをされていて、ここまで連れてこられました。

ユダヤ人の議会?のようなものは70名ぐらいで構成されていて、全員一致しなければ裁きを与えられないというシステムだったそうです。

なので70名全員一致というというのはなかなか難しいことで、ほとんどの人がイエスキリストを初めて見た人達なので、本当にこの人が政治犯なのかみんな疑心暗鬼だったそうです。

でも、極め付けの「あなたは神の子か?」という質問で、イエスが「私は神の子だ」と答えた為にイエスの刑が確定することになります。

ユダヤ教もイスラム教も一神教なので、キリスト教のような偶像崇拝は許せないことだし、神を人間レベルまで貶めたという行為が彼等には許せなかったわけです。

ですがユダヤ人は当時奴隷の身分なので、直接イエスを裁くことはできず、ここに拘留をしていたということになります。

ここが大事なポイントですが、イエスを裁いたのはユダヤ人ではなくローマ人で、十字架刑というのはローマの極刑だということです。


もう一つ興味深いエピソードがあります。

ペテロはどうしてもイエスのことが気になって、こっそりと後をつけてこの教会まで来てしまいます。

そこで尋問をされ、イエスのことを知らないと3回答えてしまいます。

でもその質問をした人の質問内容とペテロの知らないという答えが、なんとなくちぐはぐで違和感があるのです。

というのも、イエスもペテロもイスラエルの北の方の出身で、その地方独特の訛りのある方言を話していたそうです。

なので聞いている人もイエスとペテロが同じ地方の出身だということはイントネーションでわかっていたので、知らないはずがないと3回も問い正したのです。

ペテロもそれはわかっていて、ばれるのを恐れてイエスを知らないとだけ答えて、極力多くのことは語らないように意図的にしたそうです。

異邦人のふりをしたと言いますか。。。


どちらもイエスを裏切ったことには変わらないのですが、その後の人生が違うのでユダとペテロの根本的な違いは何だったのかなと思って、思わず個人的に調べてみてしまいました。

まずユダは意図的にイエスを裏切ろうと思って情報を売った確信犯だったので、救いようがなかったとのこと。

でもペテロは決して裏切りたかったわけではなく、人間の弱い部分が出てしまい、思わず自己防衛で嘘をついてしまったわけです。

なので、後に救われたし、自身も改心できたと言われているそうです。

なかなかエピソードの多い教会ですね。


そしてイエスが拘留されていたという地下の牢獄へ。

イエスが岩にくっついて祈っていたため、その人影が今も残っているという岩が残っています。

そう言われると何か信ぴょう性がありますね。。。


ちなみに信者の人ももちろんこの教会にはたくさん訪れるわけで、そういった人達にとってこの教会はとっても悲しい場所なわけです。

なので、私達と同じスロットで入場したインドネシアの信者の方々も、すごく悲しい歌を歌って長い間輪を作ってお祈りしていました。

そういう人達がいる場合は決して邪魔せず、彼らのお祈りが終わってからゆっくり内部を見るようにしましょう。


外に出るとイエスが上ったと言われる石段もあります。

この石は本当に2000年前からあるそうですよ。


私はお土産さんでかわいいミニ聖書を発見したので購入。

後ろにエルサレムと印字されているので、何だか有難い感じがあります。


ここまでで午前中。

午後はベツレヘムに向かいます!

ヨルダン・イスラエル旅行~国境・死海・エルサレム観光~

この日はいよいよイスラエル入国。

陸路で国境に向かいます。

私達はキングフセイン橋のアレンビーと呼ばれる国境からイスラエルに向かいます。

イスラエルと言えば、入国審査がめっちゃ厳しい国。

空路で行くと特に若い人は5時間ぐらい入国審査でかかって大変だったという話も聞きます。

添乗員さんもヨルダン・イスラエルが大好きで仕事以外でも個人的に来てレンタカーを走らせて来たこともあるらしいですが、個人で行った時は陸路でも4時間かかったと。。。

なので時間がかかることは覚悟しつつ国境に向かいました。


まずヨルダン側の出国。

こちらは簡単です。

ツアーだと全員まとめてパスポートを渡せば出国手続き済のパスポートがまとめて返ってきます。

この辺り一帯は干渉地域というのが続き、とりあえずただ車を走らせるだけの場所が続きます。


その後再度バスに乗り、イスラエル側の国境へ。

イスラエル側の国境はツアーバスも渋滞していてやっぱり簡単には入れない感じでした。

ツアーバスも動いても少しずつ。

検問所みたいな所に着いても色々な人が違うことを言うらしく、たらい回しで敷地内をグルグル。

やっとのことでバスから下車。

まず荷物を機械に通します。

その後、入国審査を受けます。

でも基本的に団体である旨を先に伝えているので、そこまで厳しくはないです。

私も何も聞かれませんでした。

イランに入国したことある人は人によっては色々質問されたようです。


ちなみに数年前まではイスラエルのスタンプがあると近隣のイスラム諸国に入国できなくなるので、ノースタンプと伝え別紙にスタンプを押してもらうというのが主流でした。

でも2016年12月現在はイスラエル側もそれをわかってか、スタンプなんてシステムはなくなり、名刺大のパスポートと同じ顔写真の入国及び滞在許可証が発行され、パスポートにはイスラエル入国の痕跡が残らないようになっています。

ちなみにこの名刺大のサイズの紙をなくすと出国できなくなると思われるので、滞在中はなくさないようにしましょう。

どうしてもスタンプが欲しい人は逆にスタンププリーズと言わないと押してくれなくなったみたいです。


念願のイスラエル入国です。

基本的に国境付近は写真撮影NGですが、イスラエルの敷地内に入って駐車場近辺は撮影OKとのことだったので、駐車場にあるイスラエルの国旗をパシャリ。


そしてバスに乗り込みます。

バスがヨルダン側と違ってとっても清潔で綺麗!!!

隣国なのに国力の差をバスで感じてしまいました。。。


そして現地ガイドさんは日本語ガイド確約とされていましたが、日本人の西郷さんという方です。(正確に言うと今はイスラエル人です。)

西郷さんはイスラエルガイドの中ではとても有名な方のようで、様々な方のブログにも既に色々な情報が登場していたので、私もこのブログで少し書いてみたいと思います。

西郷さんは何とイスラエルに移り住んで32年!

ご両親が神父さんをしていて、その影響で高校生の頃にイスラエルに移り住み、21歳で現地の方と結婚をしイスラエル国籍を取得、イスラエルで兵役にも行き、ヘブライ語も堪能という正に唯一無二の経歴の方です。

なので元々はキリスト教、途中でユダヤ教、今は何と真言宗というこちらに関しても珍しいご経歴の方です。

イスラエルの知識に関しては右に出る人はいないですね。

首相レベルの人が来る時もガイドは西郷さんが務められるそうですし、大使館関係の通訳や翻訳もされているそうです。

ヘブライ語をネイティブレベルで話せる人ってそうそういないですからねー。


そんなこんなで念願のイスラエルに入国。

国境付近は何もないので、ただただだだっ広い砂のような丘のような土地が広がっているのですが、アレンビーの国境から一番近い街がパレスチナ自治区のエリコになります。

世界最古の街と呼ばれている場所です。


でもこの日はここはスルー。

真っ直ぐカリアビーチという死海リゾートに向かいます。

そうなんです。

このツアーでは死海の浮遊体験が含まれているのです。

なので気乗りしないですが、水着やビーサンを持参。

日焼け止めなんかも持ってきちゃいました。


死海地方は暖かいとはいえ、この日の気温は結構寒くて最高で15度。

カリアビーチに着いて海を見たら波がとっても立っていて浮いてる場合じゃないよーって思いました。笑。

というのもご存知のとおり死海は塩分濃度が高いので、間違って水が目に入ると痛いで済まされないレベルの痛さだそうでこんなに波が立っていると目に入っちゃうんじゃないかと。。。

でもまぁ考えていても仕方がないので、とりあえずカリアビーチ内のセルフサービスレストランで昼食。

ユダヤ教の国って世界でもイスラエルだけかと思うので、なかなかユダヤ教思想や食事に触れることってないのですが、食事はコシェルという規定に沿って作られるそうです。

蹄が割れていて、反芻するものは食べられない等々、難しい決まりが結構あって、肉も血抜きをしなければ食べられないそうです。

魚もうろこが云々とか色々決まりがあります。

なのでちょっと色々蹄が割れているってどれ?反芻って何?とか思いますが、身近な所でいうと食べられないのは豚です。

あとは乳製品と肉類を一緒に食べるのはNGみたいで、チーズバーガーなんてものはこの国には存在しません。

ホテルのビュッフェも基本的にコシェルを守って作っているので、夜ご飯は肉中心、朝ご飯は乳製品中心になりますとのことでした。

なので、朝にハムとかソーセージなんてものはホテルでは出てこなかったです。

ちょっと食べたくなっちゃいますが。。。

なので、このカリアビーチでの食事も基本的にコシェルを守って作っているものだと思われます。

血抜きした肉って何?って思いますが、平たく言うとちょっとパサっとした肉になるようです。


ご飯を食べ終え、重い腰を上げ着替えるために更衣室へ。

更衣室と呼べるのかよくわからない更衣室でしたが、とりあえず着替えました。

一応ロッカーもありますが、確実にこの場所に貴重品は入れられないので、西郷さんが代表で皆の荷物を監視してくれるとのことだったので、そこに置いておきました。

個人で行く場合には貴重品の管理は十分に気を付けましょう。

そして海に下りていくとみんな寒そうな人達がたくさん。

震えながら、中は暖かいからと言われても信ぴょう性がありません。笑。


とりあえず海について試しに中に入ってみました。

確かに生ぬるい。

そしてとってもヌルっとしている。

もっとピリピリする感覚かと思いきや、意外にもヌルヌルでした。


でも私はちょっと波が恐くて浮ける気がしなかった&その後のシャワーのことを考えると寒そうで全身浸かる気にはなれなかったので膝上ぐらいに入るまでに留めておきました。

写真も撮りたかったし。。。

ちなみに死海の水が付いた手で電子機器を触ると一瞬で壊れるらしいので要注意。


そして死海と言えばお決まりの泥パック。

石みたいな泥の塊を肌に伸ばしていくとどんどん伸びていきます。

白人男性2人組が泥の石を持っていたので、私も試しに腕や足に塗ってもらいました。

全身はちょっとシャワー浴びたり写真を撮ることを考えると躊躇してしまいました。。。

エンジョイし切れてないですが、私はこれで満足です。

夏なら良かったんですけどね。

でも夏は40度近くまであるので、それはそれで暑いと思いますが。。。


ここでも荷物の管理は気を付けましょう!

私は添乗員さんが下に来てくれていたので荷物を見ててもらえるようお願いしたり、ツアーの参加者と交代で荷物を監視していました。

泥パックは渇いたら洗い流すということで、海に入り洗い流してみました。

そう考えると死海って汚いのかな?笑

死海の水で洗い流したからかヌルヌルがあいまって、何となく肌がつるつるした気がしました!


そして入った後は必ず真水のシャワーで洗い流しましょう!

洗い流さないとおそらく大変なことになります。

でもヌルヌルがなかなか取れない。。。

ちなみに耳に水が入って洗い流せてなかったりすると、後々塩の結晶が水から出てくることもあるそうです。笑。

おそるべし死海。

あと死海に入った後は必ず水分補給をしましょう!

野菜に塩を振って水分が出てくるのと同じでいわゆる塩漬け状態になり、水分が体から流れ出ているそうです。

浸かれてもマックス20分だそうです。


そんなこんなで死海をエンジョイし着替えて、併設されたコスメショップへ。

KEDMAというブランドの化粧品が売っていたのですが、結構高めでした。

私は一応バスソルトと泥パックを購入。


そして死海を後にし、既に夕方4時ぐらいになっていましたが、その後きつきつでエルサレム観光へ。

1日で国境を越えて、海にも入り、観光もするってすごいツアーですね。笑。

それだけエルサレム観光がきつきつなんですが。。。


まずオリーブ山の主の涙の教会へ。

エルサレム中心部に入ったら街が白っぽくてとってもキレイです。

全部イスラエルで摂れた石灰岩らしく、これを使うことが定められているそうです。

オリーブ山はエルサレム全体を展望できるスポット。

夕方に差し掛かっていたので、夕陽も観れてとってもキレイでした。

念願の岩のドームも見えました。


そこから急な坂を下り、主の涙の教会へ。

名前の通りイエスがエルサレムの滅亡を予期し、エルサレム全体を見渡せるこの場所から涙した教会です。

涙をデザインしたドームの教会です。

中の小窓から外に向けて写真を撮ると十字架と岩のドームが一緒に撮れてとても綺麗です。

外にはいばらの冠で知られるいばらの木が。

めっちゃ尖っていました。

私達がイメージしているのはあくまでも冠状のものですが、実際は帽子状のものでとても痛かったそうです。


そしてその後更に坂をくだり、ゲッセマネと万国民の教会へ。

この日は25日だったので、ミサを開催していたのもあるし、元々5時ぐらいに教会は閉まってしまうのでかなり急ぎ足です。

この教会はとってもキレイ。

外からの外観がキレイですね。

既に陽がおちてから行ったので、向かいに見える門もライトアップされて写真的にとても綺麗でした。

ゲッセマネというのは地名で、オリーブの木がたくさん植えられているのでゲッセマネの園と呼ばれているそうです。

イエスが十字架刑になる前日にここに来て祈ったことから有名になっている場所で、今でもイエスが祈ったと言われる岩が残っています。

その頃から残っているというオリーブの木も見たのですが、オリーブというのは樹齢を測るのが難しいらしく、2000年前から本当にある木なのかどうかは誰も実証できないそうです。

でもその横にいつ植林されたかわかっているオリーブの木があり、その幹の太さから推定すると2000年前からあると言われているオリーブの木は確かに幹がとっても太いので、2000年前からあるのではということになっているそうです。


その横に建てられているのが万国民の教会です。

聖書によるとイエスは弟子たちにゲッセマネに来るように伝え、起きていなさいと言われたにも関わらず、弟子たちは眠ってしまっていたと書かれています。

その弟子たちがそこの角で待っていたと言われているという場所も教えてもらいました。

何で主が十字架刑にかけられるそんな大事な日の前に眠ってしまっていたのかというのは疑問もあるのですが。。。

西郷さんによると人間あまりにも悲しくなると防御機能で眠くなるという説もあるし、あとは酔っぱらって眠ってしまったのでないかという説もあるそうです。

何で酔っぱらってしまったのかということは聞いたのですが、肝心なところを覚えていないという。。。


そんなこんなでこの日1日がなんとか終了。

ちなみにエルサレムめっちゃ寒いです。

冬に来る方は是非厚着を。。。


今日のホテルはリモニムシャロームという丘の上に建っているホテル。

中心部から離れているので、個人で来る場合には確実に泊まらないであろうホテルですね。

私達が泊まるホテルの一帯はユダヤ教徒の人がたくさん住んでいるエリアだそうです。

これは私も知らなかったのですが、ユダヤ教というのは3種類に分けられるそうです。

まずユダヤ教徒。

これはイスラエルのガイドブックなんかでよく見る、黒装束の手品帽子みたいなのをかぶって髭を伸ばしている人達で、600以上あるユダヤ教の規律を忠実に守って暮らしている人達だそうです。

ちなみに髭を伸ばしているのはユダヤ教ではこめかみに刃物をあててはいけないとされているからだそうです。

この人達はユダヤ教を保護していく人達ということで、国から保護され、仕事は特にせず生活費諸々国から支給されているそうです。

ユダヤ教の教えを守ることが仕事というか。。。

夏のどんなに暑い日でもあの恰好だそうです。

ちなみにユダヤ教徒の女性というのは、結婚をすると頭を丸めてしまうため、イスラム教女性のようにスカーフを巻いていることが多いです。

下は基本的に長いスカートです。

ユダヤ教で女性はズボンは履いてはいけないことになっているそうです。


2つ目のグループはユダヤ信者と呼ばれる人達でベレー帽のようなキッパをかぶっている人達。

この人達は600以上の決まりはさすがに守れないけど、極力守るように頑張っている人達だそうです。

普通に仕事にも兵役にも行き、税金を納めています。


そして3つ目は特に信仰心のない人達になります。


バスから見た街中でも黒装束の人達が普通に歩いていて、そして子供も長いスカートを履いているので、結構珍しい光景なので見入ってしまいました。


そしてそんな風景を楽しみながらホテル到着。

大きくて近代的なホテルです。

クリスマスだったからか?ロビーにはお祝い用の9本の燭台となぜかラズベリージャム入りのドーナツが。

ホテルの人に食べていいよと言われたので、普通にむしゃむしゃ。

普通においしい。


その横にはクリスマスツリーも。

イスラエルは基本的にユダヤ教の国で、パレスチナ含め大半のアラブ人はイスラム教、少数の人達がキリスト教の国なので、クリスマスなんて基本的にはあまり関係ない行事なわけです。

たださすがに教会でクリスマスを祝わないわけにはいかないでしょうし、ホテルのような観光客が集まる場所には一応クリスマスツリーが置いてあるわけです。


このホテルの難点はエレベーターが全く来ないことでしょうか。

ツアーの人達の中にはエレベーターが止まって閉じ込められた人達もいました。。。


私は運良く4階の部屋だったので、途中からは階段移動。

謎に中2階が含まれていたので、実質8階までの移動でしたが。苦笑。


部屋は普通に綺麗でお湯もちゃんと出ました。

トイレは相変わらず流れが悪いですが。。。


この日の夕食ももちろんホテル。

ビュッフェになるのですが、すごくたくさん種類があってこれがコシェル料理かーと思って色々取ってしまいました。

ちなみにイスラエルは国土の大半が砂漠であるにも関わらず、独自の最先端技術で農業大国で欧州にも食糧をたくさん出荷していて、食糧自給率はなんと90%以上だそうです。

自給率に低い日本から考えると羨ましいばかりですね。

食事もちょっとアラブテイストのものも含まれていておいしかったです。


次の日も朝が早かったのでこの日も部屋に帰って爆睡でした。。。

ヨルダン・イスラエル旅行~ペトラ遺跡~

ヨルダン到着2日目。

この日はこの旅行のメインの1つペトラ遺跡へ。

私はどちらかというとイスラエルに興味があって、インドア派なのでペトラ遺跡自体にそこまで興味はないのですが、せっかくイスラエルまで来たんだから隣国の世界遺産も周ろうじゃないかということで行ってきました。

ペトラはナバティア人という人が住んでいた古代遺跡だそうで、映画だとインディージョーンズなんかでもロケ地に使われたりして有名になったそうです。

ここは夏に行くと結構大変で日陰も全くなく、レストランも1つしかないので、時期的には絶対冬の方が良いかと思います。

その分雨に降られる確率も高くなりますが。。。

実際私達が行った時は雨でしたが、ガイドさんが言うには雨が降ると岩に溜まっていた汚れが洗い流されてキレイな色になるとのことでした。


そんなこんなでペトラ遺跡観光スタート。

入場料はツアー料金に含まれているので、高いとか安いとかあまり感じないのですが、7500円ほどするようで一般的には高いと言われています。

入口からシークまでは徒歩10分ほどですが、こちらまでの馬代(チップ別)もチケット代金に含まれているようなので興味のある方は乗ってみても良いかと思います。


そしてシークがエルハズネと呼ばれる宝物殿までしばらく続きます。

ピンクがかった高い岩がとても綺麗で神秘的です。

そして結構歩いたところで突然開けてエルハズネが登場。

ホントにいきなり綺麗な建物が登場するので、これは感動でした!

インディージョーンズにもその映像が出てるみたいですね。


その後更に先へ進むとローマ劇場が登場。

この遺跡でも何か格闘とかをやっていたのかなー。。。


ローマ劇場近辺でサンドボトル屋さんを発見。

サンドボトルって何?って思う方もいるかと思いますが、そのままの意味で砂がアートされた状態で詰められているボトルです。

基本的には砂漠にラクダが描いてあるようなデザインの物が多く、色は様々なのでそれを選んで名前や文字を入れてもらうということになります。

作る所を見せてもらったのですが、本当に細かい作業でいつの間にかラクダの柄ができあがっている、そんな感じです。

私が英語とアラビア語、どちらも文字を入れたらいくらになるのか聞いたら30ドルと言われたので、若干高い気もしましたがせっかくなので作ってみました。

ペトラの砂をきちんと使っているそうです。

作業に時間がかかるので往路で頼んで復路でピックアップすることに。


そしてだだっ広い道をひたすらまーっ直ぐ進み、遺跡の中に1軒しかないレストランで昼食。

もっとお店作れば良いのに。。。

昼食はいつもながらのビュッフェ形式。

チキンやら魚やら味付けが濃いめの料理がたくさん並んでいます。


そこから先はエドディルという修道院に行く為に、階段というか岩をひたすら950段上るという運動が待っていました。

ここに行くのは希望者のみだったのですが、1組を除いてほとんどの人が参加していました。

皆さん私の親世代なのに元気でビックリ!

実は私自身が一番不安だったので行くかとても悩んだのですが、みんなが行くって言うし、他にすることないし、辛かったら途中で戻っても良いというので上ることに。

ちなみに上るにはロバというオプションがありますが、色々な所に書かれているとおり、結構崖のようなフェンスのない場所をロバが頼りなく足を滑らせながら登っていくので、何かあっても自己責任で。。。

ちなみにこのツアーでは基本的に会社としてロバ使用は禁止とのことでした。

あとは女性1人だとロバ使いに足を触られたり、痴漢行為にあう人も多いみたいで、私もロバには頼らず自分の足で頑張りました。

自分の足が一番信用できないのですが。。。苦笑。

でも一度上り始めるとそこまで辛いという感覚はなく、ただ黙々淡々と上るだけだったので意外にあっという間にエドディルに到着してしまいました。

全く疲れないわけではないけど、思ったより大変ではないかなと印象。

ちなみに途中階段にはロバの糞がたくさん落ちているので、足場面積が少なくなっていてタダでさえ道が整備されていないのに登れるスペースを岩の中で見つけるのも大変だったりします。

特に私が行った日は雨だったので、滑りやすかったですし。。。


エドディルも突如でかい建物が現れるのですが、エドディルに感動というよりは登り切った達成感に大満足という感じでした。

若干名の人が途中でリタイアしたみたいですが、ほとんどの人が登り切っていました。

皆さん元気ですねー。


基本的にもう自由時間だったので、私は皆さんより一足早く下山することに。

上ったら下りるという作業が待っていますからねー。

ということで1人でひたすら岩を下っていたのですが、誰もいなくて超怖い!

たまにベドウィンの人に話しかけられるけど、これがまた怖い!

もちろん無視。

このペトラも死角が多くていつどこで誰かに連れて行かれてもおかしくない状況なのです。

実際ペトラ内での痴漢の話はたくさん聞いているし、私もこんな所で日本人行方不明になったらどうしようと思って心細くトボトボ歩いていました。

そしたら前方にこのツアー中、娘のように可愛がってくれたご夫婦を発見!

私よりだいぶ前に下山したのですが、奥さんが足元がおぼつかない感じだったので、ゆっくり下山していたようです。

私もかなり安心して、一緒に下りることにしました。

聞いてみるとこのご夫婦は私と同じぐらいの歳のお子さんが、3人ほどいらっしゃるそうで途中からは家族旅行のようにこのご夫婦と過ごすことが多くなってきました。

お嫁に行けるかはわからないけど、お嫁に行った先の義父さんと義母さんがこんな人達だったら良いなーと思いました。


そして何だかんだ集合時間が近付いてきたので、雨が強くなる中入口までゆっくり戻ることに。

途中サンドボトル屋さんでオーダーしていた瓶を受け取る。

でも受け取った瓶を見て思ったこと。

アラビア語と英語どちらも入れるとスペースがないから30ドルの瓶じゃないとできないと言われてたにも関わらず、できあがった瓶は表面に英語、裏面にアラビア語が描かれていた。

え、これって大きさ関係なかったよね?しかも私の名前短いから小さくでもできたよね?

というかむしろ表面に並列して描いてもらいたかったんですが。。。

でももう時間もなく今更言うのも面倒なので、そのまま引き取って帰ってきました。

行かれる皆さんはお気をつけて。。。


そして階段より地味に帰り道の方がきついのでないかという疑惑。

シークから入口までが微妙に坂になっていて太ももが痛い!!!!

この辺りが一番辛かったです。


結局4時頃入口に着いたので、集合時間まで1時間ぐらいご夫婦と入口にあったUSAIDが建てたらしきミュージアム内で談笑。

外は雨で寒かったけど、中は暖かくて快適です。

時間があったので現地ガイドさんにナバティア人の人達は何を食べていたのか聞いてみたところ、ラクダの肉とか農業もしていたらしいのでトマトとかブドウとか野菜・果物を食べていたそうです。

ちなみにアラビア語についても地域によって話している言葉が違うと聞いてみたところ、方言のようなものらしくてアラビア語自体は1つしかないそうです。

シンガポール英語とかイギリス英語とかアメリカ英語みたいな違いのようなものかと。。。

ちなみにこのガイドさん、ヨルダンでは珍しいクリスチャンだそうです。

クリスチャンなのにこんな日(24日)に仕事なんてかわいそうに。。。


さすがにこの日はクタクタかつ朝も昼もしっかり食べたのに夜はお腹ペコペコ。

眠いしお腹空いたしで大変でした。笑。


ホテルに戻って夜ご飯もしっかり食べて夜8時頃に早めに就寝。

次の日もイスラエルに移動しなければならなかったので、朝早かったのです。


ですが、ここからがアムラパレスホテルがないなーと思ったポイント。

夜寝ていると突然ノックがして、私が何も答えていないのにノックから数秒後にホテルの従業員(男)がマスターキーを差し込み勝手に部屋に入ってきたわけです。

私も半分寝ている状態で眼鏡もしていなかったのであまり見えなかったのですが、音がしたのでドアの所に行くと従業員が新しいタオルはいるかと部屋に入ってきました。

一瞬、混乱して意味がわからなかったのですが、偶然向かいの部屋のドアが開いてその従業員はsorryと言って去っていきました。


中東諸国ではイスラム教徒以外の女性への痴漢行為がかなりあるのは知っていたし、従業員が何かと理由をつけて部屋に入って来るのは知っていたけど、まさか私の返事もなしに勝手に入って来るとは思いませんでした。

清掃の時間でもないですし、そもそも清掃は女性の方がしていますし。

ツアーで行ってもこれなんだから油断も隙もないですね。怒。

服を着ていたからまだ良かったけど、これが着替えてる最中やお風呂に入っている時だったらどうなったことか。。。


アラブ諸国で似たような経験と言えば、エジプトに行った時もツアーに申し込んだらなぜか私と友達の2名だけで、自家用車サイズの車でカイロからアレクサンドリアまでグルグルし、その途中でガイドに勝手に家に連れて行かれたりして、更にはまだ別に家を持っているからそこにも行くか聞かれました。怒。

これにも私は大激怒。

私は基本的に愛想が良くないので可愛げを向こうも感じないと思いますが、一緒に行った友達が愛想が良く何でも反応してあげていたので、途中からはガイドも私は無視でその子に媚びを売りこんなことに。

やっぱりこういった国で愛想は振りまかない方が良いと実感。

まぁアラブ諸国だけでなくても、日本を含め諸外国でも嫌な目に遭うことは多々あるので一概には言えないですが。。。


そんなこんなでその日は疲れていたにも関わらず、また部屋に入ってきたら嫌だなと思いゆっくり寝れませんでした。。。

チェーンロックでもあれば良いのですが、残念ながらこのホテルにそんなものはなし。

なのでスーツケースをまずドアの前に起き、その後に椅子、更に荷物ラックを置き、誰かが入ってきても気付いて誰かに電話をかけるぐらいの猶予があるぐらいに防備をしておきました。

何だか嫌な気持ちになったペトラでのホテルでした。。。

翌日はいよいよイスラエル入国です。
プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。