合否結果~UCL~

最後の合否結果はUCLでした!

UCLは11月中旬ぐらいに出願を完了させたのですが、結果が来たのは昨日でした。

結果はUnconditional Offerです!

やっぱりUnconditionalって響きは良いですね。笑。


UCLは本当はInternational Public Policyというコースに応募したかったのですが、IELTSの要求スコアが7.5だったので安全圏をと思って要求スコアが6.5だったDevelopment Administration & Planningというコースに応募しました。

このコースが一番私が今やっている仕事と近いというか、「コンサルタント」向けのプログラムかなと感じています。

かつ理系分野よりのコースなのかなと思っています。

あまり詳しくないのですが、このコースが所属している学部は交通計画や都市計画で有名な所だそうなので、そういう影響があるのかもしれませんね。

ちなみにUCLの交通計画系のコースはインペリアルカレッジと共同プログラム?のような授業があるそうです。

そしてこのDevelopment Planning & Administrationのプログラムが、私が受けた他のコースと一番違う点はフィールドワークがあることかと思います。

East AngliaやYorkでもフィールドトリップがあるようで、先輩もNGOでインターンをしていました。


UCLと言えばロンドン大学の象徴と言いますか、一番最初にできたカレッジだし、University Collegeって感じのパルテノン神殿的なシンボルは素敵ですよね。

総合大学だから世界ランキングでも上位に食い込んできますよね。

あとは夏目漱石や小泉進一郎が留学していたことでも有名なのではないでしょうか。


実はUCLは私の大学と提携を結んでいて、私の仲良かった友達が学内専攻では何人かUCLに行くことが決まっていました。

ただ、交換留学だったけどTOEFLが250点(当時はCBT)超えないと、UCLには交換留学できないとUCLから言われてしまったそうです。

学内選考のTOEFLの指定点数は230点ぐらいだったはずなのに。。。

もし、留学したいのであればPre-sessionalを受けて所定の点数をクリアしてほしいと言われていたそうで、ほとんどの人はお金がかかるということで違う大学に進路を変えていました。

その中で私の仲良かった友達はPre-sessionalを受けても良いからUCLに行く!と言って留学をしていたのが、とっても印象的で記憶に残っています。

当時友達が

LawやPolitics系の学部に行こうと思うとより高い点数が必要なんだよねーMedicineやUrban Planningだったらそんなに高くないんだけど

と言っていて、

Urban Plannningって何?

と私が聞いたら

みんなヘルメットかぶって何かやってるの。私このままだとurbanになっちゃうー

って言っててUrban Planningが何が何だかさっぱりわからなかった20歳の私ですが、その私が今はUrban Planning系のプロジェクトに関わっているという不思議な展開になっています。笑。

あとその子がUCLではアメリカ人も留学生だから英語がすごい大変って言っていたのと、UCLは世界ランキングがすごい高いと言っていたのをすごい覚えています。

それまでUCLという学校を知らなかった私にとって、その時からUCLってすごい学校なんだなーってイメージになりました。


最後の方ほとんど関係ない話になってしまいましたが、とりあえずそんな素晴らしい学校であるUCLからOfferをもらえて嬉しいです!

これにて大学院受験も完結です!

総括編的な記事もこの後に書いてみたいと思います!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: すみません

コメントありがとうございます。
画面の指示に従って入力をすれば特に難しいこともなく、問題もなかったですよ!
頑張ってください。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

疲れたむーみん

Author:疲れたむーみん
27歳からのLSE留学について綴ります。
2014-15にかけてMSc in Development Studiesに在籍します。
平和構築よりで開発学を学びたいです。
座右の銘は「努力した者が成功するとは限らない。しかし成功する者は皆努力している。」by ベートーベンです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR